犬種編

小型犬におすすめのペット保険を徹底解説

ペット保険とは、ペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険です。

「ワンちゃんと一日でも長く一緒に過ごしたい」
「元気でいてほしいから犬の健康診断は欠かさず行い、健康管理を徹底している」
「もし愛するペットが病気になったときには手厚い治療を受けさせてあげたい」

など、ペットに対する健康意識の高まりからペット保険の需要は増加してきています。

ペット保険各社はさまざまなプランを用意していますが、我が家のワンちゃんはどの保険に加入させた方が良いのかすぐに判断することが難しいですよね。

この記事では、小型犬のかかりやすい病気やケガ、実際にかかった治療費、ペット保険を選ぶポイントなど、ペット保険が初めての方にもわかりやすくお伝えしています!
ペット保険に入ろうか迷っている方は是非ご一読ください。

小型犬の特徴は?

small dog

そもそも小型犬とは?

犬は大きさによって「小型犬・中型犬・大型犬」に分けられることがありますが、実はJKCなどの国際畜犬連盟に加盟する畜犬団体では、小型犬・中型犬・大型犬などの定義はなく、容姿や体高などで犬種が区分されています。

ひとつの目安として「10kg未満は小型犬、25kg未満は中型犬、25kg以上は大型犬」と扱うことが多いです。

小型犬の性格や気をつけたいことは?

小型犬というと、小柄でかわいらしく守りたくなるような愛らしい見た目の犬種が多い印象ですが、性格はただかわいらしいだけでなく、わんぱくで賢い犬種もいます。
そんな魅力が相まって、人気のある犬種が多いです。

例えば、トイプードルは天真爛漫でとても賢く、運動が好きな子が多いといわれる犬種です。
チワワは好奇心旺盛で自分より大きいものにも勇敢に立ち向かうこともある一方で飼い主に対して愛情深いといわれる犬種。
パピヨンは友好的で好奇心旺盛、賢いがゆえに繊細な一面もある犬種といわれています。

このように小型犬は、好奇心旺盛で人間に対しフレンドリーな犬種が多くなっています。子どもがいる家庭でも一緒に仲良く成長していくことができるでしょう。

小型犬のお世話で気をつけたいこと

体つきが華奢な子が多いので、少しの高さからの落下で骨折やねんざなどのケガをしたり、フローリングの床で滑ってひざや腰を痛めてしまうことがあります。
室内では、高さがあるところには階段をつける、滑りやすい床にはマットやカーペットを敷くなど、普段過ごす環境を整えておくことが大切です。

小型犬は室内飼いの子も多いかと思いますが、運動をあまりせずにごはんやおやつばかりあげていると肥満になってしまうことがあります。
塩分の取りすぎや肥満状態は、心臓に負担をかけたり、病気の原因になることもあるため、運動量と食事量をコントロールし、健康管理に気をつける必要があります。

小型犬がかかりやすい主な病気やケガ

small dog
小型犬にはどんな病気やケガが多いのか確認してみましょう。
小型犬がかかりやすいとされる主な病気やケガを下記にまとめました。

かかりやすい病気例 概要
てんかん けいれんや意識障害を起こす発作が繰り返し起こる
僧帽弁閉鎖不全症 心臓の僧帽弁が上手に閉じなくなって、血液が逆流してしまう
気管虚脱 何らかの原因で気管が潰れ、呼吸困難などを引き起こす
膝蓋骨脱臼(パテラ) 膝蓋骨とよばれる膝の骨が正しい位置から外れることで、痛みなどが生じる
レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症) 関節周囲の炎症により、大腿骨頭への血のめぐりが悪くなり大腿骨頭が壊死する
骨折 事故などによって骨が折れる
外耳炎 耳の穴から鼓膜までの外耳に炎症が起こる
アレルギー性皮膚炎 アレルゲンが体内に入り皮膚にかゆみや赤みなどが生じる
ケンネルコフ 風邪のような症状がみられる感染症

参照元:アニホック往診専門動物病院|小型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

次に、実際にかかった治療費とその保険金支払事例を、骨折と外耳炎を例に確認してみましょう。

<手術・入院費用>骨折で手術を行った例

診療項目 金額
初診料 1,620円
入院料(7日間) 68,040円
点滴 21,060円
血液検査 12,960円
レントゲン検査 11,880円
注射料 8,640円
麻酔 14,040円
手術 129,600円
合計 267,840円
ペット保険の補償額(どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン) 187,488円
飼い主の自己負担 80,352円

参照元:犬との暮らし大百科|犬の骨折について。原因や治療、予防法も!

<通院費用>3歳のトイプードルが外耳炎で治療を行った例

診療項目 金額
診察 800円
処置 800円
お薬 1,400円
合計 3,000円
ペット保険の補償額(うちの子70%プラン) 2,100円
飼い主の自己負担 900円

参照元:アイペット|トイプードル

骨折などのケガは、飼い主が気をつけていても予期せず起こり得るものです。
そして骨折でも、なかには手術が必要になるケースがあります。
手術は治療費が高額なため、事前に準備をしてないとすぐには支払いが難しいなど、思わぬ事態にどう対応すればよいか悩んでしまう可能性もあります。

また、外耳炎は一度の治療費は少額ですが、通気性が良くない垂れ耳の場合などは再発を繰り返してしまい、継続的な治療が必要になることもあります。
もしもの時のお守りと思ってペット保険に加入していると、いざという時の不安を少しでも和らげることができるかもしれません。

小型犬のペット保険を選ぶポイント

小型犬
ペット保険はペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険ですが、なかには補償対象外と定められている病気やケガもあります。
犬種によってかかりやすい病気やケガが異なるため、自身が飼っている犬種がかかりやすい病気やケガを踏まえてペット保険を選ぶことも大切だと考えます。

本記事では小型犬がかかりやすい病気やケガという観点から、ペット保険を選ぶポイントをまとめました。

【ポイント①】小型犬のかかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと
【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること
【ポイント③】高齢時の保険料を確認すること

【ポイント①】かかりやすい病気やケガが補償対象外に定められていないこと

保険会社は、約款などで補償対象外の病気やケガを定めています。
加入前には必ず約款を確認し、補償対象外の項目の中に小型犬がかかりやすい病気やケガが入っていないかどうか確認するようにしましょう。

例えば、小型犬がかかりやすい病気のなかで、ペット保険によっては補償対象外となるのが「膝蓋骨脱臼(パテラ)」という病気です。
パテラは小型犬に多いといわれる関節の病気で、後肢の膝蓋骨(ひざにある皿のような骨)が正常な位置から外れてしまう状態を指します。

小型犬の場合、成長過程で大腿骨(太もも)と膝の内側の筋肉のバランスが崩れやすい傾向にあるといわれていて、日常生活を過ごしているだけで脱臼症状が進んでしまうこともあります。
小型犬の中でも、ポメラニアンやチワワ、トイプードルなどは、膝蓋骨脱臼になりやすいといわれることがあります。

パテラの治療には、一時的に炎症や痛みなどの症状を緩和する「保存的治療」と外科手術による「根本治療」とがあります。
保存的治療を選択した場合でも、症状に改善が見られない場合には外科手術が必要になることも珍しくありません。

保険商品によっては、この「膝蓋骨脱臼(パテラ)」を補償対象外項目として定めている商品もあるので注意が必要です。

【ポイント②】通院・入院・手術をカバーしていること

小型犬のかかりやすい病気やケガのなかには、長期の通院が必要となるもの、手術や入院が必要となるものがあります。

例えば、小型犬のかかりやすい病気のひとつである僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)は、完治が難しい病気といわれる病気です。
マルチーズやチワワ、シーズーなどの小型犬に発症が多いといわれていますが、原因は明らかになっていません。
心臓の負担を減らすためのお薬や利尿剤、酸素吸入など症状に応じた治療を行い、生活面では食事の見直しや運動制限が必要になることもあります。
アニコム損保の家庭どうぶつ白書2020によると、チワワが他犬種に比べかかりやすい疾患の第一位が弁膜症で、年間平均診療費は約13万円となっています。

また、ポイント①でご紹介したように、膝蓋骨脱臼(パテラ)は手術が必要になる場合もあります。
アクサダイレクトによると手術を行った場合には入院をすることもあり、治療費は約20万円〜40万円と高額になることもあるようです。

ペット保険の中には、通院のみ補償、手術のみ補償というように、補償の内容を限定することで保険料を抑えたプランもありますが、小型犬には通院・入院・手術を幅広く補償するプランがおすすめです。

【ポイント③】高齢時の保険料

近年、動物医療の発展と飼育環境の充実に伴い、ペットの平均寿命は伸びています。
例えば、パピヨンの平均寿命は2014年度の14.5歳であったのに対し、2017年度では14.7歳と、わずかではありますが長くなっています。
他の小型犬も寿命が伸びている傾向にあり、今後も医療が発展していけば、将来は愛犬とより長く一緒に過ごすことができるようになるかもしれません。

ペット保険は、基本的に、年齢が上がると保険料も高くなります。
継続加入を予定している方は、補償内容を確認したうえで、加入時の保険料だけでなく高齢時の保険料も確認しておきましょう。

小型犬のためのペット保険を選ぼう

小型犬

ポイント②を踏まえて、当サイトに掲載している13社の通院・入院・手術をカバーするプランを見ていきましょう。

膝蓋骨脱臼(パテラ)を補償対象外としているペット保険は?

はじめに、ポイント①を踏まえて、小型犬がかかりやすい病気やケガのひとつである「パテラ(膝蓋骨脱臼)」を補償対象外に定めているペット保険を確認してみましょう。
重要事項説明書や約款に「パテラ(膝蓋骨脱臼)」を補償対象外と記載している保険商品は以下のとおりです。

  • SBIプリズム少短 プリズムコールプレミアムオレンジプランⅡ
  • 日本ペット いぬとねこの保険 プラチナプラン
  • ペッツベスト セレクトBEST

なお、ペッツベストはプレミアム特約を付加することで、膝蓋骨脱臼(パテラ)を保険金の支払対象とすることができるようです。

また、アクサダイレクトでは、保険期間開始後に獣医師により「膝蓋骨脱臼(パテラ)」であると判定された場合、この保険契約の保険期間内に発生した治療費用にかぎり、保険金が支払われるようです。(※保険期間は1年間)

パテラ以外にも、補償対象外項目に定められている病気やケガはあります。各保険会社で補償内容は異なるため、加入前には必ず重要事項説明書や約款などを読み、補償対象外項目を確認しておきましょう。

※実際の保険金の支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

補償内容一覧

ポイント③「高齢時の保険料」を確認する前に、当サイトに掲載している13社の通院・入院・手術をカバーするプランの補償内容を確認します。

たとえ保険料が安くても、必要な補償が受けられなければ本末転倒です。保険料を確認する前に、支払限度額や免責金額の有無など、補償内容をしっかりチェックして納得のいくものを選びましょう。

保険会社/商品名 補償割合 新規加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
PS保険 50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 満11歳未満 (10歳11ヵ月まで) 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
あり なし
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% 10歳まで なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで) 病気は30日間 なし なし
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 満8歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
ガンは45日間 なし なし
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし あり
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

小型犬の保険料を比較

ここでは、各プランの保険料を確認しましょう。
「トイプードル、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という条件で、各社の保険料をまとめました。
※この保険料表示にかかる詳細な前提条件は、保険料表の直下に記載していますので、そちらでご確認ください。

高齢時の保険料は高くなる傾向なので、継続加入を念頭に置かれている方は、加入時の料金だけでなく、将来の保険料を確認しておくことも大切です。なお、実際に保険商品を選ぶ際は、保険料だけでなく、これまでに紹介した補償範囲や補償内容なども併せてご検討ください。

小型犬・中型犬・大型犬の分類で保険料を定めているペット保険会社が多いですが、ミックス犬の場合などは体重によってどの分類に当てはまるかを定めている場合や、犬種による小・中・大の分類が保険会社ごとで異なる場合があります。

例えば、ペット&ファミリーの場合は、加入時・継続時の体重で分類が分けられます。
楽天ペット保険「ずっといっしょもっと」の場合は、親犬種が二種判明しているミックス犬は大きい方の犬種、片親しか判明していないミックス犬は判明している犬種に分類が分けられます。

また、PS保険は親の犬種が両方不明な場合は8ヶ月以上であれば8kg未満で小型、楽天ペット保険「ずっといっしょもっと」は親の犬種が両方不明であれば1歳以上は10kg未満で小型に分類されます。

このように分類分けはペット保険会社それぞれですので、ペット保険を検討する際には、我が家のペットがどの分類に当てはまるのかを確認してみましょう。

保険会社/商品名 補償割合 1歳 5歳 10歳
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
70% 3,420 4,780 7,530
アイペット
うちの子
70% 3,090 4,310 6,990
FPC
フリーペットほけん
70% 1,950 2,930 2,930
PS保険 70% 2,150 2,390 3,180
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
70% 1,920 2,710 6,530
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
70% 3,230 3,870 6,210
アクサダイレクト 70% 2,280 3,040 7,280
au損保
通院ありタイプ
70% 2,320 3,060 7,110
日本ペット
プラチナプラン
70% 2,720 3,570 6,130
イーペット
e-ペット
70% 3,520 4,230 5,520


【上表の保険料の前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成。
・トイプードル、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
・なお、ペッツベストおよびSBIプリズム少短は70%補償プランがないため、イオンは「免責金額なし」のプランがないため、上表では表示していない。

【各社個別の条件】
・アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの保険料は、基本保険料で表示(保険の利用状況によって適用される割増引を考慮していない。)
・PS保険は補償開始日時点で生後30日以上120日未満の場合で算出(インターネットによる申込)。
・ペット&ファミリーげんきナンバーわんの保険料は体重7.2kg以下の場合かつ初年度と2年目以降で異なるため、2年目以降の保険料の場合で算出。
・アクサダイレクトの保険料はマイクロチップ装着あり、かつ、保険金支払い実績による割増引制度を考慮しない場合で算出。また、継続契約の保険始期日時点でペットの年齢が満11歳以上となる場合は「プラン50」のみで引受。

【注意事項等】
※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

人気のペット保険の満足度ランキングを確認!

最後に、ペット保険の満足度ランキングもチェックしておきましょう。
「実際に加入している方が満足しているか」どうかも、ペット保険を選ぶうえで参考になる材料のひとつです。

トリセツではペット保険加入者1990人のアンケートに基づいた人気のペット保険会社の満足度ランキングを発表しています。
ここでは満足度ランキング1〜3位をご紹介します。

ランキング1位 PS保険
PS保険

満足度ランキング1位はPS保険。
年間の補償限度総額は最大110万円・補償割合100%のプランもある充実の補償内容に加え、お手頃な保険料が評価されています。
高齢時の保険料も比較的抑えられていて、小型犬がシニアになっても安心できます。

ランキング2位 楽天ペット保険
楽天のペット保険

満足度ランキング2位はあの”楽天”のペット保険です。
補償内容が充実しており、特に手術の補償は年間3回までと手厚いカバーが受けられるので、小型犬の骨折による手術にもきちんと備えられます。
インターネット上で簡単に加入手続きや保険金請求ができる手軽さや、保険料を楽天カードで支払うことで楽天ポイント*を貯められるお得なサービスも評価されています。

*ポイント付与には一定の条件がございます。ポイントプログラムの詳細は楽天ペット保険ホームページをご確認ください。
*保険加入に伴うポイントの付与は、楽天エコシステムによる募集経費の削減効果等を楽天会員に還元する制度です。
*楽天グループのポイントキャンペーン(SPU等)とは異なるプログラムです。

ランキング3位 SBIいきいき少短

より詳しい選考理由や4位以下の結果を見たい方は下記の記事をご覧ください。
保険料や保険金の支払い満足度など項目ごとのランキングも発表しているので、重要視している項目がある場合はぜひチェックしてみてくださいね!

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

※本記事は2020年3月31日時点での情報となります。4月以降のリリース商品、保険商品の改定等は反映されていません。あらかじめご了承ください。
※ランキングの詳細についてはこちらのページをご確認ください。
※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

まとめ

小型犬
ペット保険は愛するワンちゃんの「もしものとき」に備えるための保険です。
普段は好奇心旺盛で愛らしい小型犬にも、かかりやすい病気やケガがあり、治療費が高額になってしまうことが珍しくありません。
大切なペットのためにも、保険選びで後悔することがないように、今回紹介したペット保険選びのポイントなども参考にしてみてください。

小型犬の人気犬種におすすめのペット保険が知りたい方はこちら

チワワやトイプードルなど、犬種ごとにおすすめのペット保険を徹底解説しています!
サイズ別でもかかりやすい病気の傾向は異なりますが、犬種別でもかかりやすい病気は異なります。
健康に過ごすためのお世話のポイントなど、参考になる情報もご紹介していますので、該当する犬種を飼っている方はぜひ読んでみてください!

中型犬・大型犬におすすめのペット保険は?

多頭飼いをされている方やこれから犬をお迎えしたい方など、小型犬以外のペット保険の選び方を確認したい方はこちらの記事もご覧ください。

小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?犬種別の選び方もご紹介!小型犬・中型犬・大型犬にオススメのペット保険は?かかりやすい病気/ケガなど犬種ごとの特徴を理解してあなたの愛犬にぴったりの保険を選びましょう!...

本記事の内容はすべて2021年09月06日時点のものです。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。