会社編

いぬとねこの保険の評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなど

「90%補償のプランがあり、加入年齢は満10歳まで」
「回数制限・日額制限・免責金額がない」
「加齢による保険料の値上がり幅が前年から最大650円とお手頃」
「割引制度・賠償責任特約・獣医師相談サービスがある」

「膝蓋骨脱臼などの補償対象外項目」
「待機期間がある」
「年間の補償限度総額に達すると保険が失効する」

いぬとねこの保険はこんな人におすすめ

さまざまなプランから自分に合った補償内容と保険料を選びたい方

他社と比べて補償が手厚く、90%のプランもあり大変満足している。(和歌山県在住、20代女性)

保険料の値上がり幅がお手頃なペット保険に加入したい方

保険料の料金が、あまり変わらなくて更新する時もあまり悩みません。(兵庫県在住、40代女性)

資料請求公式ページ

目次
  1. 日本ペットの特徴やメリット①「90%補償のプランがあり、加入年齢は満10歳まで」
  2. 日本ペットの特徴やメリット②「回数制限・日額制限・免責金額がない」
  3. 日本ペットの特徴やメリット③「加齢による保険料の値上がり幅が前年から最大650円とお手頃」
  4. 日本ペットの特徴やメリット④「割引制度・賠償責任特約・獣医師相談サービスがある」
  5. 日本ペットの気になる点やデメリットなど
  6. 日本ペットの口コミまとめ
  7. 日本ペットのペット保険はこんな方におすすめ!
  8. 申込み~保険金請求に関する疑問にお答え
  9. 日本ペットの評判について詳しく知りたい方へ

日本ペットの特徴やメリット①「90%補償のプランがあり、加入年齢は満10歳まで」

日本ペット(旧:日本ペットプラス)の「いぬとねこの保険」には、「プラチナプラン」「ゴールドプラン」「パールプラン」の3つのプランがあります。
ここでは、各プランの特徴をご紹介します。

選べるプランが7種類

プラチナプラン ゴールドプラン パールプラン
補償内容 通院・入院・手術 通院のみを補償 手術のみを補償
補償割合 90%、70%、50% 90%、70%、50% 70%のみ
補償限度 日額制限・回数制限なし 日額制限・回数制限なし 日額制限なし・回数制限2回
年間補償限度額 90%プラン⇒90万円
70%プラン⇒70万円
50%プラン⇒50万円
90%プラン⇒90万円
70%プラン⇒70万円
50%プラン⇒50万円
30万円

「いぬとねこの保険」のプランは、通院・入院・手術を補償する「プラチナプラン」をはじめ、通院のみを補償する「ゴールドプラン」や手術のみを補償する「パールプラン」があります。

その中で「プラチナプラン」と「ゴールドプラン」では50%プラン・70%プラン・90%プラン、「パールプラン」では70%プランと補償割合を展開しており、全7種類のプランから自分の希望に沿った商品を選ぶことができます。

数あるペット保険の中で90%補償を用意している保険会社は少なく、50%や70%よりも高い補償を求めている人にとって魅力です。

なお、「パールプラン」はインターネット申込み専用のプランになります。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

満10歳まで加入できる

ペット保険では加入にあたって、年齢制限が設けられています。
「いぬとねこの保険」の年齢制限は、生後31日以上、満10歳まで新規加入できる点も特徴的です。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

プランに関する口コミ

他社と比べて補償が手厚く、90%のプランもあり大変満足している。(和歌山県在住、20代女性)

一番よいプランにすればほとんどの病気やケガが保証されるので、万が一の際に助かる。(埼玉県在住、30代女性)

まだ補償してもらった事はありませんがプラチナプランだと支払い割合が高いので満足しています。(兵庫県在住、40代女性)

日本ペットの特徴やメリット②「回数制限・日額制限・免責金額がない」

「いぬとねこの保険」の「プラチナプラン」「ゴールドプラン」には、回数制限・日額制限・免責金額の設定がありません。
どのような補償内容になっているのか、詳しくご紹介します。

回数・日額制限と免責金額がない

「プラチナプラン」「ゴールドプラン」には、支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がありません。

「パールプラン」も日額制限は設けられていませんが、年間2回までの補償という回数制限があるので注意が必要です。

どのプランも補償対象となる治療費を年間の補償限度総額(通院・入院・手術の年間支払限度額を合わせた金額)に達するまで補償します。
ただし、年間の補償限度総額に達すると保険が失効するので気を付けましょう。

詳しくは「年間補償上限金額に達すると保険が失効する」をご確認ください。

また、どのプランにも免責金額が設定されていません。
「免責金額」とは、治療を受けた際に自己で負担する金額です。
例えば、免責金額が5,000円の場合、3,000円の治療費は補償されず、全額自己負担となります。

「いぬとねこの保険」には免責金額がなく、少額の治療費でも補償してもらえるので、金額を気にせず動物病院を受診することができます。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

保険金の利用に関する口コミ

もし慢性疾患になってしまっても更新可能という点と、回数制限や日額制限などがないということから満足であると言える。(三重県在住、20代女性)

通院や入院だけではなく、手術をした場合その回数にも1回当たりの限度額に制限がないのが一番魅力的だと思った。(和歌山県在住、20代女性)

日本ペットの特徴やメリット③「加齢による保険料の値上がり幅が前年から最大650円とお手頃」

ペット保険に加入するには、補償内容はもちろん、保険料も気になるところです。
「いぬとねこの保険」の保険料は加齢とともにどのように推移していくのか、確認してみましょう。

各プランの保険料をグラフで比較

※横にスクロールしていただけるとすべてのグラフをご覧いただけます。

※プラチナ、ゴールドは補償割合70%の推移です。
※保険料は月払いの金額です。

「いぬとねこの保険」では、小型犬、中型犬、大型犬、猫と保険料が分類されます。
保険料は毎年変わり、3歳まで徐々に値下がりし、6歳から値上がり幅が大きくなりますが、9歳以降からは6~9歳のときと比べて値上がり幅が小さくなるという特徴があります。

「いぬとねこの保険」の加齢による保険料の値上がり幅は、前年から最大650円(※)です。
「いぬとねこの保険」は高齢になってもゆるやかに値上がりするので金銭的な負担を感じず、安心して終身まで続けることができます。

また、「パールプラン」は業界最安水準とHPで明記されており、ワンコイン500円で加入できるプランとなっています。(業界最安水準の理由はこちらのページをご確認ください)


※プラチナプランの補償割合が70%における保険料の値上がり幅(最大650円は猫の9歳から10歳の保険料の差額)
※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

保険料に関する口コミ

以前加入していた保険の保険料より安いのに、補償内容はグレードアップした。(三重県在住、20代女性)

日本ペットの特徴やメリット④「割引制度・賠償責任特約・獣医師相談サービスがある」

「いぬとねこの保険」は割引制度や賠償責任特約、付帯サービスが充実しています。
それぞれどういった特徴があるのか、詳しくご紹介します。

4つの割引制度がある

「プラチナプラン」「ゴールドプラン」には、4つの割引制度があります。
割引内容は以下の通りです。
なお、「パールプラン」に割引制度は適用されません。

●無事故割引
契約期間内(1年間)に保険金の支払いがなかった場合、次年度の保険料が10%割引されます。

●インターネット割引
インターネットから申込んだ場合、保険料が10%割引されます。

●多頭割引
複数頭加入する場合、保険料を1頭につき年間900円割引されます。

●マイクロチップ割引
マイクロチップを装着している場合、保険料が年間600円割引されます。(申込み時にマイクロチップ番号を記入)


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

月90円で賠償責任特約をプラスできる

「プラチナプラン」「ゴールドプラン」で付けられる特約は、賠償責任特約です。
「プラチナプラン」「ゴールドプラン」では、賠償責任特約について以下のように説明しています。

賠償責任特約とは、対象になるペットがあやまって他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いするものです。
いぬとねこの保険では、最高500万円まで補償いたします。

参考元:https://www.nihonpet.co.jp/coverage/

「プラチナプラン」「ゴールドプラン」の賠償責任特約は、月払いで90円(年払いで1,030円)保険料にプラスすると付帯することができます。
損害賠償金だけではなく、訴訟費用や弁護士報酬などの補償にも対応します。

なお、「パールプラン」には賠償責任特約は付帯できません。


※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

24時間いつでも獣医師に相談できる

24時間365日、獣医師に無料で相談できるサービスが、24時間ペット健康相談サービスです。
ペットとの暮らしの中で体調が気になったり、動物病院に行った方がいいか迷ったりしたときに、電話で気軽に獣医師に相談できるのでとても頼りになります。
なお、通信料は契約者の負担となります。

※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

割引・賠償責任特約・付帯サービスに関する口コミ

インターネットで検索して選びました。ネットから契約すると割引してくれたからです。年を取った犬でも保険に入れて、とても助かりました。さらにマイクロチップ割引もあって、お得です。(兵庫県在住、40代女性)

賠償責任特約をつけていると、散歩時も安心していられる。(和歌山県在住、20代女性)

医療相談があるのは心強い。(愛知県在住、40代女性)

日本ペットの気になる点やデメリットなど

ここまで特徴やメリットを紹介してきましたが、もちろん気になる点やもあります。
どんな内容なのか、しっかり確認して納得したうえで選ぶことが大切です。
ここでは、「いぬとねこの保険」の気になる点をご紹介します。

気になる点やデメリット①「膝蓋骨脱臼などの補償対象外項目」

「いぬとねこの保険」では、以下の疾患は補償対象外に指定されています。

・涙やけ
・膝蓋骨脱臼
・股関節形成不全症
・レッグペルテス
・てんかん
・チェリーアイ
・気管虚脱

参照元:https://www.nihonpet.co.jp/coverage/

なお、これらの補償対象外は抜粋したものです。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

気になる点やデメリットなど②「待機期間がある」

「いぬとねこの保険」には待機期間が設定されています。
「いぬとねこの保険」では、待機期間を以下のように説明しています。

新規加入の場合、病気については責任開始日から30日間(がんの場合は60日間)の待機期間があります。
待機期間中に発症した病気については補償の対象となりませんのでご注意下さい。
なお、けがについては待機期間はありません。

参照元:https://www.nihonpet.co.jp/flow/

「いぬとねこの保険」では、病気の場合は責任開始日から30日間、ガンの場合は責任開始日から60日間の待機期間があり、待機期間中に発症した病気は補償の対象とはなりません。(待機期間はケガには設定されていません。)

なお、「いぬとねこの保険」は責任開始日と契約日が異なります。
インターネットで申込みすると、場合によって申込日の午前0時から責任開始となることがあります。
一方、契約日(保険料の発生日)は責任開始月の翌月1日です。
責任開始日から契約日までの期間が発生するわけですが、電話で問い合わせたところ、その間の保険料はかからず、ケガで治療を受けた場合は無料で補償を受けることができるそうです。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

気になる点やデメリットなど③「年間の補償限度総額に達すると保険が失効する」

「いぬとねこの保険」で見落としがちなのが、年間の補償限度総額を超えると保険契約が失効となることです。

年間の補償限度総額はそれぞれ、「プラチナプラン」「ゴールドプラン」の50%プランでは50万円、70%プランでは70万円、90%プランでは90万円となっており、「パールプラン」では30万円です。
「いぬとねこの保険」は支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がないので、高額な治療費がかかったとき一気に年間の補償限度総額に達してしまう可能性があります。

保険期間中に年間補償限度額に到達した場合は、保険契約自体が失効(ご契約の効力をその時以降失うこと)いたします。

参照元:重要事項説明書

上述したように、「いぬとねこの保険」には補償割合に合わせて年間の補償限度総額が設定されています。
この金額に達すると、保険契約は失効し、契約が復活することもありません。

治療費が高額になると設定された金額に達する可能性があるので、そのリスクも考えたうえで加入を検討しましょう。

※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

日本ペットの口コミまとめ

口コミは、ペット保険選びの際に参考となる情報の一つです。
「いぬとねこの保険」を実際に利用している方の口コミをまとめてみました。
加入してよかった点と改善してほしい点に分けてご紹介します。

加入して良かった点

だいたい申請後、2週間から3週間で入金される。カードの支払いにも間に合うので助かります。(大阪府在住、20代女性)

いつも親身になっていただいてほんとうに感謝しています。(愛知県在住、10代女性)

補償が手厚く、他社と比べてあまり大きなデメリットはないと思った。(和歌山県在住、20代女性)

改善してほしい点

病院で直接保険金を差し引いた支払いができたらもっといい。(大阪府在住、20代女性)

手続きがネットで出来るといいなと。(神奈川県在住、50代男性)

犬が健康なので保険料を請求した事がありません。保険料を請求していない人に何かプレゼントとかが欲しいです。(兵庫県在住、40代女性)

日本ペットのペット保険はこんな方におすすめ!

これまで、「いぬとねこの保険」の特徴をご紹介してきました。
「いぬとねこの保険」はどういう方に向いているのでしょうか。
こちらもペット保険選びの参考にしてみてください。

さまざまなプランから自分に合った補償内容と保険料を選びたい方

「いぬとねこの保険」には7種類のプランがあり、さまざまなニーズに対応しています。
通院・入院・手術をトータルで備えたいのなら「プラチナプラン」、多くなりがちな通院のみに備えたいのなら「ゴールドプラン」、治療費が高額になりがちな手術のみに備えたいのなら「パールプラン」がおすすめです。

<加入者の口コミ>

他社と比べて補償が手厚く、90%のプランもあり大変満足している。(和歌山県在住、20代女性)

一番よいプランにすればほとんどの病気やケガが保証されるので、万が一の際に助かる。(埼玉県在住、30代女性)

免責なしのプランのため、負担額が少なくて助かる。(大阪府在住、20代女性)

口コミにもあるように、しっかり備えたいのであれば補償範囲が広く補償割合が高いプランを、保険料を抑えたいのであれば補償範囲が狭く補償割合が低いプランを選ぶなど、自分に合った条件でペット保険を決めましょう。

保険料の値上がり幅がお手頃なペット保険に加入したい方

「いぬとねこの保険」の保険料は、年齢に伴って徐々に値上がりしていきます。
その特徴に魅力を感じている方が多く、以下のような声が寄せられています。

<加入者の口コミ>

他の保険会社さんだと年齢が上がるにつれ保険料が跳ね上がっていきますが月々の保険料が安い事に満足しています!(北海道在住、20代女性)

保険料の料金が、あまり変わらなくて更新する時もあまり悩みません。(兵庫県在住、40代女性)

保険料が大きく変動しないペット保険への加入を考えている方は、「いぬとねこの保険」は選択肢の1つになるでしょう。

申込み~保険金請求に関する疑問にお答え

ペット保険の申込み方法や条件などは、ペット保険会社によって異なります。
加入しようとしているペットが、対象商品の条件をクリアしているのかどうか、希望する補償が含まれているかどうかなど、事前に確認することは重要です。
保険金の請求方法や支払いに関しても事前にチェックして、納得したうえで申込みましょう。

加入する条件は?

「いぬとねこの保険」の加入条件は以下の通りです。
加入するには、これらの条件を満たす必要があります。

・家庭で愛玩用として飼われている犬か猫であること(興行用、闘犬用、賭犬、猟犬である場合は加入不可)
・責任開始日時点での年齢が生後31日以上満10歳までのペットであること
・原則として加入時にペットが健康体であること
・契約者が国内在住の満20歳以上

参照元:https://www.nihonpet.co.jp/faq/cat04/post_30.html

なお、申込むペットが満7歳以上で、かつ「プラチナプラン」の90%プランもしくは「ゴールドプラン」の90%プランを希望する場合は、紙の申込書による手続きと保険会社指定の健康診断書の提出が必要になります。

保険金の請求方法は?

「いぬとねこの保険」は一旦動物病院に治療費を支払い、後日明細書などの必要書類を保険会社に送って保険金を請求する「後日精算型」のペット保険です。

「いぬとねこの保険」では保険金を請求する際、保険金請求書を作成をする必要があります。
手順は以下の通りです。

①動物病院で支払い
治療費の全額を動物病院で支払い、診療領収明細書を受け取ります。

②保険金請求書の作成
保険金請求書に必要事項を記入します。

保険金請求書はHPからダウンロードできます。
ダウンロードや印刷ができない場合は、保険会社に連絡して送付してもらいます。

③必要書類を郵送
準備した保険金請求書と動物病院発行の診療領収明細書(原本)を保険会社に送付します。

動物病院で診療領収明細書が発行されない場合は、保険会社指定の診療領収明細書へ獣医師に記入してもらう必要があり、その際に文書作成費用などがかかった場合は自己負担となります。

なお、保険金の請求ができるのは、保険証券に記載された被保険者または被保険者の配偶者か同居の親族のみです。

④保険金の受取り
完備された書類が到着後、30日以内に指定の口座に保険金が振り込まれます。

日本ペットの評判について詳しく知りたい方へ

下記のページでは、当サイトで実施したアンケートを元に、項目ごとの満足度をグラフにし、合わせて満足度の高い口コミ、満足度の低い口コミを掲載しています。
実際に加入している方のご意見もペット保険を選ぶ際の参考にしてみてください。

【ペット保険の口コミ】いぬとねこの保険の評判や満足度は?ペット保険を選ぶ中で、実際にペット保険に加入している方の評判や満足度を参考にする方も多いのではないでしょうか。ここでは、日本ペットが提供しているペット保険の特徴と合わせて、加入者の満足度や口コミを項目ごとにご紹介します。...


※このページは、日本ペットの「いぬとねこの保険」の商品概要を説明したものです。商品の詳細については日本ペットのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「いぬとねこの保険」に関する重要事項についてご説明しています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。

資料請求公式ページ