会社編

SBIいきいき少短のペット保険の評判は?特長や気になる点を徹底解説

特長やメリット

「お手ごろな保険料」
「保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額に制限がない」
「11歳11か月まで新規申込可能」

気になる点

「歯科治療や膝蓋骨脱臼(パテラ)が保険金の支払対象外」
「ライトプランには免責金額がある」
「待機期間(1か月間)がある」

SBIいきいき少短のペット保険はこんな人におすすめ

お手ごろな保険料で保険金の支払回数・1日あたりの支払限度額を気にせずにペット保険を利用したい方

年間限度額は定められてるが、日数基準がなかったりと、長期入院の場合、非常に安心して利用できる。(北海道在住、20代女性)

大変安く、満足しています。幅広いフォローをしてもらえるにも関わらずこの値段はお得かと思います。(兵庫県在住、30代女性)

高齢になったペットの保険加入を検討している方

高年齢でも入れるので安心です。(埼玉県在住、30代女性)

資料請求公式ページ

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、「ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)」および「約款」にて必ず全般的にご確認ください。

SBIいきいき少短/ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)

目次
  1. SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット①「お手ごろな保険料、WEB申込なら保険料は全期間10%OFF」
  2. SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット②「保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額に制限がない」
  3. SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット③「11歳11か月まで新規申込可能」
  4. SBIいきいき少短のペット保険の気になる点
  5. SBIいきいき少短のペット保険の口コミまとめ
  6. SBIいきいき少短のペット保険はこんな方におすすめ!
  7. 申込~保険金請求に関する疑問にお答え(Q&A)
  8. SBIいきいき少短のペット保険の評判について詳しく知りたい方へ

SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット①「お手ごろな保険料、WEB申込なら保険料は全期間10%OFF」

SBIいきいき少短のペット保険には免責金額がない「プラン50スタンダード」「プラン70スタンダード」と、免責金額がある「プラン50ライト」「プラン70ライト」があり、どのプランも通院・入院・手術を補償対象としています。
ここでは、SBIいきいき少短のペット保険の保険料についてご紹介します。

業界最安水準の保険料で、WEB申込なら保険料は全期間10%OFF

SBIいきいき少短のペット保険は業界最安水準の保険料とSBIいきいき少短のウェブサイトで明記されています。(業界最安水準の考え方はSBIいきいき少短の公式ページをご確認ください)

また、インターネットから申し込むと保険料が全期間10%OFFになります。
WEB割引は初年度のみとしている保険会社もありますが、SBIいきいき少短のペット保険では加入期間中の保険料が10%OFFとなります。

※商品改定等により保険料が変更となる可能性があります。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。

各プランの保険料をグラフで比較

※横にスクロールしていただけると全てのグラフをご覧いただけます。
※保険料の前提条件:月払、各種割引制度の適用無し。
※新規でお申し込みいただけるのは、責任開始日時点で生後2か月から11歳11か月までのペット(犬・猫)です。

SBIいきいき少短のペット保険では、小型犬、中型犬、大型犬、猫によって保険料が分類されます。
また、保険料は毎年ではなく、3歳ごとに区分された年齢帯によって段階的に推移します。
さらに、12歳以降の保険料は変わりません。

治療費用の補償割合・支払限度額と免責金額のあり・なしの組み合わせに応じた4つのプランがあります。
4つのプランの内、「プラン50ライト」の保険料が最も低く、「プラン70スタンダード」が最も保険料が高い設定になっています。

※商品改定等により保険料が変更となる可能性があります。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。

保険料に関する口コミ

インターネット申し込みの際10%オフがあるのが決め手だった。(福岡県在住、20代女性)

9年間保険を掛けてきましたがなかなか使う機会がなく、万が一の為の保険なので保険料が安いに越した事はないなと最近思いました。その上で他と比べてもかなり安いです。(大阪府在住、40代女性)

SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット②「保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額に制限がない」

SBIいきいき少短のペット保険が提供する4つのプランがどのような補償内容になっているのか、詳しくご紹介します。

保険金の支払回数や1日あたりの金額を気にすることなく利用可能

プラン70
スタンダード
プラン70
ライト
プラン50
スタンダード
プラン50
ライト
治療費用の補償割合 治療費用の70% 治療費用の70% 治療費用の50% 治療費用の50%
支払限度額 年間70万円 年間70万円 年間50万円 年間50万円
免責金額(1日あたり) 0円 7,000円 0円 5,000円
1回の通院に対するお支払い額 治療費用の70% 治療費用の70%から免責金額を差し引く 治療費用の50% 治療費用の50%から免責金額を差し引く
1回の入院に対するお支払い額 治療費用の70% 治療費用の70%から免責金額(日数分)を差し引く 治療費用の50% 治療費用の50%から免責金額(日数分)を差し引く



SBIいきいき少短のペット保険はどのプランも日本国内すべての動物病院での通院・入院・手術の治療費用が補償対象となっています。
また、年間の支払限度額以内なら、保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額に制限はありません。

ペット保険には年間で補償される回数や、1日あたりに支払われる保険金の額に上限が設けられているプランもありますが、SBIいきいき少短のペット保険のプランにはこれらの制限が設けられていません。
年間の支払限度額に達するまでは保険金の支払回数や1回あたりの金額を気にすることなく保険を利用することができるので、使いやすいと感じる方もいるかもしれません。

なお、「プラン50ライト」「プラン70ライト」には免責金額が設定されているため注意が必要です。
詳しくは「ライトプランには免責金額がある」をご確認ください。

※プランごとに、補償割合・年間の支払金額は異なります。
※ライトプランの場合、1日あたりの免責金額があります。
※保険金の支払対象とならない治療費用があります。詳細は、「ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)」および「約款」でご確認ください。

補償内容に関する口コミ

手術に特化したものより、通院から入院・手術まで幅広くカバーできる内容のものを探していてぴったりだった。(埼玉県在住、30代女性)

年間限度額は定められてるが、日数基準がなかったりと、長期入院の場合、非常に安心して利用できる。(北海道在住、20代女性)

SBIいきいき少短のペット保険の特長やメリット③「11歳11か月まで新規申込可能」

ペット保険に加入するには、それぞれのペット保険に定められた年齢制限を確認しなければなりません。
SBIいきいき少短のペット保険に加入できる年齢は何歳までなのか、確認してみましょう。

11歳11か月まで新規申込可能

ペット保険では加入にあたって、年齢制限が設けられています。
SBIいきいき少短のペット保険の新規申込可能年齢は、生後2か月から11歳11か月まで(★)となっており、比較的高齢のペットでも加入を検討することができます。

保険期間は1年間ですが、1年ごとに自動的に更新され、補償は原則ペットの一生涯続きます。継続契約については年齢制限はありません。さらに、12歳以降の保険料は変わりません。

★責任開始日における満年齢をさします。
※商品改定等により保険料が変更となる可能性があります。
※ペットの健康状態その他会社の定める基準に適合しない場合において、契約を更新しない場合や自動的に更新されない場合があります。
※契約更新時の保険料は、更新日のペットの満年齢に該当する保険料となります。

新規加入年齢に関する口コミ

結構高齢のペットでも入れるみたいで、だんだん不調も出てきますし、ありがたいと感じました。(広島県在住、20代女性)

年をとってからでも入れるペット保険なので、入りたいと思った時に入れる点がいいと思いました。(兵庫県在住、30代女性)

SBIいきいき少短のペット保険の気になる点

ここまで特長やメリットを紹介してきましたが、もちろん気になる点もあります。
どんな内容なのか、しっかり確認して納得したうえで選ぶことが大切です。
ここでは、SBIいきいき少短のペット保険の気になる点やデメリットなどをご紹介します。

気になる点①「歯科治療や膝蓋骨脱臼(パテラ)が保険金の支払対象外」

「歯科治療」や「膝蓋骨脱臼」は商品によって補償対象となるかどうかが分かれる項目ですが、SBIいきいき少短では保険金の支払対象外となっています。(歯科治療は、ケガの治療目的で行われる場合は支払対象となります)

この他にも、「椎間板ヘルニア」など、保険金の支払対象とならない治療費用が定められているので、「ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)」や「約款」にてしっかり確認するようにしましょう。
ペット保険の補償対象外項目に関しては、次の記事でより詳しく解説しています。

ペット保険 補償対象外 支払われない
ペット保険の補償対象外とは?保険金が支払われないのはどんなとき?ペット保険には補償対象外項目が設定されており、該当する病気やケガの治療費は補償されません。各社はどのような病気やケガを補償対象外としているのでしょうか?ペット保険加入前にチェックしておきましょう。 ...

気になる点②「ライトプランには免責金額がある」

「プラン50ライト」には1日あたり5,000円、「プラン70ライト」には1日あたり7,000円の免責金額が設定されています。

「免責金額」とは、治療を受けた際に自己負担する金額のことです。
「免責金額」は、各保険会社によって異なるため、よく確認しておくことが必要です。

また、免責金額は日数分の計算となります。
例えば1泊2日の入院をした場合、免責日数は2日なので、
自己負担する免責金額は、1日あたりの免責金額の2倍となります。

SBIいきいき少短のペット保険の補償金額(お支払いする保険金額)の計算方法はこちらです。

補償金額 = 補償対象となる治療費用 × 補償割合 - 免責金額(日数分)

「プラン50ライト」と「プラン70ライト」では、補償対象となる治療費用が1万円を超えない場合、保険金は支払われません。

気になる点③「待機期間(1か月間)がある」

SBIいきいき少短のペット保険には待機期間が設定されています。
SBIいきいき少短のウェブサイトでは、待機期間を以下のように説明しています。

当保険には、ご契約の初年度に限り責任開始日から1か月間の「待機期間」があります。
この間に発症した病気の治療費用については、保険金のお支払いはいたしません(ケガは除きます)。
保険金が増額となるプランへ変更された場合も、その増額分については同様の「待機期間」がありますので、あらかじめご了承ください。

参照:ご契約の流れ

SBIいきいき少短のペット保険では、契約の初年度に限り1か月間の「待機期間」があり、待機期間中に発症した病気の治療費用については保険金の支払対象とはなりません(ケガは除きます)。

なお、保険金が増額するプランへ変更した場合、その増額分について同様の待機期間があります。

また、補償開始のタイミングは申込日によって異なります。
申込締切日を毎月15日としています。申込締切日までに申し込みを行い契約が成立した場合は申込締切日の翌月の1日から補償が開始されます。

待機期間は、この補償開始(責任開始)日から1か月間です。
補償が開始されても、1か月間に発症した病気の治療費用は保険金の支払対象外であることを確認しておきましょう。

SBIいきいき少短のペット保険の口コミまとめ

口コミは、ペット保険選びの際に参考となる情報のひとつです。
SBIいきいき少短のペット保険を実際に利用している方の口コミをまとめてみました。
加入してよかった点と改善してほしい点に分けてご紹介します。

加入して良かった点

何かあった時は、命なのでお金を支払うのは当たり前だと感じますが、基本は自分のペットが何事もなく健康であると信じ、月々保険料を支払うもので。
月々の負担額が少ないのは大変助かります。(東京都在住、30代女性)

とにかくわかりやすく、早く、安く、内容も充実していましたので移る理由は今のところ何もありません。(埼玉県在住、30代男性)

改善してほしい点

病院で、そのまま適応されるようにしてほしい。(富山県在住、40代女性)

小型犬特有の症例にも対応して欲しい。(北海道在住、20代女性)

SBIいきいき少短のペット保険はこんな方におすすめ!

これまで、SBIいきいき少短のペット保険の特長をご紹介してきました。
SBIいきいき少短のペット保険はどういう方に向いているのでしょうか。
こちらもペット保険選びの参考にしてみてください。

お手ごろな保険料で保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額を気にせずペット保険を利用したい方

保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額の設定がないので、年間の支払限度額に達するまでは何度でも保険金を請求することができます。

<加入者の口コミ>

年間限度額は定められてるが、日数基準がなかったりと、長期入院の場合、非常に安心して利用できる。(北海道在住、20代女性)

大変安く、満足しています。幅広いフォローをしてもらえるにも関わらずこの値段はお得かと思います。(兵庫県在住、30代女性)

保険料についても満足している口コミがあります。
保険料を抑えつつ、保険金の支払回数や1日あたりの支払限度額を気にせずにペット保険を利用したい方に向いているでしょう。

高齢になったペットの保険加入を検討している方

ペット保険に入ろうと思っていても、高齢のペットの場合は年齢によって加入できないことがあります。

<加入者の口コミ>

高年齢でも入れるので安心です。(埼玉県在住、30代女性)

加入条件は厳しくなく、一般的だと思うので満足しています。(兵庫県在住、20代男性)

条件の内容が簡易的なので入りやすかった。(埼玉県在住、30代男性)

SBIいきいき少短のペット保険に新規加入できる年齢は生後2か月から11歳11か月まで(★)なので、高齢のペットを加入させたい方におすすめです。

★責任開始日における満年齢をさします。

申込~保険金請求に関する疑問にお答え(Q&A)

ペット保険の申込方法や加入条件などは、ペット保険会社によって異なります。
加入しようとしているペットが、対象商品の条件をクリアしているのかどうか、希望する補償が含まれているかどうかなど、事前に確認することは重要です。
保険金の請求方法や支払いに関しても事前にチェックして、納得したうえで申し込みましょう。

加入する条件は?

SBIいきいき少短のペット保険はどのプランでも生後2か月から11歳11ヵ月まで(★)新規申込が可能です。
その他の申込条件については、下記のページをご確認ください。

★責任開始日における満年齢をさします。

保険金の請求方法は?

SBIいきいき少短のペット保険は一旦動物病院に治療費用の金額を支払い、後日明細書などの必要書類を保険会社に送って保険金を請求する「後日精算型」のペット保険です。

SBIいきいき少短のペット保険では保険金を請求する際、保険金請求書兼同意書・診療内容報告書へと記入をし、診療明細書などと一緒に送付する必要があります。

必要書類はSBIいきいき少短のウェブサイトからダウンロードできます。
ダウンロードや印刷ができない場合は、SBIいきいき少短のコールセンターに連絡をすれば必要書類が届きます。

SBIいきいき少短のペット保険の評判について詳しく知りたい方へ

下記のページでは、当サイトで実施したアンケートを元に、項目ごとの満足度をグラフにし、合わせて満足度の高い口コミ、満足度の低い口コミを掲載しています。
実際に加入している方のご意見もペット保険を選ぶ際の参考にしてみてください。

SBIいきいき少短 口コミ 評判
【ペット保険の口コミ】SBIいきいき少短のペット保険の評判や満足度は?ペット保険選びの参考になる情報の1つが、実際に加入している方の評判や満足度です。ここでは、SBIいきいき少短が提供しているペット保険の特長と合わせて、加入者の満足度や口コミを項目ごとにご紹介します。...

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、「ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)」および「約款」にて必ず全般的にご確認ください。

SBIいきいき少短/ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)

資料請求公式ページ

本記事の内容はすべて2021年11月5日時点のものです。

【取扱代理店】
株式会社アニマライフ
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6丁目66-2 三上ビル4F
弊社は、お客様と下記少額短期保険業者の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。
したがいまして、保険契約は、お客様からのお申込に対して下記少額短期保険業者が承諾したときに有効に成立します。

【引受少額短期保険業者】
SBIいきいき少額短期保険株式会社
[関東財務局長(少額短期保険)第8号]
SBIリスタ少額短期保険株式会社
[関東財務局長(少額短期保険)第1号]
〒106-6016
東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー
※SBIいきいき少短のペット保険は、SBIいきいき少額短期保険株式会社とSBIリスタ少額短期保険株式会社の2社が共同保険として契約をお引き受けします。
※このページでは商品の概要を説明しています。詳しくはSBIいきいき少額短期保険株式会社のウェブサイトまたは資料請求時にお送りする「ご契約に際しての大切な事柄(契約概要、注意喚起情報 等)」等の資料を必ずご覧ください。
※ペットの健康状態によってはご加入いただけない場合もございますのでご了承ください。

募集文書番号:B2-21-E-0340

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。