比較編

猫のペット保険を徹底比較!あなたのペットにオススメの選び方は?

愛猫にも保険が必要であると考え、ペット保険に加入する人は年々増えてきています。
しかし、いざペット保険に加入しようと思っても、
「保険会社やプランが多すぎて、どうやって保険を選んだらいいのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、猫の保険の補償内容や人気ランキング、口コミ・評判など様々な観点からおすすめの比較方法をご紹介します。
「自分の愛猫にぴったりのペット保険を選びたい」という方は、ぜひご一読ください。

猫の保険の比較方法は?

近年さまざまな保険会社が猫の保険のプランを提供しています。しかし、選べるプランが多いとどこがいいのかわからないと迷ってしまう方もいるかもしれません。
ここでは、猫の保険を比較する際に確認しておきたいポイントをご紹介します。基本的な知識を学び、あなたと愛猫にあったペット保険を見つけましょう!

補償範囲で比較

ペット保険の補償範囲はプランによって異なります。通院・入院・手術を補償範囲とするフルカバー型の保険や、手術や手術に伴う入院のみを補償範囲とする手術特化型の保険などさまざまです。

下記は、当サイトで紹介している保険会社を補償タイプ別にまとめたものです。
何に備えたいかを検討し、それに該当するプランを用意しているペット保険を選びましょう。

<フルカバータイプのプランを用意している保険会社>

  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • アニコム損保
  • イーペット
  • イオン
  • SBIいきいき少短
  • SBIプリズム少短
  • FPC
  • au損保
  • 日本ペット
  • PS保険
  • ペッツベスト
  • ペット&ファミリー
  • 楽天ペット保険

<入院・手術のみのプランを用意している保険会社>

  • アイペット
  • アニコム損保
  • SBIプリズム少短
  • au損保
  • 楽天ペット保険

<通院のみ、手術のみのプランを用意している保険会社>

  • 日本ペット

<ケガのみのプランを用意している保険会社>

  • イオン

アニコム損保によると、猫の保険金請求理由第1位は慢性腎臓病となっています。慢性腎臓病は猫種によらず、高齢の猫がかかりやすい病気といわれています。慢性腎臓病の年間診療回数は15回と通院回数も多くなっているため、なるべく多くの治療で補償を受けたいという方は通院も補償範囲とするフルカバー型を検討してみてもいいかもしれません。

ただし、フルカバー型は補償範囲が広い分、保険料が高めな傾向にあります。保険料を抑えて高額な手術のみ保険をかけるのもひとつの手です。
フルカバー型のペット保険会社の特徴について知りたい方はこちらのページをご覧ください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

手術特化型のペット保険について詳しくしりたい方は下記のページも参考になさってみてください。

手術特化ペット保険の特徴や気になる点、メリット・デメリットとは?ペットの治療費は全額自己負担。特に手術を含んだ治療費は高額になりがちです。本記事では、手術特化型のペット保険の各社プランと特徴、注意点などをご紹介します。フルカバータイプの保険との掛け持ちを検討されている方もぜひご覧ください。...

補償割合で比較

補償割合とは、補償対象となる治療費のうち、保険金として補償される割合のことです。
この補償割合も商品によって異なります。

多くのペット保険の補償割合は50%もしくは70%となっていますが、なかにはより高い補償割合を設定しているプランもあります。
ここでは、補償割合100%のプランと補償割合90%のプランを紹介します。補償割合の高いペット保険に加入したい方は参考になさってみてください。

<補償割合100%のプラン>

  • SBIプリズム少短 プリズムコール
  • PS保険 100%補償プラン

<補償割合90%のプラン>

  • 日本ペット いぬとねこの保険
    プラチナプラン/ゴールドプラン 90%プラン
  • 楽天ペット保険 ずっといっしょ[もっと]手術・入院プラン
  • アイペット うちの子ライト

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アイペット/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書

支払限度額・支払限度回数で比較

ペット保険は1年間で受け取れる保険金の支払限度額(年間の補償限度総額)が決まっています。
その中で1日あたりの支払限度額と年間の限度日数(回数)の有無によって、以下の2つに分けられます。

・定率補償タイプ
補償対象となる治療費に対して、年間の補償限度総額に達するまで、一定割合(50%・70%など)の補償を受け取ることができるタイプです。

・定額補償タイプ
補償対象となる治療費に対して、通院・入院・手術それぞれに設定されている1日あたりの限度額と年間の限度日数(回数)内で、一定割合(50%・70%など)の補償を受けることができるタイプです。

ここでは、通院・入院・手術を補償範囲とするフルカバー型の保険の支払限度額と年間の限度日数(回数)をご紹介します。

保険会社/商品名 補償割合 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
70%
PS保険 50% 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% なし(年50万円まで)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
ペット&ファミリー
げんきナンバーわんスリム
50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで)
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
グリーンプランII
100% 通院は年間60日まで
入院は年間60日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額6,000円まで
入院は日額12,000円まで
手術は1回90,000円まで
ガン手術は1回150,000円まで
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
SBIいきいき少短
スタンダードプラン
50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
SBIいきいき少短
ライトプラン
50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% なし(年60万円まで)
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわん/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

精算方法で比較<窓口精算・後日精算>

保険金の請求方法には「窓口精算」と「後日精算」の2種類があります。
窓口精算とは、窓口で保険証を提示することで、その場で治療費から保険金が差し引かれる精算方法です。
後日精算とは、窓口で治療費の全額を支払い、必要な書類を保険会社に郵送などで提出することで後日保険金を受取ることができる精算方法です。

窓口精算に対応しているペット保険は少なく、多くのペット保険は後日精算となります。
窓口精算可能なペット保険を比較したい方はこちらの記事をご覧ください。

窓口精算できるペット保険を比較!各社の特徴や違いは?口コミ・評判もご紹介【アニコム・アイペット・ペット&ファミリー】アニコム・アイペットなど窓口精算できるペット保険を徹底比較!保険会社の特徴や違い、気になる点は?各社の口コミ・評判を比較して自分のペットにあったおすすめのペット保険を選びましょう。...

後日精算の請求方法は各保険会社で異なります。保険金の請求回数が多くなると、請求手順が負担になることもあるかもしれません。ペット保険の使い方や保険会社各社の具体的な請求方法を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ペット保険の使い方は?保険金請求の具体的な方法がわかる!【窓口精算・後日精算】「窓口精算と後日精算の違いは?」「具体的な保険金の請求方法は?」という疑問をお持ちの方に向けてペット保険14社の利用方法をイチから詳しく解説します。...

待機期間で比較

待機期間とは、保険の開始日から一定の間、保険金が支払われない期間のことです。待機期間がある場合、保険が開始されても、すぐに補償が適用されるわけではありません。
保険開始後すぐにケガや病気になるとは限りませんが、それでもすぐ使えるペット保険がいいという方は、待機期間なしの保険を選ぶのもいいかもしれません。

ここでは、通院・入院・手術を補償範囲とするフルカバー型の保険の待機期間をご紹介します。

保険会社/商品名 待機期間
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
病気は30日間
アイペット
うちの子
なし
FPC
フリーペットほけん
なし
PS保険 なし
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
病気は30日間
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
ペット&ファミリー
げんきナンバーわんスリム
ケガは15日間
病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
アクサダイレクト 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
au損保
通院ありタイプ
病気は30日間
SBIプリズム少短
グリーンプランII
ガンは45日間
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
ガンは45日間
SBIいきいき少短
スタンダードプラン
病気は1ヶ月間
SBIいきいき少短
ライトプラン
病気は1ヶ月間
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
イーペット
e-ペット
病気は15日間
イオン
ケガ+病気プラン
なし

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわん/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

免責金額で比較

免責金額とは、治療を受けた際に自己負担する金額のことです。例えば、免責金額が5,000円に設定されている場合、補償対象となる治療費が5,000円以下の場合は、自己負担になります。

免責金額を超えた場合の対応は各社のプランによって異なります。
補償割合70%、免責金額5,000円のプランで、補償対象となる治療費が10,000円のケースを考えてみましょう。
この場合、治療費の70%である7,000円が補償されるケースや、10,000円から免責金額の5,000円を引いた残りの5,000円の70%である3,500円が補償されるケースなどがあります。

各保険会社の免責金額について表にまとめました。
免責金額がある場合は、各社のHPや重要事項説明書等で免責金額の計算方法も確認しておきましょう。

保険会社/商品名 補償割合 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% なし
70%
アイペット
うちの子
50% なし
70%
FPC
フリーペットほけん
50% なし
70%
PS保険 50% なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% なし
70%
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 1保険期間あたり2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% なし
70%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわんスリム
50% 1日あたり3,000円
70%
アクサダイレクト 50% なし
70%
au損保
通院ありタイプ
50% なし
70%
SBIプリズム少短
グリーンプランII
100% なし
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% なし
SBIいきいき少短
スタンダードプラン(注3)
50% なし
70%
SBIいきいき少短
ライトプラン(注3)
50% 1日あたり5,000円
70% 1日あたり7,000円
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% なし
70%
90%
イーペット
e-ペット
50% なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 1回あたり5,000円
70%

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわん/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

保険料で比較

ペット保険の加入を検討する際に保険料の金額は気になるポイントのひとつかと思います。しかし、格安なペット保険でもいざというときに充分な補償が受けられなければ本末転倒です。ペット保険は値段だけで比較せず、補償内容に納得したうえで自分にとってリーズナブルな価格の保険を選ぶことをおすすめします。
下記のページでは、補償内容に納得したうえでご自身にとって安い保険を選ぶ方法を解説しています。参考になさってみてください。

ペット保険は保険料の安さで選んでも大丈夫?ペット保険を検討する際に、保険料は気になるのではないでしょうか?しかし、保険料が安いプランには「補償範囲が狭い」など理由があることも。本記事では、補償内容を理解するための基礎知識や保険料、ご自身とペットが納得できる保険選びの方法を解説します。 ...

ランキングで比較

ペット保険加入者のアンケートに基づく満足度ランキングもペット保険選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
猫や犬を飼っている方に人気のペット保険を知りたい方は下記のページからランキングをチェックしてみてください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

口コミ・評判で比較

実際にペット保険に加入している人の口コミや評判も、ペット保険選びの参考になるかと思います。
ペット保険加入者の口コミを見たい方はこちらの記事もご覧ください。

ペット保険加入者に聞いた!人気のペット保険会社14社の口コミ・評判ペット保険に加入するときに、口コミは気になるポイントのひとつではないでしょうか。 本記事では、1990人のペット保険加入者に行ったアンケートから、良い口コミも悪い口コミも隠さずにご紹介します。...

多頭飼いにおすすめのペット保険は?

猫や犬を2匹以上飼っている場合、保険料の多頭割引を設けているペット保険もあります。
以下の記事では各保険会社の多頭割引の有無やその内容をまとめたうえで、多頭飼いにおすすめのペット保険を紹介しています。こちらの記事も参考にしてみてください。

多頭飼いにオススメのペット保険は?お得な割引プランもご紹介ペット保険には多頭割引という複数のペットを飼っている方向けの制度もあることをご存知ですか?本記事では、複数のペットを飼われている多頭飼いの方にとってお得なペット保険を見つけるお手伝いをします。...

猫種ごとに比較

猫種ごとにかかりやすい病気やケガは異なるため、ご自身が飼っている猫種のかかりやすい病気やケガを踏まえたうえでペット保険を選ぶことも大切です。
以下の記事では猫種ごとにおすすめのペット保険の選び方を紹介しています。

猫種別の猫のペット保険の選び方猫のペット保険に入ろうと思った際に、飼っている猫にあった保険はどの保険会社、プランはどれか悩まれる方も多いのではないでしょうか。猫種によってかかりやすい病気、ケガが異なっていることもあるため、猫種にあわせてペット保険を選ぶことをおすすめします。本記事では猫種ごとのおすすめの保険をまとめています。...

まとめ

猫の保険選びでは、保険料だけでなく様々な観点からペット保険を比較することも大切です。今回ご紹介したペット保険選びのポイントが、愛猫のための保険を見つけるための参考になれば幸いです。

猫のペット保険に関する疑問を解決したい方はこちら

猫のペット保険を探している方のなかには「そもそもペット保険って必要なの?」「補償対象外の病気はある?」「高齢でも入れる保険は?」などの疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらの記事では、猫の保険選びでよくある疑問をわかりやすく解説しています。ペット保険選びに関する疑問をお持ちの方は、こちらの記事もご一読ください。

猫のペット保険の疑問を全部解決!愛猫に最適な保険会社を選ぶための比較方法や注意点など猫の保険を検討する際に、自分のペットに適した保険はどれ?どうやって保険の比較をすればいいの?注意点は?などお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、各保険会社の特徴や違いを解説するとともに、猫の保険の人気ランキングや口コミ・評判など、おすすめの比較方法をご紹介します。...

本記事の内容はすべて2021年6月1日時点のものです。