入門編

手術特化ペット保険の特徴や気になる点、メリット・デメリットとは?

大切なペットが病気になったら。
「できる限りの治療を受けさせてあげたい!でも、治療費は心配…」
そう思ったことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

本記事では、補償範囲を限定することで、通院・入院・手術を補償するペット保険に比べて保険料がお手頃になる手術特化型のペット保険を紹介します。
かけがえのない家族のために「もしも」に備えてみませんか?

手術特化型とは?

下記は、手術に特化したプランを取り扱っている保険会社の一覧表です。

会社名 商品名 補償割合 年間補償限度総額 手術(1回あたりの支払限度額/回数制限) 入院(1日あたりの支払限度額/日数制限)
アニコム どうぶつ健保ぷち 70% 最大128万円 50万円/年2回 14,000円/年20日
楽天 ずっといっしょ[もっと]手術・入院プラン 90% 最大212.5万円 50万円/年3回 25,000円/年25日
au損保 ペットの保険<通院なしタイプ> 70% 最大70万円 なし(年70万円まで)
アイペット うちの子ライト 90% 最大100万円 50万円(※最低支払対象治療費3万円)/年2回 手術1回につき10日まで
SBIプリズム少短 プリズムコールホワイトプランⅡ 100% 最大94万円 15万円(ガン手術20万円)/年2回 15,000円/年30日
日本ペット いぬとねこの保険パールプラン 70% 最大30万円 なし(年30万円まで)/年2回 補償外


※アイペット「うちの子ライト」では最低支払対象治療費(3万円)が設定されています。補償の対象となる額がこの金額に達しない場合は保険金が支払われません。

手術特化型の保険とは、動物病院での手術の補償を目的とした保険です。プランによっては、手術に伴う入院も補償します。補償範囲を限定しているため、入院・手術・通院のすべてを補償するフルカバータイプの保険よりも保険料が安い傾向にあります。

※上記は保険商品の内容を全て記載したものではありません。あくまで参考情報としてご利用ください。
※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・楽天ペット保険/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書

高額になることもあるペットの手術費用

保険金請求が多い傷病ランキング【手術・犬】

順位 傷病名 診療例(参考治療費※)
1 腫瘍 皮膚腫瘍を手術で取った例(90,400円)
2 歯周病 全身麻酔をして歯石除去と抜歯をした例(97,300円)
3 骨折 手術で折れた骨をつなげた例(308,700円)
4 異物誤飲 全身麻酔をして異物を内視鏡で取り出した例(77,760円)
5 膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨を手術で戻した例(254,000円)

保険金請求が多い傷病ランキング【手術・猫】

順位 傷病名 診療例(参考治療費※)
1 異物誤飲 異物を開腹手術で取り出した例(220,800円)
2 腫瘍 皮膚腫瘍を手術で取った例(90,400円)
3 歯周病 全身麻酔をして歯石除去と抜歯をした例(97,300円)
4 尿石症 膀胱の結石を手術で取り出した例(127,800円)
5 骨折 手術で折れた骨をつなげた例(308,700円)

参照元:アイペット「ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2020

※アイペットの支払データに基づき、傷病ごとの診療ケースを想定して獣医師が算出した参考金額
※この参考診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

人間のように公的な健康保険がないペットの治療費は、全額自己負担となります。
例えば、骨折してしまったときの治療費の合計は約30万円。高額な治療費は、家計にとって大きな負担となります。

「うちの子はまだ若いから…」

と思っていても、想定外の手術が必要になることもあります。アイペット損保の調査によると、手術を行ったペットの約半数が6歳以下となっています。

年齢に関係なく、健康なうちにペット保険などで備えておくことが重要です。

【会社別】手術特化プランの特徴

それでは、手術特化型の保険を用意している各社のプランを見ていきましょう。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

アニコム【どうぶつ健保ぷち】

アニコムの「どうぶつ健保ぷち」は、入院1日14,000円・手術1回50万円を補償します。
LINEで獣医師に相談ができる「どうぶつホットライン」など、サービスが充実しているのも特徴です。

楽天【ずっといっしょ[もっと]手術・入院プラン】

楽天の「ずっといっしょ[もっと]手術・入院プラン」では、補償割合90%、入院1日25,000円・手術1回50万円の手厚い補償が受けられます。
さらに、保険料の1%分の楽天ポイントも貯まります。

※ポイントの付与には一定の条件があります。

au損保【ペットの保険<通院なしタイプ>】

au損保のペットの保険は、年間の補償限度総額までであれば、保険金の支払い回数に制限がなく、1回あたりの限度額もありません。
補償割合は70%と50%から選択可能で、70%コースの入院・手術をあわせた年間補償限度総額は70万円となっています。

アイペット【うちの子ライト】

アイペットのうちの子ライトは、手術費用を最大90%補償します。
補償限度額は手術1回50万円となっており、手術を含む入院も10日間まで補償されます。

※アイペット「うちの子ライト」では最低支払対象治療費が3万円となっています。補償の対象となる額がこの金額に達しない場合は保険金が支払われません。

SBIプリズム少短【プリズムコール ホワイトプランⅡ】

SBIのプリズムコールは、1回(日)あたりの支払限度額以内であれば治療費の100%を補償してくれます。また、ペットの加齢にともなって保険料があがることもありません。
補償限度額は入院1日15,000円、手術1回15万円(ガンの場合20万円)となっています。

※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※シニアプラン更新年齢になった場合はシニアプランでの更新(終身継続可能)となります。

日本ペット【いぬとねこの保険パールプラン】

パールプランはワンコイン500円(※1)で加入できるお手頃な保険料が魅力の手術特化型保険です。補償は手術のみで、年間補償限度総額は30万円となっています。

※1 月払い、猫、0歳の場合
※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。


※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。


・楽天ペット保険/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書

手術特化型の特徴やメリット

・補償範囲を限定しているため、保険料が安い傾向にある。
・フルカバータイプに比べ、手術に対する補償(支払限度額等)が手厚いこともある。

手術特化型のプランはフルカバータイプに比べ、補償範囲を限定しているぶん保険料が安い傾向にあります。

また、フルカバータイプに比べ、手術に対する補償(支払限度額等)が手厚いこともあります。
支払限度額が多いほど、高額な手術も安心して受けることができるでしょう。

手術特化型の気になる点やデメリットなど

通院は補償されない

アニコム損保によると、ペット保険の使用の約90%は通院です。
1回の治療費は少なくとも、回数が重なると大きな負担になることもあります。

補償されない手術もある

会社名 去勢・避妊妊娠・出産 ワクチン接種 歯周病 膝蓋骨脱臼
アニコム
楽天
au損保
アイペット
SBIプリズム少短
日本ペット

◯:補償対象 ☓:補償対象外

上記の表は、取り上げたケガ・病気について、各社で補償対象となるかどうかをまとめた ものです。
去勢・避妊の手術を受けられる方は多いと思いますが、ほとんどの保険で補償されませ  ん。
また、ワクチン接種など、予防のための治療も補償対象外となることが多いようです。

どの病気が補償対象外になるかは各社で異なります。
保険に加入する際は、補償範囲を必ず確認しておきましょう。

※表は対象外となる全ての病気・ケガを記したものではありません。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※実際の保険金の請求・支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。

※表は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※表に記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・楽天ペット保険/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書

掛け持ちして高額治療に備える方法も

補償割合が100%の保険でない場合、手術の際に自己負担額が発生します。
例えば自己負担が30%でも、手術が高額であれば大きな出費となります。

少しでも自己負担額を減らし、高額な手術に備える方法はないのでしょうか?
ひとつの解決策として、ここでは「保険の掛け持ち」について説明します。

フルカバータイプの保険と手術特化の保険に加入する

保険の掛け持ちをするなら、通院補償も受けながら手術の補償をより手厚くすることのできるフルカバータイプの保険と手術特化の保険がオススメです。

掛け持ちするメリットの1つは、治療費による自己負担を軽減できることです。
仮に加入しているペット保険の支払限度額を超える手術費用が発生した際、別のペット保険にも加入していれば、両方から保険金を受け取ることができるため、自己負担を減らすことにつながります。

もう1つのメリットは、補償対象外の傷病を少なくできることです。
例えば、A社のペット保険では補償されない傷病が、B社では補償してもらえる場合もあります。

補償をより充実させたいという方は、掛け持ちも検討してみてはいかがでしょうか。

掛け持ち可能な保険会社は?

アニコムは掛け持ち可能であるとHPに記載されています。
一方、au損保は掛け持ち不可となっています。

楽天、アイペット、SBIプリズム少短、日本ペットに関しては、掛け持ち可能とは明記されていないため、各会社にお問い合わせください。

いずれの保険会社を利用しても、掛け持ちで保険に加入する場合には通知義務が発生します。掛け持ちしたい保険会社の両方に通知することを忘れないようにしてください。

※一度に受け取れる保険金は治療費の100%を超えることはありません。
※保険を掛け持ちする場合は通知義務が発生します。掛け持ち可能であるか、掛け持ちしたい保険会社の両方にご確認ください。
※掛け持ち(重複契約)時の補償内容は各社で異なります。詳細な内容については、重要事項説明書等にて必ずご確認ください。


・楽天ペット保険/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書

まとめ

手術特化型の保険は、手頃な保険料で手術の高額な医療費を補償してくれます。
「通院による普段の治療費は払えるけれど、高額な医療費は心配」
「フルカバータイプの保険に加入しているけれど、手術の補償をより充実させたい」
手術特化型の保険はそんなあなたにオススメです。

フルカバータイプの保険が気になる方へ

通院も補償されるフルカバータイプの保険に関してはこちらの記事をご覧ください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

ペット保険の基本が知りたい方へ

初めてペット保険の加入を検討する方に向けて、基本的な知識をわかりやすく解説します。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...