犬種編

病気から考える!ジャックラッセルテリアのためのペット保険選び

ペット保険とは、ペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険です。
近年の需要の高まりから、各社が様々なプランを用意していますが、自分の飼っている犬種にどの保険が合っているのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気やケガという観点から、ペット保険を紹介します。
ジャック・ラッセル・テリアを飼われている方、今後ジャック・ラッセル・テリアをお迎えされる方など、保険選びの参考にご一読ください。

ジャック・ラッセル・テリアの特徴は?

ジャック・ラッセル・テリアは狩猟犬として活躍をしていた過去があり、とてもパワフルでわんぱくな犬種です。元気がありあまって周りを攻撃してしまうことを防ぐために、幼いうちからきちんとしつけをする必要があります。

ケガをしないように室内の環境を整えてあげることも大切です。足腰を痛めないように、高低差が大きいところには階段を取り付けて高いところからのジャンプを防いだり、フローリングの床にカーペットを敷いて滑りにくくしたりすることで工夫をしましょう。

また、折れ耳や垂れ耳の犬種なので、耳の中が蒸れやすくなっています。定期的にイヤークリーナーで耳掃除をすることで外耳炎の予防をしてあげましょう。

ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい主な病気やケガ

まずはジャック・ラッセル・テリアに多い病気やケガを確認してみましょう。
ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすいとされる主な病気やケガを下記にまとめました。

・膝蓋骨脱臼
・糖尿病
・レッグペルテス
・先天性重症筋無力症
・網膜剥離 など

参照元:
アクサダイレクト|ジャック・ラッセル・テリア

アニコム損保によると、皮膚疾患での保険金請求も多くなっているようです。
ジャック・ラッセル・テリアには毛が抜けやすい子もいます。こまめにブラッシングをして皮膚を清潔に保つことを心がけましょう。

ジャック・ラッセル・テリアのペット保険を選ぶポイント

ペット保険はペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険ですが、なかには補償対象外と定められている病気やケガもあります。
犬種によってかかりやすい病気やケガが異なるため、自身が飼っている犬種がかかりやすい病気やケガを踏まえてペット保険を選ぶことも大切だと考えます。

本記事ではかかりやすい病気やケガという観点から、ペット保険を選ぶポイントをまとめました。

【ポイント①】かかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと
【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること
【ポイント③】高齢時の保険料も確認すること

【ポイント①】かかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと

保険会社は、約款などで補償対象外の病気やケガを定めています。
加入前には必ず約款を確認し、補償対象外の項目の中にジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気やケガが入っていないかどうか確認するようにしましょう。

例えば、気を付ける病気として挙げられるものが、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)です。
レッグペルテスとは骨盤と太ももをつなぐ部分の大腿骨頭(太ももの骨の上端)が壊死を起こす病気です。股関節に痛みが生じるため、足を引きずるように歩くなどの症状が現れます。

治療法としては、鎮痛剤の投与などの内科的治療と手術による外科的治療があります。手術の場合は大腿骨頭を切除する「大腿骨頭切除術」が選択されることが多いようです。

保険商品によっては、レッグペルテスを補償対象外項目として定めている商品もあるので注意が必要です。
ペット保険各社の補償対象外項目についてより詳しく知りたい方は、下記の記事も参考になさってみてください。

ペット保険の補償対象外とは?保険金が支払われないのはどんなとき?ペット保険には補償対象外項目が設定されており、該当する病気やケガの治療費は補償されません。各社はどのような病気やケガを補償対象外としているのでしょうか?ペット保険加入前にチェックしておきましょう。 ...

【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること

ジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい病気やケガのなかには、長期の通院が必要となるもの、手術や入院が必要となるものがあります。

例えば、内分泌疾患である糖尿病はインスリンの働きが弱くなり、血糖値が異常に高くなってしまう病気です。注射によってインスリンを投与する治療が生涯必要になることもあるため、定期的な通院が必要です。

また、膝蓋骨脱臼(パテラ)は膝にある骨が正常な位置から内方や外方に外れる脱臼で、完治を目指すために手術による治療を選択する場合もあります。アイペットによると、1度の手術と入院で25万円ほどかかった事例があります。

ペット保険の中には、通院のみ補償、手術のみ補償というように、補償の内容を限定することで保険料を抑えたプランもありますが、ジャック・ラッセル・テリアには通院・入院・手術を幅広く補償するプランがおすすめです。

【ポイント③】高齢時の保険料も確認すること

近年、動物医療の発展と飼育環境の充実に伴い、ペットの平均寿命は伸びています。
ジャック・ラッセル・テリアの平均寿命は2017年時点で14.5歳です。

ペット保険は、基本的に、年齢が上がるとともに保険料も増加します。
継続加入を予定している方は、補償内容を確認したうえで、高齢時の保険料も確認しておきましょう。

参照元:
アニコム損保|家庭どうぶつ白書2019

ジャック・ラッセル・テリアのためのペット保険を選ぼう

ポイント②を踏まえて、当サイトに掲載している14社の通院・入院・手術をカバーするプランを見ていきましょう。

補償対象外の病気は?

はじめに、ポイント①を踏まえて、ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気やケガを補償対象外に定めているペット保険を確認してみましょう。

ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすいとされる病気やケガを表にまとめたものがこちらです。
膝蓋骨脱臼(パテラ)が補償対象外になっているペット保険があるようです。

保険会社/商品名 膝蓋骨脱臼  
(パテラ)
糖尿病     レッグペルテス
(大腿骨頭
壊死症)
先天性重症
筋無力症   
網膜剥離   
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
アイペット
うちの子
FPC
フリーペットほけん
PS保険 注1 注1
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
アクサダイレクト 注3 注3 注4 注4
au損保
通院ありタイプ
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
注5 注5
SBIいきいき少短
スタンダードプラン
注6 注6
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
注7 注7
イーペット
e-ペット
イオン
ケガ+病気プラン
注8 注8

※各社の重要事項説明書や約款で補償対象外と明記していないものを「ー」と表示しています。健康状態等による引受基準は各社によって異なるため、「ー」としていても補償対象外となることもありますので、予めご了承ください。
※☓は各社の重要事項説明書や約款で上記に掲げている病気・ケガを補償対象外と明記されていることを示しています。
(注1)PS保険において補償対象外である遺伝性疾患に該当する可能性があります。実際に適用される補償内容についてはPS保険までお問い合わせください。
(注2)ペッツベストはプレミアム特約を付加した場合で掲載しています。
(注3)アクサダイレクトにおいて、保険期間開始後に獣医師によりこれらの病因があると判定された場合は、この保険契約の保険期間内に発生した治療費用にかぎり、保険金が支払れます。
(注4)アクサダイレクトにおける「獣医学の水準から判断して、先天的ないし遺伝的または発達異常を原因とする身体障害」に該当する可能性があります。保険期間開始後に獣医師によりこれらの病因があると判定された場合は、この保険契約の保険期間内に発生した治療費用にかぎり、保険金が支払われます。実際に適用される補償内容についてはアクサダイレクトまでお問い合わせください。
(注5)プレミアムオレンジプランⅡにおいて補償対象外である「先天性の障害またはこれらに起因する場合」に該当する可能性があります。実際に適用される補償内容についてはSBIプリズム少短までお問い合わせください。
(注6)スタンダードプランにおいて補償対象外である「獣医学の水準から先天性・遺伝性疾患によって生じたと判断されるケガ・病気」に該当する可能性があります。実際に適用される補償内容についてはSBIいきいき少短までお問い合わせください。
(注7)プラチナプランにおける「遺伝子疾患及び先天性異常を原因とする身体障害に対する治療」に該当する可能性があります。保険期間中に獣医師により初めて発見された場合は、この保険期間に限り、保険金が支払われます。実際に適用される補償内容については日本ペットまでお問い合わせください。
(注8)ケガ+病気プランにおいて補償対象外である「獣医学の水準から判断して、先天的ないし遺伝的または発達異常を原因とする傷病」に該当する可能性があります。実際に適用される補償内容についてはイオンまでお問い合わせください。
※以下の傷病に関しては下記サイトを参照し先天性もしくは遺伝性疾患であると判断しています。
アクサダイレクト|先天性重症筋無力症
アクサダイレクト|網膜剥離

※表は補償対象外となる全ての病気・ケガを記したものではありません。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※実際の保険金の支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

補償内容一覧

ジャック・ラッセル・テリアのかかりやすい病気をカバーしているペット保険を確認しました。
続いて、ポイント③「高齢時の保険料」を確認する前に、当サイトに掲載している14社の通院・入院・手術をカバーするプランの補償内容を確認します。

たとえ保険料が安くても、必要な補償が受けられなければ本末転倒です。保険料を確認する前に、支払限度額や免責金額の有無など、補償内容をしっかりチェックして納得のいくものを選びましょう。

補償内容一覧

次に、補償内容を見ていきましょう。
ポイント③「通院補償が充実していること」の内容も踏まえてご覧ください。

保険会社/商品名 補償割合 新規加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
PS保険 50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 満11歳未満(10歳11ヵ月まで) 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
あり なし
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% 10歳まで なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで) 病気は30日間 なし なし
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 満8歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
ガンは45日間 なし なし
SBIいきいき少短
スタンダードプラン(注3)
50% 11歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気は1ヶ月間 なし なし
70% なし(年70万円まで)
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし あり
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
(注3)SBIいきいき少短は免責金額無しのスタンダードプランの場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

ジャック・ラッセル・テリアの保険料を比較

最後に、各プランの保険料を確認しましょう。
ここでは、「ジャック・ラッセル・テリア、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という条件で、各社の保険料をまとめました。
※この保険料表示にかかる詳細な前提条件は、保険料表の直下に記載していますので、そちらでご確認ください。

ポイント③でもご紹介したように、高齢時の保険料は高くなりがちですので、継続加入を念頭に置かれている方は、加入時の料金だけでなく、将来の保険料を確認しておくことも大切です。
なお、実際に保険商品を選ぶ際は、保険料だけでなく、これまでに紹介した補償範囲や補償内容等も併せてご検討ください。

保険会社/商品名 補償割合 1歳 5歳 10歳
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
70% 3,420 4,780 7,530
アイペット
うちの子
70% 3,090 4,310 6,990
FPC
フリーペットほけん
70% 1,950 2,930 2,930
PS保険 70% 2,150 2,390 3,180
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
70% 1,920 2,710 6,530
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
70% 3,230 3,870 6,210
アクサダイレクト 70% 2,590 3,530 8,430
au損保
通院ありタイプ
70% 2,320 3,060 7,110
SBIいきいき少短
スタンダードプラン
70% 2,100 2,170 4,760
日本ペット
プラチナプラン
70% 2,720 3,570 6,130
イーペット
e-ペット
70% 3,520 4,230 5,520


【上表の保険料の前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成。
・ジャック・ラッセル・テリア、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
・なお、ペッツベストおよびSBIプリズム少短は70%補償プランがないため、イオンは「免責金額なし」のプランがないため、上表では表示していない。

【各社個別の条件】
・アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの保険料は、基本保険料で表示(保険の利用状況によって適用される割増引を考慮していない。)
・PS保険は補償開始日時点で生後30日以上120日未満の場合で算出(インターネットによる申込)。
・ペット&ファミリーげんきナンバーわんの保険料は体重7.2kg以下の場合かつ初年度と2年目以降で異なるため、2年目以降の保険料の場合で算出。
・アクサダイレクトの保険料はマイクロチップ装着あり、かつ、保険金支払い実績による割増引制度を考慮しない場合で算出。また、継続契約の保険始期日時点でペットの年齢が満11歳以上となる場合は「プラン50」のみで引受。

【注意事項等】
※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

まとめ

好奇心旺盛で元気いっぱいなジャック・ラッセル・テリアですが、かかりやすい病気やケガもあり、治療費が高額になってしまうこともあります。
ジャック・ラッセル・テリアのためのペット保険を選ぶ際は、以下の3つの観点を見てみることをオススメします。

  • かかりやすい病気が補償対象外でないこと
  • 通院・入院・手術をカバーしてくれること
  • 高齢時の保険料

今回紹介したペット保険選びのポイントが、ペット保険選びの参考になれば幸いです。

他の犬種について知りたい方はこちら

こちらのページではジャック・ラッセル・テリアにオススメのペット保険の選び方を紹介しましたが、他の犬種にオススメのペット保険を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?犬種別の選び方もご紹介!小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?かかりやすい病気/ケガなど犬種ごとの特徴を理解してあなたの愛犬にぴったりの保険を選びましょう!...

本記事の内容はすべて2021年7月1日時点のものです。