入門編

動物病院の利用回数ってどのくらい?実際にかかる費用は?

ペットの病気やケガの治療には、どれくらいの費用がかかるかご存知ですか?
ペットの分類や病気の進行状態によって変わってきますが、万が一の治療費の支出に備えるために、動物病院の利用回数や治療費の目安を知っておきましょう。

また、ペット保険を検討されている方は、どのペット保険にしようか迷っている方も多いかと思います。これから紹介する情報もペット保険選びの参考にしてみてください。

動物病院を利用する回数は年間でどのくらい?

ペットが病気やケガをしてしまった際に利用する動物病院。実際にどのくらいの頻度で利用するのか気になる方もいるのではないでしょうか?
ここでは、一般社団法人ペットフード協会が行った調査結果を元に、犬の場合はどのくらい動物病院を利用しているのかを確認していきましょう。

年齢別に見る動物病院の利用回数

一般社団法人ペットフード協会が調査した「犬 飼育・給餌実態と支出」では、犬が1年間で動物病院へ行った回数が年齢別で紹介されています。

動物病院へ行った回数

0歳(幼年期)は4~6回(28.6%)、1~6歳(成年期)は2~3回(29.4%)、7歳以上(高齢期)は2~3回(30.4%)が一番多くなっています。

もちろん、1年を通して受診していない犬もいれば、11回以上動物病院へ行った犬もいるので、個体によって動物病院の利用回数は異なります。

動物病院で発生する費用は?

動物病院を利用する際、当然ですが治療費を始めとした費用が発生します。

アイペットの「ペットの支出に関する調査」によると、年間のペット関連の支出で一番多く感じるものについて尋ねたところ、犬の飼い主では約40%、猫の飼い主では約47%が「病気やケガの治療費」の支出と答えました。

ペットの支出に関する調査

また、ペットが高齢になったとき一番お金がかかると思うものとしても、85%以上の飼い主が「病気やケガの治療費」と回答しています。
ペットには人間にように公的な保険制度がなく、病気やケガの治療で発生する支出は人間と比べて多くなる場合があります。

それでは実際にかかる費用はどのくらいなのでしょうか?
ここからは手術で発生する費用、犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットの年間診療費について確認していきましょう。

手術費用で保険金請求が多い傷病

アイペットの「ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2019」では、手術での保険金請求が多い傷病のランキングが参考診療費と合わせて紹介してあります。

保険金請求が多い傷病
※参考診療費等は一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

例えば、犬の第1位の皮膚腫瘍を手術で摘出した例では90,400円、猫の第1位の異物を開腹手術で摘出した例では220,800円が参考診療費となっています。

ペットの分類別の年間診療費

アニコムの「家庭どうぶつ白書2017」では、犬種別・猫種別・鳥・うさぎ・フェレットの年間診療費(犬種別・猫種別では0~12歳での平均、鳥・うさぎ・フェレットでは0~6歳での平均)を紹介しています。

●犬種別の年間診療費
犬種別の年間診療費
※年間診療費等は一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

例えば、チワワでは60,194円、トイプードルでは56,447円となっています。

●猫種別の年間診療費
猫種別の年間診療費
※年間診療費等は一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

例えば、スコティッシュフォールドでは43,372円、アメリカンショートヘアでは50,842円となっています。

●鳥・うさぎ・フェレットの年間診療費
鳥の年間診療費

うさぎの年間診療費 フェレットの年間診療費

※年間診療費等は一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

鳥では36,757円、うさぎでは54,443円、フェレットでは91,171円となっています。

ペット保険は治療費に備える1つの方法

動物病院の年間利用率や年間診療費のデータから考えると、ペットの治療費に備える必要性を感じてきませんか?
ペットの治療費に備える1つの方法として、ペット保険があります。

ペット保険とは?

ペット保険とは、大切な家族であるペットが、病気やケガで動物病院を受診する際、診察でかかった治療費を補償してくれる保険です。

ペット保険に加入することで、治療費に対する負担を軽減できますし、費用を気にせず最適な治療法を選択することにも繋がります。
また、金銭面の負担が軽減されるので、ペットの体調が気になったとき、気軽に動物病院を受診できるようになります。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

ペット保険を会社別に比較

ペット保険は、それぞれの保険会社によって商品の特徴が異なります。
そのため、保険料や補償内容、加入条件などを比較することが、ペット保険選びのポイントです。

下記ページでは、14社のペット保険会社を比較しているので、こちらも参考にしてみてください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

満足度が高いペット保険は?

ペット保険を比較するにあたって参考の1つとなるのが、実際に加入している契約者の評判や口コミです。

下記ページでは、ペット保険の契約者を対象にアンケート調査を行い、ペット保険の満足度をランキング形式で紹介しています。
総合満足度ランキングをはじめ、保険料や補償範囲、補償割合などさまざまなカテゴリでのランキングを出しているので、ぜひご覧ください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

専門用語の解説はこちら

ペット保険の専門用語を知っておくと、よりペット保険を理解することができます。
用語集」では、ペット保険で使われる専門用語を分かりやすく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

なお、保険会社によって、解説内容とは異なる場合があるので、不明点があれば各保険会社に問い合わせましょう。

まとめ

個体差はあるものの、ペットにかかる治療費の目安を知っておくと、万が一に備えて支出の準備をしておくことができます。
そのもしものときの治療費に備える1つの方法が、ペット保険です。
紹介した動物病院の年間利用率や年間診療費のデータを踏まえ、どんな補償内容にするか検討してみてください。