犬種編

小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?犬種別の選び方もご紹介!

ペット保険に加入しようと思った際に、ご自身とペットにどの保険があっているのか悩む方もいらっしゃるかもしれません。トリセツでは、愛犬の犬種を考慮することもあなたのおうちの犬にあったペット保険を選ぶために大切であると考えています。

ペット保険はペットの治療費をカバーするための保険です。ペット保険を選ぶ際は、保険料や補償内容の比較と併せて、飼っている犬種がかかりやすい病気やケガをきちんとカバーできるかを考慮してみてはいかがでしょうか。

小型犬・中型犬・大型犬のペット保険の選び方

犬の犬種は小型犬・中型犬・大型犬といったカテゴリに分けられることもありますが、実は正式な区分の定義はありません。一般的には、10kgまでを小型犬、20kgまでを中型犬、20kg以上を大型犬と区別されることもあるようです。

犬のペット保険でも犬種に応じて小型犬・中型犬・大型犬などに区分されます。飼っている犬種がどの区分に入るかによっても、ペット保険の保険料は異なります。
同じ犬種でも保険会社によって区分が異なることもあるため(例:ペット保険Aでは小型犬扱いだが、ペット保険Bでは中型犬扱い、など)、加入しようとしているペット保険会社での区分、保険料を確認するようにしましょう。

小型犬の犬種におすすめのペット保険

膝蓋骨脱臼(パテラ)はチワワやトイプードルのような小型犬に多いといわれる関節の病気です。膝蓋骨脱臼(パテラ)は後肢の膝蓋骨(膝にある皿のような骨)が正常な位置から外れてしまう状態を指します。ペット保険によっては膝蓋骨脱臼(パテラ)を補償対象外に定めているものもあります。小型犬のペット保険を選ぶ際は、パテラが補償されるかどうかもポイントのひとつになるかもしれません。

小型犬のなかでも犬種によってかかりやすい病気やケガは異なります。下記の記事では各犬種のかかりやすい病気やケガを踏まえたペット保険の選び方を解説しています。飼っている犬種にあわせてペット保険を選ぶ際のご参考にしてください。

中型犬の犬種におすすめのペット保険

中型犬の柴犬やビーグルは緑内障になりやすいといわれています。また、フレンチブルドッグのような短頭種は短頭種気道症候群という空気の通り道が狭くなることなどから、呼吸が正常に行えないような症状がみられる病気になりやすいとされています。中型犬のペット保険を選ぶ際は、それぞれの犬種のかかりやすい病気やケガを確認してみましょう。

大型犬の犬種におすすめのペット保険

股関節形成不全は股関節が形態的な異常を起こすことで、さまざまな症状が起きる病気です。ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーといった大型犬に多いとされる病気です。ペット保険によっては股関節形成不全を補償対象外に定めているものもあります。大型犬のペット保険を選ぶ際は、股関節形成不全が補償されるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

また、大型犬のなかでも犬種によってかかりやすい病気やケガは異なります。下記の記事で各犬種のかかりやすい病気やケガを踏まえたペット保険の選び方を確認してみてください。

まとめ

犬のかかりやすい病気は、小型犬・中型犬・大型犬などの区分や犬種によっても異なります。
ペット保険は犬の治療費の一部を補償する保険です。
ペット保険を選ぶ際は犬の大きさや犬種も考慮してみてはいかがでしょうか・

犬のペット保険の比較方法をもっと知りたい方はこちら

ペット保険を選ぶ際は、様々な観点から比較することも大切です。
下記の記事では補償内容や保険料、口コミやランキングなど犬の保険探しのポイントを解説しています。
犬の保険探しに役立つ内容になっていますので、是非こちらの記事も読んでみてください。

犬のペット保険を徹底比較!オススメの選び方・比較方法は?犬のペット保険を探している方に向けて、補償内容や人気ランキング、口コミ・評判などオススメの比較方法・選び方をわかりやすく解説します。ポイントを抑えてあなたの愛犬にぴったりの保険を選びましょう!...

本記事の内容はすべて2021年5月31日時点のものです。