比較編

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説

保険料:ペット保険の保険料は年齢に応じて変動することが多く、条件や変動の大きさは商品によって異なる。

年齢制限:新規で加入できるペットの年齢には商品ごとに設定されている。

補償内容:補償割合や限度回数、補償対象外の項目などは商品によって異なる。

※本記事は2020年3月31日時点での情報となります。4月以降のリリース商品、保険商品の改定等は反映されていません。あらかじめご了承ください。

※保険会社の掲載順は、当サイトのランキング評価に準じています。ランキング評価については、こちらのページをご確認ください。

目次
  1. PS保険
  2. 楽天|ずっといっしょ[もっと]
  3. SBIのペット保険
  4. アイペット|うちの子
  5. FPC|フリーペットほけん
  6. SBIプリズム少額短期保険会社|プリズムコール
  7. au損保|ペットの保険
  8. ペッツベスト|セレクトBEST
  9. アニコム損保|どうぶつ健保ふぁみりぃ
  10. アクサダイレクトのペット保険
  11. ペット&ファミリー|げんきナンバーわん
  12. 日本ペット|いぬとねこの保険
  13. イーペット|e-ペット70 e-ペット50
  14. イオンのペット保険
  15. ペット保険の選び方のポイント
  16. ペット保険の用語解説
  17. ペット保険についてのQ&A

PS保険

PS保険

お手頃な保険料で充実の補償

PS保険の特徴 PS保険の気になる点
お手頃な保険料
年間の補償限度総額が最大110万円
12歳以降は保険料の値上がりがない(※1)
免責金額・待機期間の設定がない
ガン、椎間板ヘルニア、パテラを補償(※2)
同じ病気やケガは完治しない限り補償回数がリセットされない
通院補償の限度日数が年間20日まで
支払限度日数(回数)・支払限度額の設定

※1 ペットセレモニー費用特約を付けなかった場合
※2 保険開始前に発症した場合は補償対象外

PS保険の特徴やメリット

PS保険はお手頃な保険料で、年間の補償限度総額は最大110万円と充実しています。保険料はどのプランも12歳以降は値上がりがありません。(ペットセレモニー費用特約を付けなかった場合)

また、免責金額・待機期間の設定がなく、病気やケガを理由に契約内容が変更されることはないと、HPに明記されているので継続時の心配がありません。
他社のペット保険では補償対象外になることもある、ガン、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療を補償してくれます。(保険開始前に発症した場合は補償対象外)

そのほかにも、PS保険には「車イス補償」「ペットセレモニー費用特約」といった特徴的な補償も用意されています。

※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

PS保険の気になる点やデメリットなど

気になる点としては、同じ病気やケガに対して支払限度日数(回数)が設定されていることが挙げられます。
PS保険では完治しない限り補償回数はリセットされず、完治が難しい傷病になったとき、支払限度日数(回数)を超えた治療費は全て自己負担となってしまうので注意が必要です。

また、通院補償に関しては、限度日数が20日までと設定されています。

PS保険には100%補償のプランもありますが、支払限度日数(回数)・支払限度額が設定されています。
例えば、手術の場合は1回あたり10万までと決められているため、その金額を超えた際は、100%補償のプランでも全額補償されるわけではありません。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし あり
70%
100%



※上記は、PS保険の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはPS保険のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、PS保険に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

PS保険の詳細を見る公式ページ

楽天|ずっといっしょ[もっと]

楽天のペット保険

保険料の支払いで楽天ポイントが貯まる

ずっといっしょ[もっと]の特徴 ずっといっしょ[もっと]の気になる点
手術補償は年間3回まで
膝蓋骨脱臼なども補償の対象(※1)
継続時に条件が追加されない
保険料の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる
待機期間がある
11歳以上の保険料が不透明

※1 保険開始前に発症した場合は補償対象外

ずっといっしょ[もっと]の特徴やメリット

「ずっといっしょ[もっと]」は通院つきプランと、手術・入院のみを補償するプランが用意されています。どちらも手術補償が年間3回までと手厚いのが特徴です。
ペット保険で補償対象外になることもある「膝蓋骨脱臼」や「歯科治療」なども補償範囲に含まれています。(保険開始前に発症した場合は補償対象外)

更新時、発症した病気によって加入時から契約条件が追加されることや、前年の請求実績を踏まえて保険料が値上がりするということはありません。

楽天ならではの特徴としては、保険料を楽天カードで支払うと楽天スーパーポイントが貯まるという点でしょう。
条件を満たす必要はありますが、新規契約だけでなく、更新契約でもポイントが付与されます。

※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

ずっといっしょ[もっと]の気になる点やデメリットなど

「ずっといっしょ[もっと]」は「待機期間」が設定されています。
病気の場合は30日間の待機期間があり、待機期間中に発症した病気は補償されません。(ケガには待機期間は設定されていません)

また、保険料が10歳までしか公表されていないため、11歳以降の保険料を確認する場合は楽天へ問い合わせする必要があります。
以前まで楽天が販売していた「あんしんペット保険」に比べると、補償範囲が変わったことで保険料が高くなっているため、安さを求めていた方は気になるかもしれません。

概要表

補償割合 加入年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口清算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 10歳11ヶ月まで 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし なし/あり
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで


※通院つきプランの補償内容

※上記は「ずっといっしょ[もっと]」の商品概要を説明したものです内容です。商品の詳細については楽天のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「ずっといっしょ[もっと]」に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

楽天の詳細を見る公式ページ

SBIのペット保険

SBIのペット保険

インターネットから申し込むと保険料がお得に

SBIの特徴 SBIの気になる点
お手頃な保険料
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がない
11歳11ヶ月まで加入可能
膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアが補償対象外
ライトプランには免責金額がある
病気には1ヶ月間の待機期間がある

SBIいきいき少短の特徴やメリット

業界最安水準の保険料とHPに明記されている通り、保険料がお手頃です。
インターネットから申込むと、さらに10%割引となります。

支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限がないので使いやすいです。

加入できる年齢も11歳11ヶ月までと、ペットが高齢になってからの新規加入も可能です。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

SBIいきいき少短の気になる点やデメリットなど

「膝蓋骨脱臼」や、「椎間板ヘルニア」は補償対象外となっているので注意が必要です。
歯科治療など、このほかにも対象外の項目があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、ライトプランには免責金額が設定されています。通常、免責金額の計算方法は「(治療費-免責金額)×補償割合」となりますが、SBIの場合は「治療費×補償割合-免責金額」となっています。例えば「プラン50ライト」では5,000円の免責金額が設定されているため、治療費が1万円を超えないと保険金を受け取ることはできません。

病気には1ヶ月間の待機期間が設定されている点、支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限はありませんが、年間の補償限度総額が70%補償プランは70万円まで、50%補償プランは50万円までと設定されている点は注意しましょう。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 11歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気は1ヶ月間 なし なし あり/なし
70% なし(年70万円まで)


※スタンダードプランの補償内容


※上記は、SBIのペット保険の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはSBIのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、SBIのペット保険に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。


ご契約に関しての大切な事柄
ご契約のしおり・約款

SBIの詳細を見る公式ページ

アイペット|うちの子

アイペットのペット保険

窓口精算が可能で年間の補償限度総額は122.4万円

アイペットの特徴 アイペットの気になる点
窓口精算に対応
年間の補償限度総額は最大122.4万円
優待サービスがある
免責金額・待機期間がない
13歳以降の保険料が非公開
通院日数の制限が年間22日まで

「うちの子」の特徴やメリット

4,740件(2020年2月20日時点)の病院で窓口精算が行えるので、後日精算タイプの保険と比べると利用しやすいペット保険です。どのプランも12歳11ヶ月まで加入可能で、待機期間もありません。

70%プランの年間の補償限度総額は122.4万円と充実しています。
前年度の病気によって条件が追加されたり、継続できないということもなく、優待サービスなどもあります。


※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

「うちの子」の気になる点やデメリットなど

充実した補償内容やサービスが魅力ではありますが、年齢区分ごとの保険料の設定には注意が必要です。(13歳以降の保険料は非公開)

また、通院日数の制限は22日までとなっています。日数制限に達した以降の治療費は全額自己負担となってしまうので注意しましょう。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし あり
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで


※「うちの子」の補償内容


※上記は、「うちの子」の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはアイペットのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「うちの子」に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

アイペットの詳細を見る公式ページ

FPC|フリーペットほけん

FPCのペット保険

通院補償は限度日数が30日までと充実

FPCの特徴 FPCの気になる点
お手頃な保険料
12歳以降の保険料が変わらない
通院の限度日数が年間30日まで
免責金額・待機期間がない
手術補償は年1回、10万円まで
割引制度や付帯サービスはない

フリーペットほけんの特徴やメリット

大きな魅力はお手頃でシンプルな保険料設計でしょう。
保険料の値上がりのタイミングは小型犬・猫では5歳と12歳の2回、中型犬・大型犬では5歳と9歳と12歳の3回と段階的に推移します。
12歳以降の保険料は変わりません。

通院の限度日数は年間30日までと手厚く、入院には日数制限が設けられていないのも特徴です。

また、免責金額・待機期間もありません。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

フリーペットほけんの気になる点やデメリットなど

気になるのは手術補償の内容です。
手術は年1回までの補償で、補償金額も10万円となっているため、年に2回手術を行う場合や、手術にかかる費用が10万円を超えるとその分は自己負担になってしまいます。

また、保険料はお手頃ですが、割引や付帯サービスはなく、ペット賠償責任特約もありません。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(※)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし なし
70%


※入院してから退院するまでを1入院としてカウント


※上記は、FPCの商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはFPCのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、FPCの商品に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

FPCの詳細を見る公式ページ

SBIプリズム少額短期保険会社|プリズムコール

プリズムコール

すべてのプランの補償割合が100%

プリズムコールの特徴 プリズムコールの気になる点
すべての補償割合が100%
葬祭費用・高度後遺障害・診断書費用も補償範囲
通院の支払限度日数が年間60日
若年時と高齢時の保険料が同じ
ガンには待機期間が45日間ある
手術の支払限度額が10万円以下
膝蓋骨脱臼や股関節形成不全症が補償対象外
保険金の請求に診断書が必要

プリズムコールの特徴やメリット

「プリズムコール」にはさまざまなプランがあり、どれも補償割合が100%です。各プランによって、支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限は異なりますが、その範囲内なら治療費の100%を補償してくれます。
また、葬祭費用・高度後遺障害、診断書費用も補償範囲に含まれているのが特徴です。

「プレミアムオレンジプランII」「グリーンプランII」の通院の支払限度日数は年間で60日までと手厚いです。

保険料は年齢によって変動せず一定の金額で、多頭割引・インターネット割引・福祉割引といった割引制度もあります。

そのほか、「通院・入院のみ」「入院・手術のみ」というプランや、小動物、鳥類・爬虫類のペット保険も用意されています。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

プリズムコールの気になる点やデメリットなど

「プリズムコール」の保険料は、シニア専用更新プランに移行するまで一定となっています。保険料の変動を気にしなくていいという特徴はありますが、若年時から高齢時と同じ金額の保険料を支払うことになる点は注意しておきましょう。
(商品改定などにより保険料が変更となる場合があります。)

ガンに関しては、待機期間が45日間設定されていることや、手術補償の1回の支払限度額がどのプランも10万円以下である点、「膝蓋骨脱臼」「股関節形成不全症」などが補償対象外になっていることも注意しましょう。

また、診断書費用も補償されますが、プリズムコールは保険金の請求に診断書が必要となり、受診回数が多くなると診断書費用の補償限度額を超える可能性もあります。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
100% 満9歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術は年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は日額60,000円まで
ガンは45日間 なし なし あり/なし


※プレミアムオレンジプランIIの補償内容


※上記は、プリズムコールの商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはSBIプリズム少額短期保険会社(旧:日本アニマル倶楽部)のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、プリズムコールに関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

プリズムコールの詳細を見る公式ページ

au損保|ペットの保険

au損保のペット保険

保険金の受取まで平均約3日

au損保の特徴 au損保の気になる点
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がない
保険金の受取までが平均約3日
獣医師に相談できる
11歳以降の保険料がHPに明記されていない
年間の支払限度総額を超えると保険契約が失効する
病気は30日間の待機期間がある
歯科治療は補償対象外

au損保の特徴やメリット

au損保の特徴の1つは、支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限がないことです。また、保険金の受取りは、一旦治療費を払ってから後日請求する「後日精算」となりますが、受取までが請求書到着から平均約3日という実績があります。

加入条件の年齢制限は10歳までと、高齢になってからも加入可能です。

そのほか、獣医師に相談できるサービスやペットの記録を付けられる専用アプリが充実しており、au IDを持っている方であれば、保険料を「auかんたん決済」で支払うこともできます。


※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

au損保の気になる点やデメリットなど

保険料に関して、6歳以降の保険料の値上がり幅に注意が必要です。11歳以降の保険料はHPに明記されておらず、問い合わせる必要があります。

また、入院・手術の年間の支払限度総額を超えると、保険契約が失効してしまいます。
手術費が高額になったり、何度も入院や手術をしたりすると、設定された金額に達してしまう可能性もあるので、上記に関しては注意が必要です。

待機期間が病気の場合は30日間設定されている点や、歯科治療が補償対象外となっている点も注意しましょう。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 10歳まで なし
(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで)
病気は30日間 なし なし なし/あり
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)


※通院ありタイプの補償内容


※上記は、au損保の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはau損保のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、au損保の商品に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書


au損保の詳細を見る公式ページ

ペッツベスト|セレクトBEST

ペッツベストのペット保険

補償内容を自由に選べる

ペッツベストの特徴 ペッツベストの気になる点
補償内容を28通りの組み合わせから選べる
プレミアム特約を付帯することで高額医療に備えられる
12歳11ヶ月まで加入できる
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がない
どのプランにも免責金額がある
補償対象外の項目が細かく設定されている
病気には30日間、ガンには60日間の待機期間がある

セレクトBESTの特徴やメリット

大きな特徴は、年間の補償限度総額金額・免責金額・補償割合を自由に選べることでしょう。組み合わせは28通りもあります。

高額医療に備えられる「プレミアム特約」が付帯することで、ペット保険によっては補償外になることもある「椎間板ヘルニア」「膝蓋骨脱臼」なども補償してくれます。

新規加入は12歳11ヶ月までと、高齢になってからの加入も可能です。

また、支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限がないのも特徴です。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

セレクトBESTの気になる点やデメリットなど

どのプランにも免責金額が設定されているのは気になる点です。
ただ、「セレクトBEST」の免責金額には特徴があります。

通常は、1回(日)あたりの治療費に対して、決められた金額以上の治療費ではないと補償対象外となりますが、セレクトBESTの場合は1年間で計算されます。例えば、2万円の免責金額を選んだ場合、年間の治療費がトータルで2万円を超えてから補償されることとなります。

また、プレミアム特約を付けることで補償対象となる傷病が増えますが、特約を付けないと補償対象外の項目が細かく設定されているので注意しましょう。
補償対象とするかどうかを年齢や避妊・去勢手術の有無などで判断される傷病もあるので、事前にしっかり確認する必要があります。

病気の場合は30日間、ガンの場合は60日間の待機期間が設定されています。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる) なし
80%


※フィット50万の補償内容


※上記は、セレクトBESTの商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはペッツベストのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、セレクトBESTに関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

ペッツベストの詳細を見る公式ページ

アニコム損保|どうぶつ健保ふぁみりぃ

アニコムのペット保険

窓口精算に対応し、後日精算もLINEで簡単にできる

アニコムの特徴 アニコムの気になる点
窓口精算に対応
LINEで保険金が請求できる
さまざまな付帯サービスがある
年間の補償限度総額は最大84万円
保険料の値上がり幅
病気には30日間の待機期間がある
通院の日数制限は年間20日
健康割増引制度

「どうぶつ健保ふぁみりぃ」の特徴やメリット

6,400件以上(※2019年6月時点)の病院で窓口精算が可能で、対応外の病院では後日精算となりますが、LINEで簡単に保険金を請求できるという使い勝手の良さが大きな特徴です。

また、「獣医師にLINEで相談できる」「腸内フローラ測定を毎年受けられる」「関連施設での優待サービスが受けられる」といったさまざまな付帯サービスもあります。

70%プランの年間の補償限度総額は充実の84万円で、入院・手術のみ、シニア向けのプランも用意されています。


※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

「どうぶつ健保ふぁみりぃ」の気になる点やデメリットなど

窓口精算が可能なことや、充実なサービスが用意されている分、保険料はお手頃とは言えません。高齢期までの加齢による保険料の値上がり幅に注意しましょう。

また、病気に関しては30日間の待機期間があり、通院日数制限が20日という点も気になります。

もう1点、注意が必要なのは「健康割増引制度」です。保険の利用回数が5回以下であれば割引されますが、20回以上だと割増になります。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし なし
通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
70%




※上記は、「どうぶつ健保ふぁみりぃ」の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはアニコムのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「どうぶつ健保ふぁみりぃ」に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

アニコムの詳細を見る公式ページ

アクサダイレクトのペット保険

アクサダイレクトのペット保険

示談交渉をアクサダイレクトが対応

アクサダイレクトの特徴 アクサダイレクトの気になる点
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がない
示談交渉の対応
病気には30日間、ガンには120日間の待機期間がある
該当する傷病にかかると次年度以降の契約からその治療費は補償対象外

アクサダイレクトの特徴やメリット

アクサダイレクトのペット保険には、支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がないという特徴があります。

また、通常の補償とは別に付与することのできる「ペット保険賠償責任危険補償特約」は、示談交渉もアクサダイレクトにしてもらえるので安心です。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

アクサダイレクトの気になる点やデメリットなど

アクサダイレクトのペット保険には、病気の場合は30日間、ガンの場合は120日間の待機期間があります。

また、該当する傷病にかかると、次年度以降の契約からその治療費が補償されなくなります。例えば「膝蓋骨脱臼」「股関節形成不全症」などが該当します。
歯および、歯肉の治療など、もともと補償対象外に定められているものもあるので、注意しましょう。

支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限はないですが、年間補償限度総額はプラン70では70万円、プラン50では50万円と設定されています。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間ガンは120日間 なし なし あり
70% なし(年70万円まで)




※上記は、アクサダイレクトのペット保険の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはアクサダイレクトのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、アクサダイレクトのペット保険に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

アクサダイレクトの詳細を見る公式ページ

ペット&ファミリー|げんきナンバーわん

ペット&ファミリーのペット保険

時間外診療も補償

ペット&ファミリーの特徴 ペット&ファミリーの気になる点
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がない
時間外診療などを補償
提携施設やレンタカーを優待価格で利用できる
病気には30日間、ガンには90日間、ケガには15日間の待機期間がある
加入できる年齢は満7歳まで
げんきナンバーわんスリムには免責金額がある

げんきナンバーわん/スリムの特徴やメリット

「げんきナンバーわん」と「げんきナンバーわんスリム」の2種類があり、どちらも支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がありません。

また、他社のペット保険では対象外となることもある時間外診療や保険金に請求に必要な診断書作成費用を補償してくれます。

保険料に関しては、「げんきナンバーわん」の場合は11歳、「げんきナンバーわんスリム」の場合は10歳以上の保険料は変動がありません。

そのほかには、提携施設やレンタカーを優待価格で利用できるサービスなどが用意されています。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

げんきナンバーわん/スリムの気になる点やデメリットなど

どちらのプランも待機期間があります。
「げんきナンバーわん」では、病気の場合は30日間、ガンの場合は90日間、「げんきナンバーわんスリム」では、病気の場合は30日間、ガンの場合は90日間、ケガの場合は15日間と設定されています。

また、プラン70では70万円、プラン50では50万円までと年間補償限度総額が設定されているので、限度回数・限度額の制限はありませんが、高額な治療費が発生すると、一気に上限金額に達してしまう可能性もあります。

加入できる年齢は満7歳となっているので、高齢になってからだと加入できない点、「げんきナンバーわんスリム」に関しては免責金額が1日あたり3,000円と設定されているので注意しましょう。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気は30日間
ガンは90日間
一部あり なし あり
70% なし(年70万円まで)


※げんきナンバーわんの補償内容


※上記は、「げんきナンバーわん」の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはペット&ファミリーのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「げんきナンバーわん」に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

ペット&ファミリーの詳細を見る公式ページ

日本ペット|いぬとねこの保険

日本ペットのペット保険

補償割合が90%のプランも

日本ペットの特徴 日本ペットの気になる点
補償割合が90%のプランあり
満10歳まで加入可能
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度回数の制限がない
保険料の値上がり幅が最大650円
涙やけや膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症が補償対象外
病気には30日間、ガンには60日間

いぬとねこの保険の特徴やメリット

いぬとねこの保険にはいくつかプランがあり、通院・入院・手術を補償する「プラチナプラン」と、通院のみを補償する「ゴールドプラン」に関しては、補償割合が90%のものを選ぶことができます。高い補償を求めている人にとってはメリットと言えるでしょう。

満10歳まで加入できるので、ペットが高齢になってからの新規加入も可能です。

「プラチナプラン」「ゴールドプラン」には支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額の制限がなく、すべてのプランにおいて免責金額はないのも特徴です。

ペットの加齢に伴う保険料の値上がりは毎年ありますが、9歳以降からは6~9歳のときと比べて値上がり幅が小さくなるという特徴があります。加齢による保険料の値上がり幅は、前年から最大650円(※プラチナプランの補償割合が70%における保険料の値上がり幅(最大650円は猫の9歳から10歳の保険料の差額))です。

※横にスクロールしていただけるとすべてのグラフをご覧いただけます。


※プラチナ、ゴールドは補償割合70%の推移です。
※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

いぬとねこの保険の気になる点やデメリットなど

気になる点としては、涙やけや膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症などが補償対象外となっていることです。
上記以外にも補償対象外の傷病があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、病気の場合は30日間、ガンの場合は60日間の待機期間が設定されています。

年間の補償限度総額が「プラチナプラン」「ゴールドプラン」では、50%プランでは50万円、70%プランでは70万円、90%プランでは90万円と補償割合に紐づけられた設定金額になっています。年間の補償限度総額を超えてしまうと、保険契約が失効となる点は注意が必要です。


※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気は30日間、ガンは60日間 なし なし あり/なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで


※プラチナプランの補償内容


※上記は、「いぬとねこの保険」の商品概要を説明したものです。商品の詳細については日本ペットのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「いぬとねこの保険」に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

日本ペットの詳細を見る公式ページ

イーペット|e-ペット70 e-ペット50

イーペットのペット保険

初回のケガは全額補償

イーペットの特徴 イーペットの気になる点
初回のケガは完治するまで全額補償
支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度回数の制限がない
満10歳まで加入可能
20歳まで保険料が上がり続ける
病気には15日間の待機期間がある

イーペットの特徴やメリット

補償割合が70%の「e-ペット70」では、初回のケガに限り、完治するまでにかかった費用を全額補償してくれます。
この補償は契約更新ごとに適用されるので、1年に1回はケガの治療費を自己負担なく備えられます。

「e-ペット50」の年間の補償限度総額は60万円です。回数・日額制限がない他社のペット保険では、50%補償の場合、年間の補償限度総額は50万円としているプランが多い中(※)、「e-ペット50」は高めに設定されています。

どちらのプランも支払限度回数(日数)と、1日あたりの支払限度額に制限がありません。満10歳まで加入できるので、ペットが高齢でも加入することができます。

※回数・日額制限がない下記の保険商品(補償割合が50%の場合)は、年間の補償限度総額は50万でした。(商品改定などにより変更となる場合があります。)

・ペット&ファミリー/げんきナンバーわん
・アクサダイレクト
・SBIいきいき少短/スタンダードプラン
・日本ペット/プラチナプラン
・e-ペット

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

イーペットの気になる点やデメリットなど

気になる点は、高齢時の保険料です。
ペット保険によっては、高齢になると加齢に伴う保険料の値上がりがなくなるものもありますが、20歳まで保険料が上がり続けます。

「e-ペット70」は、初回のケガに限り100%で補償してくれますが、年間の補償限度総額が60万円となっているため、例えば初回のケガの治療に高額の治療費が発生すると、年間の補償限度総額に影響します。

また、病気に関しては、15日間の待機期間が設定されています。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし あり/なし
70%




※上記は、イーペットの商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはイーペットのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、イーペットに関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

イーペットの詳細を見る公式ページ

イオンのペット保険

イオンのペット保険

ペットホテル費用も補償

イオンの特徴 イオンの気になる点
通院・入院の支払限度日数の制限がない
ペットホテル費用や診断書費用を補償
ケガに特化したプランあり
免責金額・待機期間がない
20歳まで保険料が上がり続ける
免責金額がある
1回の傷病に対する支払限度額が設定されている
イオンマークのカード会員ではないと加入できない

イオンの特徴やメリット

イオンのペット保険は、どのプランも通院・入院の支払限度日数の制限がないので利用しやすいです。
被保険者の入院などが理由で発生したペットホテル費用や、診断書費用も補償してくれるのも特徴です。

また、ケガのみに備えたいという方向けに「ケガのみプラン」が用意されています。こちらは補償範囲を限定することで保険料が抑えられています。


※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

イオンの気になる点やデメリットなど

20歳までは保険料は上がり続けるため、高齢になるにつれ保険料も高くなります。

どちらのプランにも免責金額が5,000円設定されているため、少額の治療費では補償が受けられない場合があるので注意が必要です。

1回の病気・ケガに対する支払限度額が設定されており、50%プランでは25万円、70%では35万円となっています。
契約を更新してもこの支払限度額はリセットされないため、何度も治療が必要な病気などにかかった際は、限度額を超えて自己負担になってしまう可能性があります。

また、イオンマークのカード会員ではないと加入することができません。


※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

概要表

補償割合 加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額 割引/付帯サービス
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし あり/なし
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで




※上記は、イオンペット保険の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはイオンのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、イオンペット保険に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。

重要事項説明書

イオンの詳細を見る公式ページ

ペット保険の選び方のポイント

さまざまな商品があるペット保険ですが、選ぶ際の大切なポイントは「自分の希望に補償内容や保険料などが当てはまるか」を確認することです。
保険会社を比較する際、下記の3点については事前に内容をしっかり把握しておきましょう。

保険料

ペット保険の保険料は年齢に応じて変動することが多いです。
保険料金の分類や、ペットの加齢などに伴う保険料の変動の大きさは商品によって異なります。
加入する際の保険料と合わせて、長期で継続することを考えている場合は、年齢ごとの保険料も確認するようにしましょう。

年齢制限

新規加入できるペットの年齢は、商品ごとに設定されています。
「今はまだ元気だから必要ではないかな」と思っている方も、何歳までなら加入できるのかは把握しておくことをおすすめします。

補償内容

ペット保険は医療に関係する費用を無制限に補償してくれるものではありません。
多くの商品ではワクチン接種といった予防費用は補償されません。
そのほかにも、犬種によってはかかりやすとされる「膝蓋骨脱臼」などが補償対象外とされている商品もあります。

また、補償を受けることができる限度回数や補償の割合も商品によって異なります。
加入を検討する際は、各社のホームページや重要事項説明書などに目を通し、自分の希望に当てはまるのかを確認しましょう。

ワンちゃんの場合、例えば膝蓋骨脱臼など犬種によってかかりやすいとされる傷病や通院が長引きがちな皮膚病への備えとして、ペット保険への加入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

ペット保険の用語解説

補償割合

補償対象となる費用のうち、どれくらい補償されるかの割合。

支払限度額

被保険者が受け取れる保険金の上限金額のこと。
1日(回)あたり、もしくは1年あたりで上限が設定されていることが多いです。

待機期間

保険開始から補償開始されるまでの期間。
待機期間の有無や内容は保険会社によって異なります。

窓口精算

治療費から保険金を差し引いた金額を動物病院の窓口で支払う保険金の支払方法。

後日精算

一旦、動物病院に治療費を全額支払い、後日明細書などの必要書類を保険会社に送って保険金を請求する方法。

免責金額

保険会社が保険金支払いの責任を免れる金額のこと。
免責金額が設定されている場合、その金額分は自己負担となります。

そのほかの用語についてはこちらのページで解説しています。

ペット保険についてのQ&A

ペット保険とは何ですか?

ペット保険とは、病気やケガで動物病院を受診した際、発生した費用を加入している商品の補償割合に応じて保険会社が補償してくれる保険です。

ペットには人間にある健康保険制度がなく、治療でかかった費用は全額自己負担となりますが、ペット保険に加入していると、治療費による経済的な負担を軽くすることができます。
詳しくは、「ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと」でご確認ください。

各保険会社やプランの大きな違いは何ですか?

各保険会社やプランの大きな違いは以下の通りです。

・補償割合
・補償範囲(通院、入院、手術などの中で補償されるもの)

その他、保険会社によって細かい違いが設定されています。
詳しくは、各社の特徴や気になる点をまとめた会社別ページをご確認ください。

ペット保険を選ぶときに注意するポイントは何ですか?

ペット保険は補償内容や条件など、保険会社によって異なります。
ペット保険を選ぶときは、以下についてよく確認するようにしましょう。

・保険料
・待機期間
・免責金額
・加入できる年齢や条件
・補償割合
・補償限度額と補償日数(回数)
・補償対象外項目
・保険金の受取り方法(窓口精算なのか、後日精算なのか)

詳しくは、「ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと」でご確認ください。

申込みに必要なものは何ですか?

ペット保険の申込み方法には、郵送での申込みとインターネットでの申込みの2種類があり、どちらも申込書と告知書の提出が必要です。
保険会社によってペットの写真や健康診断書が必要になることもあります。

また、インターネットでの申込みは、基本的に保険料の支払い方法がクレジットカード決済のみとなるので、クレジットカードの用意も必要です。
詳しくは、「ペット保険に申込み!申込みから保険開始までの基本的な流れ」をご確認ください。

ペットの正確な年齢が分からないですが加入できますか?

ペット保険の申込みには、ペットの年齢を保険会社に伝える必要があります。
ペットの正確な年齢が分からない場合は、動物病院で推定年齢を調べてもらうことで加入できます。

ただし、保険会社によって判断が異なるので、加入申請前に保険会社に問い合わせましょう。

ペット保険に入るメリットはなんですか?

動物病院は自由診療となっており、治療内容によって費用が高額になることがあります。
ペット保険に加入するメリットは、治療費に対して金銭的な負担を軽減できることです。

また、金銭面の不安が少なくなることで、動物病院を受診しやすくなり、早期発見・早期治療にも繋がります。

詳しくは、「ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと」でご確認ください。

少額短期保険とはなんですか?

少額短期保険とは、保険業法上の保険業のうち、一定の事業規模の範囲内で、保険金額が少額、保険期間が生命保険や医療保険で1年(損害保険で2年)以内の商品を取扱う保険業のことです。

なお、少額短期保険会社が万が一破たんした場合、保険契約者保護機構の契約者に対する資金支援措置はありません。