比較編

高齢でも加入できるペット保険はある?各社の年齢制限は?

ペット保険に加入するには、年齢制限にも気を付けなければなりません。
保険会社によって年齢制限は異なり、年齢が上がるほど加入できるペット保険は限られます。

補償内容はもちろん、自分のペットの年齢で加入できるペット保険はどの商品なのかを確認することも大切です。

ここでは、ペット保険別の加入できる年齢を紹介した上で、自分に合うペット保険を見つけるためのポイントをご紹介します。
また、高齢時におけるペット保険の必要性やリスクについても解説するので合わせてご確認ください。

高齢でも入れるペット保険は?

冒頭で紹介した通り、ペット保険によって加入できる年齢は異なります。
ここでは、それぞれの保険会社が定めている年齢制限を確認していきましょう。

【ペット保険別】犬・猫が加入できる年齢

当サイトに掲載している犬と猫が加入できるペット保険について、新規加入可能年齢の上限が若い順に表にまとめたものがこちらです。

※新規加入可能年齢の上限が同じ保険会社に関しては50音順に紹介しています。

保険会社 新規加入可能年齢
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
どうぶつ健保ぷち
7歳11ヶ月まで
ペット&ファミリー 7歳11ヶ月まで
アクサダイレクト 満8歳まで
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部) 満9歳未満
FPC 9歳未満
PS保険 8歳11ヶ月まで
イーペット 満10歳まで
イオン 10歳未満
au損保 10歳まで
日本ペット 満10歳まで
楽天ペット保険 10歳11ヶ月まで
SBIいきいき少短 11歳11ヶ月まで
アイペット 12歳11ヶ月まで
ペッツベスト 12歳11ヶ月まで
アニコム損保/どうぶつ健保しにあ 8歳~年齢上限なし

このように、ペット保険によって加入できる年齢は異なります。
これを加入できる年齢が高い順にまとめると、下の図のようになります。

新規加入可能年齢制限の上限が一番若く設定してあるペット保険は、アニコムの「どうぶつ健保ふぁみりぃ」と「どうぶつ健保ぷち」、ペット&ファミリーで7歳11ヶ月までです。これらのプランに入りたいと考えている方は、ペットが若いうちに加入を検討してみましょう。

一方で、新規加入可能年齢制限の上限が一番高く設定してあるペット保険は、アニコムの「どうぶつ健保しにあ」で、8歳以降ならどの年齢でも加入することができます。

ペットの年齢が13歳以上であれば、新規に加入できるペット保険はアニコムの「どうぶつ健保しにあ」のみです。
「どうぶつ健保しにあ」には通院補償がなく、入院・手術のみを補償範囲としています。
ただし、アニコム損保の窓口精算に対応している病院以外では使用することができません。

※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム損保/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

【ペット保険別】鳥・うさぎ・小動物・爬虫類などが加入できる年齢

鳥やうさぎ、小動物、爬虫類のペット保険では加入できる年齢は何歳に設定されているのでしょうか。
当サイトに掲載しているペット保険について、鳥やうさぎ、小動物、爬虫類が加入できる年齢を表にまとめました。

<鳥のペット保険>

保険会社 分類 加入可能年齢
アニコム損保 3歳11ヶ月まで
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部) ジュウシマツ 満5歳未満
ブンチョウ/サイチョウ/カナリア/インコ 満9歳未満
オウム/ヨウム 満20歳未満

<うさぎのペット保険>

保険会社 加入可能年齢
アニコム損保 3歳11ヶ月まで
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部) 満11歳未満

<小動物のペット保険>

保険会社 分類 加入可能年齢
アニコム損保 フェレット 3歳11ヶ月まで
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部) フェレット/チンチラ/デグー 満5歳未満
ハリネズミ/リス/モモンガ/プレーリードッグ 満4歳未満
モルモット 満3歳未満
ハムスター 満2歳未満

<爬虫類のペット保険>

保険会社 分類 加入可能年齢
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部) イグアナ 満10歳未満
カメ 満15歳未満

鳥やうさぎ、小動物、爬虫類のペット保険を用意している保険会社は、犬や猫と比べると少なくなっています。

分類や加入可能年齢の設定は、保険会社によって異なります。
例えば、うさぎの場合は、アニコムでは3歳11ヶ月までに対し、SBIプリズム少短(旧:日本アニマル俱楽部)では満11歳未満となっています。
飼っている動物がその保険に加入できるかを確認してから、補償内容の検討に移ることをおすすめします。

※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

・アニコム損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書

高齢でもペット保険には加入した方がいい?

ペットが高齢になってからペット保険への加入を考え始める方も多いのではないでしょうか。
ここでは、高齢なペットが病気にかかるリスクを紹介した上で、ペット保険に加入するメリットをお伝えします。

高齢時の病気にかかるリスク

獣医療の発達や生活環境の向上などによって、ペットの高齢化が進んでいます。
人間と同様に、高齢犬・高齢猫になると免疫力や体力が低下するため、病気やケガのリスクが高まります。
病気やケガがきっかけとなって、他の病気を併発したり、寝たきりになってしまったりすることも考えられます。

若い頃の病気やケガは免疫力や体力があるので早く回復する場合もありますが、高齢時に患った病気やケガは命に関わりかねません。
治療で費用がかさむことも考えられるので、治療費に備えておく必要もあります。

ペット保険に加入するメリット

獣医療が発達し、大病をしても生活の質を保つことができるようになってきていますが、より高度な医療を行うとなると治療費の負担も大きくなることがあります。
ペットには人間のように医療保険がなく、全額自己負担となるので治療費に備えておかなければなりません。

そんなときに助けとなるのが「ペット保険」です。
万が一の治療に備えてペット保険に加入しておけば、病気やケガのリスクが比較的大きい高齢なペットの治療費に対する負担を軽減することができます。

また、保険に入っているという安心感から、病気かな?と迷ったときにも病院に連れていきやすくなり、病気やけがの早期発見・早期回復に繋がることもあるかもしれません。
大切なペットとできるだけ長く過ごすためにも、ペット保険の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

以下の記事ではペット保険や犬向けの保険、猫向けの保険を基本的な知識からわかりやすく解説しています。
ペット保険を検討する際のご参考になさってください。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...
犬の保険とは?必要?特徴や気になる点、メリット・デメリットを全解説「犬のペット保険とは?」「ペット保険って必要?」「ペット保険を選び方は?」といった疑問に対して、さまざまな観点から解説します。犬を飼っていて、ペット保険への加入を迷われている方は是非ご一読ください。...
猫にペット保険は必要?選ぶポイントは?猫を飼っている方の中で、ペット保険への加入を迷われている方も多いのではないでしょうか。ここでは、猫がペット保険に加入する必要性や加入している方の口コミ、ペット保険を選ぶときのチェックポイントを項目ごとにご紹介します。...

持病があるペットでも加入できる?

ペット保険の申込みでは、ペットの病歴を告知します。
この告知内容を元に、保険会社が引受審査を行い、加入可否が判断されます。
審査によっては加入を断られるケースもあるので、元気なうちに加入を検討しましょう。

過去に病気やケガをしていた、または現在病気やケガを患っていても、保険会社によっては条件付き(特定疾病不担保)で加入できる場合があります。

ただし、特定の病気やケガを補償対象外にする条件を付けられるので、もしこの条件に該当する病気やケガで治療を受けた場合の治療費は補償されず、全額自己負担となります。

加入条件については下記の記事をご覧ください。

ペット保険の加入条件は?持病があっても入れる?ペット保険には加入するための条件がいくつかあります。申込み後に行われる引受審査では、持病などの告知に基づいて加入可否が判断されます。ここでは、基本的な加入条件や持病がある場合の各社の対応、ペット保険選びに役立つコンテンツをご紹介します。...

年齢が不明でもペット保険に加入できる?

保護犬や保護猫、譲り受けたペットでは生年月日がわからないこともあります。
生年月日がわからない場合は、動物病院で推定年齢を調べてもらうようにしましょう。

また、生年月日がわからない場合の対応は保険会社によって異なります。
下記の記事では生年月日がわからない際の対応に関して解説していますので、参考にしてみてください。

保護犬・保護猫など年齢や生年月日が分からなくてもペット保険に加入できる?ペット保険に加入するためには、ペットの年齢を提示する必要があります。ですが、保護犬や保護猫など、年齢が分からない場合はどうすればいいのでしょうか?ここでは、年齢が分からないペットが加入するために必要なことや各社対応についてご紹介します。...

どのペット保険が自分に合っている?

ペット保険選びにおいて、年齢制限は大切なチェックポイントですが、補償内容や保険料なども商品やプランによって異なるので、確認する必要があります。
「自分は何を重視したいのか」を意識した上で補償内容や保険料を比較することが大切です。

ここでは、補償内容に関するチェックポイントをいくつかご紹介します。ペット保険選びの参考になさってみてください。

補償範囲

保険会社によっては、手術のみに特化したプランや、ケガのみに特化したプランなども用意されています。
動物病院でかかった多くの治療費に備えたい場合は、通院・入院・手術を補償範囲とするペット保険を探してみましょう。

付帯サービス

ペット保険によっては、獣医師に相談できるサービスやペット関連施設の優待サービスなどが付帯されている場合があります。
治療費に対する補償以外に、便利なサービスも受けたい方は付帯サービスの有無も確認しましょう。

保険金の請求方法

保険金の請求方法は「窓口精算」と「後日精算」の2種類あります。
窓口精算の場合は、動物病院で発生した金額からペット保険の契約内容に応じた差額分を支払う形になるので、保険金を精算する手間を省くことができます。

保険金の請求方法に利便性を求めるのであれば、窓口精算の可否は気になるところでしょう。
ただし、窓口精算は保険会社が提携している動物病院のみの対応となり、提携外の病院を受診した際は、後日精算として保険会社に郵送で保険金を請求することになります。

保険料

ペット保険に加入するとき、保険料はどうしても気になるポイントだと思います。ですが、ペット保険を保険料の安さだけで選ぶことはおすすめできません。
たとえば、保険料が安くても、補償対象外となる病気が多く設定されていると、いざというときに補償を受けることができない可能性が高くなります。

必要なときに必要な補償を受けるためにも、ペット保険を選ぶ際は、保険料だけでなく補償内容も確認することが大切です。

まとめ

獣医療の発達によってペットの寿命は延びていますが、高齢期に病気やケガを患った場合、若齢期に比べて治療に時間がかかり、治療費の負担が大きくなることもあります。

ペット保険には加入できる年齢に上限が定められていることがほとんどです。
中にはアニコムの「どうぶつ健保しにあ」のように、上限のないペット保険もありますが、ペットの年齢が上がるにしたがって選択できる商品は少なくなってしまいます。
今は健康であっても、高齢時に病気やケガをするリスクを考え、ペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ペット保険会社別の特徴や気になる点は「おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説」で詳しく比較しています。
こちらもぜひ参考にしてみてください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

本記事の内容はすべて2020年11月27日時点のものです。