犬種編

ビーグルにおすすめのペット保険を徹底解説

ペット保険とは、ペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険です。
さまざまなプランが用意されていますが「自分の飼っている犬種にはどの保険が合っているの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、ビーグルがかかりやすい病気やケガという観点から、ペット保険を紹介します。
ビーグルを飼われている方、今後ビーグルをお迎えされる方など、保険選びの参考にご一読ください。

ビーグルの特徴は?

ビーグルは世界的に有名なキャラクターであるスヌーピーのモデルとしても有名な犬種です。
元々は狩猟犬でしたが、集団で狩りをするスタイルだったこともあり、仲間と友好的な関係を築くことができるといわれています。

運動好きな犬種なので、散歩やボール遊びなど、日常的に運動が必要です。
好奇心旺盛な一面から、散歩の際に誤って道端のものを食べてしまう可能性もあるので、飼い主が主導権を持ち、リーダーウォークを行うことで十分に注意してあげましょう。

見た目に関しては、大きなたれ耳がチャームポイントのひとつですが、耳の中が蒸れて雑菌がたまってしまい、外耳炎になりやすいという一面もあります。
イヤークリーナーを用いて定期的に耳掃除をしてあげることが大切です。

ビーグルがかかりやすい主な病気やケガ

まずはビーグルに多い病気やケガを確認してみましょう。

ビーグルがかかりやすいとされる主な病気やケガを下記にまとめました。

・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
・椎間板ヘルニア
・白内障
・緑内障
・皮膚腫瘍
・膀胱腫瘍
・胃腸炎
・外耳炎
・異物誤飲
・ピルビン酸キナーゼ欠乏症 など

参照元:
アクサダイレクト|ビーグル
アイペット|ビーグル

ビーグルのペット保険を選ぶポイント

ペット保険はペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険ですが、なかには補償対象外と定められている病気やケガもあります。
犬種によってかかりやすい病気やケガが異なるため、自身が飼っている犬種の特徴を踏まえてペット保険を選ぶことも大切だと考えます。

本記事ではかかりやすい病気やケガという観点から、3つのペット保険を選ぶポイントをご紹介します。

【ポイント①】ビーグルのかかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと
【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること
【ポイント③】通院補償が充実していること

【ポイント①】ビーグルのかかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと

保険会社は、重要事項説明書や約款で補償対象外の病気やケガを定めています。
加入前には必ず約款を確認し、補償対象外の項目の中にビーグルがかかりやすい病気やケガが記載されていないか確認するようにしましょう。

例えば、気を付ける病気として挙げられるものが、椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアは、首から腰にかけて背骨と背骨をつないでいる椎間板が、正常な位置からずれ、背骨の中にある脊髄を圧迫することで痛みや麻痺などの神経症状を引き起こします。

症状によってグレード1からグレード5に段階が分かれており、グレードが高くなるにつれ麻痺症状が強くなります。重度の麻痺になると、排便や排尿にも支障をきたしてしまいます。

治療には、内科的治療と外科的治療があり、症状によっていずれかが選択されます。
手術を選択した場合も術後のリハビリが必要となる可能性があるため、治療が長期化することもあります。

保険商品によっては、椎間板ヘルニアを補償対象外項目として定めている商品もあるので注意が必要です。

ペット保険の補償対象外とは?保険金が支払われないのはどんなとき?ペット保険には補償対象外項目が設定されており、該当する病気やケガの治療費は補償されません。各社はどのような病気やケガを補償対象外としているのでしょうか?ペット保険加入前にチェックしておきましょう。 ...

【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること

ビーグルのかかりやすい病気やケガのなかには、長期の通院が必要となるもの、手術や入院が必要となるものがあります。

例えば、白内障は合併症としてブドウ膜炎や緑内障、網膜剥離などを引き起こすことがあり、長期の通院が必要になることもある病気です。

また、異物誤飲は飲み込んだものによっては内視鏡による摘出や開腹手術が必要になる場合があります。
アイペットによると内視鏡で異物を取り出した場合に、治療費が77,760円かかったケースもあるようです。

ペット保険の中には、通院のみ補償、手術のみ補償というように、補償の内容を限定することで保険料を抑えたプランもありますが、ビーグルには通院・入院・手術を幅広く補償するプランがおすすめです。

【ポイント③】通院補償が充実していること

ポイント②で述べたように、ビーグルのかかりやすい病気である白内障は長期の通院が必要になることもあります。

ペット保険は、通院1日(1回)あたりの支払限度額が抑えられていたり、年間の限度回数が少なめになっていたりするものもあります。
長期の通院に備えて、通院補償の充実したプランを検討することもおすすめです。

ビーグルのためのペット保険を選ぼう

ポイント②を踏まえて、当サイトに掲載している14社の通院・入院・手術をカバーするプランを見ていきましょう。

補償内容一覧

まずは、補償内容を見ていきましょう。
その際、ポイント①「かかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと」で述べたように、各社の重要事項説明書や約款等でビーグルのかかりやすい病気が補償対象外になっていないかも忘れずに確認することが大切です。
また、ポイント③「通院補償が充実していること」の内容も踏まえてご覧ください。

保険会社/商品名 補償割合 新規加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
PS保険 50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 満11歳未満(10歳11ヵ月まで) 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
あり なし
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% 10歳まで なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで) 病気は30日間 なし なし
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 満9歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
ガンは45日間 なし なし
SBIいきいき少短
スタンダードプラン(注3)
50% 11歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気は1ヶ月間 なし なし
70% なし(年70万円まで)
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし あり
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
(注3)SBIいきいき少短は免責金額無しのスタンダードプランの場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

ビーグルの保険料を比較

次に、各プランの保険料を確認しましょう。
ここでは、「ビーグル、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という条件で、各社の保険料をまとめました。
※この保険料表示にかかる詳細な前提条件は、保険料表の直下に記載していますので、そちらでご確認ください。

高齢時の保険料は高くなりがちですので、継続加入を念頭に置かれている方は、加入時の料金だけでなく、将来の保険料を確認しておくことも大切です。
なお、実際に保険商品を選ぶ際は、保険料だけでなく、これまでに紹介した補償範囲や補償内容等も併せてご検討ください。

保険会社/商品名 補償割合 1歳 5歳 10歳
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
70% 3,740 5,170 8,650
アイペット
うちの子
70% 3,090 4,310 6,990
FPC
フリーペットほけん
70% 1,950 2,930 3,570
PS保険 70% 2,760 2,940 3,570
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
70% 2,280 3,220 7,750
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
70% 3,340 4,570 8,010
アクサダイレクト 70% 2,590 3,530 8,430
au損保
通院ありタイプ
70% 3,940 4,950 10,790
SBIいきいき少短
スタンダードプラン
70% 2,380 2,590 5,670
日本ペット
プラチナプラン
70% 3,540 4,570 7,690
イーペット
e-ペット
70% 3,520 4,230 5,520


【上表の保険料の前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成。
・ビーグル、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
・なお、ペッツベストおよびSBIプリズム少短は70%補償プランがないため、イオンは「免責金額なし」のプランがないため、上表では表示していない。

【各社個別の条件】
・アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの保険料は、基本保険料で表示(保険の利用状況によって適用される割増引を考慮していない。)
・PS保険は補償開始日時点で生後30日以上120日未満の場合で算出(インターネットによる申込)。
・ペット&ファミリーげんきナンバーわんの保険料は体重19.8kg以下の場合かつ初年度と2年目以降で異なるため、2年目以降の保険料の場合で算出。
・アクサダイレクトの保険料はマイクロチップ装着あり、かつ、保険金支払い実績による割増引制度を考慮しない場合で算出。また、継続契約の保険始期日時点でペットの年齢が満11歳以上となる場合は「プラン50」のみで引受。

【注意事項等】
※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

まとめ

かわいらしく人気のあるビーグルですが、病気やケガになってしまうと治療費が高額になってしまうこともあります。
今回紹介したペット保険選びのポイントが、ペット保険選びの参考になれば幸いです。

他の犬種にオススメのペット保険はこちら

小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?犬種別の選び方もご紹介!小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?かかりやすい病気/ケガなど犬種ごとの特徴を理解してあなたの愛犬にぴったりの保険を選びましょう!...

本記事の内容はすべて2021年5月25日時点のものです。