入門編

多頭飼いにオススメのペット保険は?お得な割引プランもご紹介

ペット保険とは大切なペットの治療費をカバーしてくれる保険です。
選び方は人それぞれではありますが、多頭割引など、1匹で飼っている場合と複数を飼っている場合で異なるチェックポイントもあります。
そこで、本記事では多頭飼いの方向けに「複数匹の加入」を考慮したペット保険の選び方をご紹介します。

「そもそもペット保険とは?」「必要なの?」といった
ペット保険の基礎知識から学びたい方はこちら

猫にペット保険は必要?選ぶポイントは?猫を飼っている方の中で、ペット保険への加入を迷われている方も多いのではないでしょうか。ここでは、猫がペット保険に加入する必要性や加入している方の口コミ、ペット保険を選ぶときのチェックポイントを項目ごとにご紹介します。...
犬の保険とは?必要?特徴や気になる点、メリット・デメリットを全解説「犬のペット保険とは?」「ペット保険って必要?」「ペット保険を選び方は?」といった疑問に対して、さまざまな観点から解説します。犬を飼っていて、ペット保険への加入を迷われている方は是非ご一読ください。...

多頭飼いの方向け!ペット保険のチェックポイント

ペット保険はペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険です。
複数のペットが加入するということを考慮すると、保険料も気になるポイントではありますが、補償内容を重視してペット保険を選ぶことも大切だと考えます。
ここでは多頭飼いの方向けに、3つのペット保険を選ぶポイントをご紹介します。

ポイント①多頭飼いでも大切!補償内容

複数のペットの保険加入を検討する際に、保険料は気になるかと思います。しかし、保険料が安くても必要な補償が受けられなければ本末転倒です。そのため、補償内容はしっかりチェックして納得のいくものを選びましょう。

多頭飼いの方に特に確認していただきたいポイントのひとつが補償対象外項目です。かかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていると、せっかく保険に入っているのに補償を受けることができない可能性もあるので注意が必要です。

犬種や猫種ごとにかかりやすい病気やケガは異なります。ペットが複数いる場合はそれぞれのかかりやすい病気やケガを調べたうえで、それらがなるべく補償対象外に定められていないペット保険を選ぶことをオススメします。

下の記事では各保険会社の補償対象外項目について解説しています。

ペット保険の補償対象外とは?保険金が支払われないのはどんなとき?ペット保険には補償対象外項目が設定されており、該当する病気やケガの治療費は補償されません。各社はどのような病気やケガを補償対象外としているのでしょうか?ペット保険加入前にチェックしておきましょう。 ...

その他ペット保険選びの基本的なチェック項目に関しては、下の記事内「トラブルにならないように知っておきたいこと」をご覧ください。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

ポイント②回数が多いと大変?保険金の請求方法

保険金の請求方法には窓口精算と後日精算があります。
窓口精算とは、窓口で保険証を提示することで、その場で治療費から保険金が差し引かれる精算方法です。
後日精算とは、窓口で治療費の全額を支払い、必要な書類を保険会社に郵送などで提出することで後日保険金を受取ることができる精算方法です。

複数のペットを飼育されている場合、1匹で飼う場合よりも病院に行く頻度が多くなる可能性があります。そのため、保険金の請求方法が複雑だと負担になることもあります。
複数のペットを飼育されている方は、窓口精算対応の保険やオンラインでの請求が可能な保険を検討してみるのもいいかもしれません。

アイペット、アニコム、ペット&ファミリーには窓口精算対応プランがあります。また、アニコム損保「どうぶつ健保ふぁみりぃ」ではLINEでの保険金請求、楽天ペット保険「ずっといっしょ[もっと]」ではオンラインでの保険金請求が可能となっています。

各社の詳細は下記のページをご覧ください。

アイペットの評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなどを解説タレントを起用した宣伝などで有名なアイペットは、窓口精算に対応するペット保険を提供する保険会社です。本記事では、アイペットのペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなど、実際に加入されている方の評判・口コミを交えて解説します。...
アニコムの評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなどを解説アニコムは、窓口精算や付帯サービスなど利便性の高いサービスを用意するペット保険業界最大手の保険会社です。本記事では、アニコムのペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなど、実際に加入されている方の評判・口コミを交えて解説します。...
ペット&ファミリーの評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなどペット&ファミリーは保険会社大手のT&D保険グループの一つで、2種類のペット保険を展開しています。本記事では、ペット&ファミリーのペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなど、実際に加入されている方の評判・口コミを交えて解説します。...
楽天のペット保険、特徴や気になる点・メリットやデメリットなど楽天のグループ会社である楽天少額短期保険が提供するペット保険が「ずっといっしょ[もっと]」です。本記事では、楽天のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなど、実際に加入されている方の評判・口コミを交えて解説します。...

ポイント③そもそも入れる?新規加入可能年齢

ペット保険には新規加入可能年齢が設定されているものもあり、ペットが高齢になるにつれて加入できる保険の数は少なくなっていきます。
複数のペットが保険に同時加入する場合には、一番年上の子の年齢が加入できる年齢であることを確認しておきましょう。

下記の記事では高齢でも入れるペット保険について解説しています。

高齢でも加入できるペット保険はある?各社の年齢制限は?保険会社によって年齢制限は異なり、年齢が上がれば上がるほど、加入できるペット保険は限られてきます。ここでは、ペット保険別の加入できる年齢や自分に合うペット保険の選び方、高齢時におけるペット保険の必要性・リスクなどについてご紹介します。...

お得な多頭割引も!保険料のチェックポイント

ここまで補償内容のチェックポイントを紹介してきましたが、とはいえ保険料も気になる項目のひとつかと思います。
そこで本項目では、多頭飼いの方向けに保険料のチェックポイントをご紹介します。
補償内容に納得できるペット保険を見つけたら、保険料を確認してみましょう。

多頭割引のあるペット保険一覧

多頭割引とは複数のペットが同じ保険会社のペット保険に加入することで受けられる割引のことです。具体的な内容や適用条件は保険会社ごとに異なります。
ここでは多頭割引を設けているペット保険とその概要を説明します。

アニコム損保「どうぶつ健保ふぁみりぃ」「どうぶつ健保しにあ」

アニコム損保の多頭割引は2匹目以降の年間保険料が600円割引となります(1匹目は適用されません)。多頭割引を受けるためには「契約者名、住所、電話番号」が全て同一であることが必要です。

割引を受けられるのは加入しているプランがどうぶつ健保「ふぁみりぃ」「しにあ」の場合に限られており、手術特化型の「ぷち」は該当しません。犬と猫、鳥、うさぎ、フェレットのどの組み合わせでも割引を受けることができます。

参照元:保険料の割引や割増はありますか?

アイペット「うちの子」「うちの子ライト」

アイペットでは2〜3匹加入した場合に2%、4匹以上加入したときに3%の多頭割引があります。多頭割引を受けるためには、契約者の氏名、生年月日、住所、電話番号が一致していることが必要です。

加入しているプランが「うちの子」と「うちの子ライト」の組み合わせでも、犬と猫の組み合わせでも割引を受けることができます。
また、基本的に割引が受けられるのは2匹目以降となりますが、複数同時に契約し補償開始日が同一になる場合に限り1匹目にも割引が適用されます。

既に契約しているペットがいて追加で契約する場合、既に契約しているペットの多頭割引は次回の継続契約から適用されます。

参照元:多頭割引とは何ですか?どうすれば適用されますか?

SBIプリズム少短「プリズムコール」

SBIプリズム少短では2〜3匹加入した場合に5%、4匹以上加入したときに8%の多頭割引があります。多頭割引を受けるためには、全ての契約の契約者様氏名、支払方法(年払い・月払い)、決済方法(クレジットカード・口座)を統一することが必要です。

多頭割引は犬もしくは猫のプランのみの適用となり、小動物、鳥類、爬虫類の契約では適用されません。また、インターネット割引との併用はできないので注意しましょう。

参照元:商品内容について -よくあるご質問-

日本ペット「いぬとねこの保険」

日本ペットでは、複数のペットが加入した場合に1匹につき保険料を年間900円割引かれる多頭割引があります。

割引を受けられるのは加入しているプランが「プラチナプラン」「ゴールドプラン」の場合に限られており、手術特化型の「パール」は該当しません。
同時に加入する場合は初年度よりそれぞれ割引が適用されますが、既に契約しているペットがいて追加で契約する場合は、既に契約しているペットの多頭割引は次の更新時から適用されます。

インターネット割引と多頭割引は併用できず、割引額の大きいインターネット割引が優先して適用されます。

参照元:いぬとねこの保険の特長

イーペット「e-ペット」

イーペットでは、同一契約者にて複数のペットの保険を契約する場合、2匹目のペットを対象に3%の割引が実施されます。

インターネットから2匹同時に申込をした場合は、2匹目に申込手続きをした契約が多頭割引の対象となります。

参照元:よくあるご質問

多頭割引のないプランも確認しよう

多頭割引のないプランのなかには、割引なしでもお手頃なペット保険もあります。
また、ポイント①で述べたように、多頭飼いの場合でも補償内容を重視してペット保険を選ぶことが大切です。

納得感のある保険選びをするためにも、加入するペットの数なども考慮したうえでどちらがご自身にとって適しているのかを検討してみることをオススメします。

手術特化型プランも選択肢のひとつ

ペット保険には、通院・入院・手術をカバーするフルカバー型と手術などに補償範囲を絞った特化型があります。

特化型のペット保険は、フルカバー型のペット保険と比べると補償範囲が狭いため、保険料はフルカバー型に比べて安い傾向にあります。

「複数のペットが加入するので、できるだけ保険料を抑えたい」という方は、費用が高額になりがちな手術に特化したペット保険も選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

手術特型のペット保険については下記の記事にて詳しく解説しています。

手術特化ペット保険の特徴や気になる点、メリット・デメリットとは?ペットの治療費は全額自己負担。特に手術を含んだ治療費は高額になりがちです。本記事では、手術特化型のペット保険の各社プランと特徴、注意点などをご紹介します。フルカバータイプの保険との掛け持ちを検討されている方もぜひご覧ください。...

多頭飼いに適したペット保険を選ぼう!

それでは、当サイトに掲載している14社の通院・入院・手術をカバーするプランを見ていきましょう。

補償内容一覧

まずは、補償内容を確認します。
併せて、ご自身のペットのかかりやすい病気が補償対象外になっていないか、各社の重要事項説明書や約款などで確認しましょう。

保険会社/商品名 補償割合 新規加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
PS保険 50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 満11歳未満(10歳11ヵ月まで) 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
あり なし
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% 10歳まで なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで) 病気は30日間 なし なし
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 満9歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
ガンは45日間 なし なし
SBIいきいき少短
スタンダードプラン(注3)
50% 11歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気は1ヶ月間 なし なし
70% なし(年70万円まで)
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし あり
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
(注3)SBIいきいき少短は免責金額無しのスタンダードプランの場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

保険料を比較

次に、各プランの保険料を確認しましょう。
ただし、保険料は犬種や猫種によって異なります。ご自身が飼われているペットそれぞれの保険料を確認し、総合的に比較することが大切です。

ここでは、あくまでご参考まで「猫、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という条件で、各社の保険料をご紹介します。
※この保険料表示にかかる詳細な前提条件は、保険料表の直下に記載していますので、そちらでご確認ください。

高齢時の保険料は高くなりがちですので、継続加入を念頭に置かれている方は、加入時の料金だけでなく、将来の保険料を確認しておくことも大切です。
なお、実際に保険商品を選ぶ際は、保険料だけでなく、これまでに紹介した補償範囲や補償内容等も併せてご検討ください。


【上表の保険料の前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成(※各社の保険料表はこちら)。
・猫、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
・なお、ペッツベストおよびSBIプリズム少短は70%補償プランがないため、イオンは「免責金額なし」のプランがないため、上表では表示していない。

【各社個別の条件】
・アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの保険料は、基本保険料で表示(保険の利用状況によって適用される割増引を考慮していない。)
・PS保険は補償開始日時点で生後30日以上120日未満の場合で算出(インターネットによる申込)。
・ペット&ファミリーげんきナンバーわんの保険料は初年度と2年目以降で異なるため、2年目以降の保険料の場合で算出。
・アクサダイレクトの保険料はマイクロチップ装着あり、かつ、保険金支払い実績による割増引制度を考慮しない場合で算出。また、継続契約の保険始期日時点でペットの年齢が満11歳以上となる場合は「プラン50」のみで引受。

【注意事項等】
※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

まとめ

ペット保険の中には、多頭飼いの方にお得な多頭割引を実施しているものもあります。しかし、割引だけでなく、補償内容をきちんと確認したうえで総合的に保険料を比較することが大切です。
今回ご紹介したポイントが、多頭飼いの方のペット保険選びのお役に立てれば幸いです。

ペット保険会社の特徴と気になる点を知りたい方はこちら

「おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説」の記事では、各ペット保険会社の特徴から気になる点まで、知っておきたいポイントを解説しています。
各会社の特徴を比較したい方は、こちらの記事もご覧ください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

ペット保険の満足度ランキングはこちら

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査」では、満足度ランキング順にペット保険を紹介しています。
ペット保険加入者1990人のアンケートに基づいた満足度の高い保険を知りたい方は、こちらの記事もご参考になさってください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

ペット保険会社の評判や口コミはこちら

ペット保険会社の評判や口コミについてもっと知りたい方は下記のページもご覧ください。こちらでは各保険会社の口コミをまとめています。

ペット保険の評判は?きになる口コミを14社チェック!ペット保険に加入するときに、口コミは気になるポイントのひとつではないでしょうか。 本記事では、1990人のペット保険加入者に行ったアンケートから、良い口コミも悪い口コミも隠さずにご紹介します。...

本記事の内容はすべて2020年12月28日時点のものです。