入門編

猫にペット保険は必要?選ぶポイントは?

猫を飼っている方の中で、ペット保険への加入を迷われている方も多いのではないでしょうか。
ペット保険は、犬猫を補償の対象としているものがほとんどです。
ですが、いざペット保険を選ぼうとしても、数が多くなかなか決められないこともあるでしょう。

ここでは、猫がペット保険に加入する必要性や加入している方の口コミを紹介した上で、ペット保険を選ぶときのチェックポイントを項目ごとに解説します。

合わせて、ペット保険への加入を検討する際に役立つコンテンツも掲載しています。こちらも参考にしてみてください。

猫にペット保険は必要?

「猫にペット保険は必要?」と思って、ペット保険への加入を迷われている方もいるのではないでしょうか。
ペット保険が必要な理由や、実際に加入している方の声を確認してみましょう。

治療費に備えることができる

ペット保険とは、ペットが病気やケガで動物病院を受診する際、診察でかかった治療費を補償してくれる保険です。

アイペットの「ペットの支出に関する調査」によると、年間のペット関連の支出で一番多く感じるものについて尋ねたところ、猫の飼い主では約47%が「病気やケガの治療費」の支出と答えました。

また、アニコムの「家庭どうぶつ白書2017」で紹介されている、猫種別の年間診療費(0~12歳での平均)では、3万円を超えるデータが算出してあります。

このように、猫に治療が必要になると費用がかかります。
そのため、ペット保険に加入しておいた方が、もしものときの治療費に備えることができます。

動物病院の利用回数ってどのくらい?実際にかかる費用は?ペットとの暮らしの中で気になるものの1つといえば、治療費ではないでしょうか?本記事では、年間を通して、どのくらい動物病院を利用率するのか、分類別の年間診療費などを資料とともに紹介。ペット保険への加入を検討中の方も参考にしてみてください。...

「加入してよかった」という声も


病気やケガはいつするか分からないのはもちろん、思いのほか治療費がかかってしまう場合も考えられます。
そんなとき、ペット保険に加入しておくと自己負担を減らすことができます。

猫のペット保険を選ぶポイント

さまざまな保険会社やプランがあるので、いざペット保険を選ぼうと思ってもなかなか決められない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、商品やプランをチェックする際のポイントに沿って、各ペット保険をご紹介します。

保険料は猫種によって異なることは少ない

ペット保険の保険料は、犬の場合、小型犬・中型犬・大型犬と犬種ごとに保険料が決まっていることが多いですが、猫の場合はどんな猫種でも同じ保険料に設定されているプランがほとんどです。
猫は犬のように品種によってサイズに大きな違いがないことが、理由として挙げられます。

※商品やプランによっては猫種によって保険料が異なります。

補償範囲を考える

ペット保険の補償タイプは、主に下記の2タイプがあります。

・通院・入院・手術を補償する「フルカバータイプ」
・入院のみ、手術のみといった補償範囲を限定する「特化型」

フルカバータイプの保険は日頃の通院から、もしものときの入院・手術まで幅広くカバーしているのが特徴です。
一方、特化型の保険は補償範囲を限定しているため、保険料が安い傾向にあります。

下記は、当サイトで紹介している保険会社を補償タイプ別にまとめたものです。
何に備えたいかを検討し、ご自身のペットに合った補償タイプを用意しているペット保険を選びましょう。

<フルカバータイプのプランを用意している保険会社>
PS保険
楽天ペット保険
SBIいきいき少短
アイペット
FPC
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)
au損保
ペッツベスト
アニコム
アクサダイレクト
ペット&ファミリー
日本ペット
イーペット
イオン

<入院・手術のみのプランを用意している保険会社>
楽天ペット保険
アイペット
SBIプリズム少短(旧:日本アニマル倶楽部)
au損保
アニコム

<通院のみ、手術のみのプランを用意している保険会社>
日本ペット

<ケガのみのプランを用意している保険会社>
イオン

※上記は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

どのくらいの補償を受けたいかを考える

治療費の何割を保険金として支払ってもらえるのかは、各社が提供するペット保険に設定された「補償割合」によって決まります。

補償割合は、治療費の何割を保険金として支払ってもらえるのかを示すもので、一般的に50%や70%が多く、中には100%の商品もあります。
なお、各商品ごとに設定されている補償対象外項目が治療費に含まれている場合は、対象外となっている費用を除いた金額から計算されます。

下記に各保険会社が用意している補償割合を表にまとめました。

保険会社 補償割合
PS保険 50%
70%
100%
楽天ペット保険 50%
70%
90%(※1)
SBIいきいき少短 50%
70%
アイペット 50%
70%
90%(※1)
FPC 50%
70%
SBIプリズム少短※日本アニマル倶楽部 100%
au損保 50%
70%
ペッツベスト 60%
80%
アニコム 50%
70%
アクサダイレクト 50%
70%
ペット&ファミリー 50%
70%
日本ペット 50%
70%
90%
イーペット 50%
70%
イオン 50%
70%

※1 手術・入院プランのみ

※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数が定められています。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款などでご確認ください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。

・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

保険金の支払限度額を確認する

ペット保険は1年間で受け取れる保険金の支払限度額(年間の補償限度総額)が決まっています。
その中で1日あたりの支払限度額と年間の限度日数(回数)の有無によって、以下の2つに分けられます。

・定率補償タイプ
補償対象となる治療費に対して、年間の補償限度総額に達するまで、一定割合(50%・70%など)の補償を受け取ることができるタイプです。

・定額補償タイプ
補償対象となる治療費に対して、通院・入院・手術それぞれに設定されている1日あたりの限度額と年間の限度日数(回数)内で、一定割合(50%・70%など)の補償を受けることができるタイプです。

各保険会社の1日あたりの支払限度額と年間の限度日数(回数)を表にまとめました。

保険会社 補償範囲 補償割合 年間の限度日数(回数) 1日あたりの支払限度額
PS保険 通院・入院・手術 50%
70%
100%
通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
楽天ペット保険 通院・入院・手術 50% 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
入院・手術のみ 90% 入院は年間25日まで
手術は年間3回まで
入院は25万円まで
手術は50万円まで
SBIいきいき少短 通院・入院・手術 50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
アイペット 通院・入院・手術 50% 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
入院・手術のみ 90% 入院は手術1回につき10日まで 手術は50万円まで
FPC 通院・入院・手術 50%
70%
通院は年30日まで
入院は3入院まで(※1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
SBIプリズム少短 通院・入院・手術 100%
(グリーンプランII)
通院・入院は年間60日まで
手術は年2回まで
通院は6,000円まで
入院は1万2,000円まで
手術は9万円まで
100%
(プレミアムオレンジプランII)
通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術は年2回まで
通院は5,000円まで
入院は10,000円まで
手術は6万円まで
入院・手術のみ 100% 入院は年30日まで
手術は年2回まで
入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
au損保 通院・入院・手術 50% なし
(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで)
70% なし
(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
入院・手術のみ 50% なし
(入院・手術は年50万円まで)
70% なし
(入院・手術は年70万円まで)
ペッツベスト 通院・入院・手術 60%
80%
ミニは年20万円まで
フィットは年50万円まで
ワイドは年100万円まで
アニコム 通院・入院・手術 50% 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
入院・手術のみ 70% 入院は20日まで
手術は年2回まで
入院は1万4,000円まで
手術は50万円まで
アクサダイレクト 通院・入院・手術 50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
ペット&ファミリー 通院・入院・手術 50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
日本ペット 通院・入院・手術/通院のみ 50% なし(年50万円まで)
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
手術のみ 70% なし(年30万円まで)
イーペット 通院・入院・手術 50%
70%
なし(年60万円まで)
イオン 通院・入院・手術/ケガのみ 50% 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※1 入院してから退院するまでを1入院としてカウント

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款などでご確認ください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

補償対象外の傷病を確認する

ペット保険は、商品によって補償対象外となる項目が設けられています。
中には、特定の病気やケガを補償対象外項目に指定している商品もあり、猫がかかりやすい病気が補償対象外項目に含まれていないか、加入前に確認することも大切です。

各保険会社の猫がかかりやすい病気に対する補償について表にまとめました。
※猫がかかりやすい病気は、アクサダイレクトが算出したデータを基にご紹介しています。

保険会社 結膜炎 外耳炎 腎不全 皮膚炎 胃腸炎 膀胱炎
PS保険
楽天
SBIいきいき少短
アイペット
FPC
SBIプリズム
au損保
ペッツベスト
アニコム損保
アクサダイレクト
ペット&ファミリー
日本ペット
イーペット
イオン

※◯は各商品の約款で、上記で掲げている病気・ケガが補償対象外と定められていないことを示します。
※△は12歳の猫で新規加入した場合、慢性腎不全は補償対象外であることを示しています。

今回紹介した猫がかかりやすい病気は、ほとんどの保険会社で補償対象外に設定されていません。
ただし、ペッツベストは12歳の猫で新規加入した場合、慢性腎不全は補償対象外となります。

猫は泌尿器系の疾患にかかりやすく、特に高齢の猫は腎不全に注意しなければなりません。
慢性腎不全になると、長期的な治療が必要になります。
数ヶ月にわたって食欲不振や水を多く飲むなどがあれば、動物病院を受診してみましょう。

※上記は当サイトの見解です。詳細は各社の公式サイトや重要事項説明書等でご確認ください。
※表は補償対象外となる全ての病気・ケガを記したものではありません。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※実際の保険金の支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。
※上記は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

補償が開始されるタイミングを確認する

ペット保険によっては「待機期間」が設定されているものがあります。
待機期間とは、保険期間が開始された後でも一定の期間中にかかった傷病については補償の対象外となる期間のことです。

各保険会社の待機期間については、下記の表にまとめました。
待機期間を確認して、補償が開始されるタイミングを把握しておきましょう。

保険会社 待機期間
PS保険 なし
楽天ペット保険 病気は30日間
SBIいきいき少短 病気は1ヶ月間
アイペット なし
FPC なし
SBIプリズム少短※日本アニマル倶楽部 ガンは45日間
au損保 病気は30日間
ペッツベスト 病気は30日間
ガンは60日間
アニコム 病気は30日間
アクサダイレクト 病気は30日間
ガンは120日間
ペット&ファミリー <げんきナンバーわん>
病気は30日間
ガンは90日間
<げんきナンバーわんスリム>
ケガは15日間
病気は30日間
ガンは90日間
日本ペット 病気は30日間
ガンは60日間
イーペット 病気は15日間
イオン なし

※上記は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

免責金額について確認する

「免責金額」とは、治療を受けた際に自己負担する金額です。
例えば、免責金額が3,000円の場合、治療費が2,000円だと保険金は支払われず、全額自己負担となってしまいます。

各保険会社の免責金額について表にまとめました。
低額な治療費も補償して欲しい場合は、免責金額の有無もよく確認しましょう。

保険会社 補償範囲 免責金額
PS保険 通院・入院・手術 なし
楽天ペット保険 通院・入院・手術 なし
入院・手術のみ
SBIいきいき少短 通院・入院・手術 ライトプランの場合
プラン50は1日あたり5,000円
プラン70は1日あたり7,000円
アイペット 通院・入院・手術 なし
入院・手術のみ 3万円
FPC 通院・入院・手術 なし
SBIプリズム少短
※日本アニマル倶楽部
通院・入院・手術 なし
入院・手術のみ
au損保 通院・入院・手術 なし
入院・手術のみ
ペッツベスト 通院・入院・手術 2万円、5万円、10万円のいずれか
(プランによって異なる)
アニコム 通院・入院・手術 なし
入院・手術のみ
アクサダイレクト 通院・入院・手術 なし
ペット&ファミリー 通院・入院・手術 げんきナンバーわんスリムは
1日あたり3,000円
日本ペット 通院・入院・手術
通院のみ
なし
手術のみ
イーペット 通院・入院・手術 なし
イオン 通院・入院・手術
ケガのみ
1回あたり5,000円

※上記は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

窓口精算にしたいか考える

保険金を受け取る方法は会社によって「後日精算」と「窓口精算」の2種類に分かれます。

多くのペット保険は後日精算で、一旦治療費の全額を動物病院で支払い、後日明細書などを保険会社に送って保険金を請求します。

窓口精算では、ペット保険の保険証を提示することでその場で保険が適用されるため、動物病院での支払いは診療費から保険金を引いた金額となります。
書類を用意するといった手間が省けるので、気軽に利用できます。

窓口精算に対応しているプランは以下の3つです。
なお、窓口精算に対応していない動物病院で発生した費用は、後日精算になるので注意しましょう。

保険会社|商品 対応病院数
アニコム損保|どうぶつ健保ふぁみりぃ、どうぶつ健保しにあ 約6,500(※1)
アイペット|うちの子 4,851(※2)
ペット&ファミリー|げんきナンバーわん 299(※3)

※1 2020年3月現在
※2 2020年7月14日現在
※3 2020年4月30日現在(当社調べ)

※上記は保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アイペット/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書

ペット保険選びに役立つコンテンツ

ペット保険にはさまざまなプランがあり、プランによって細かい設定があります。
上述した選び方のほか、ここで紹介する情報もペット保険選びにお役立てください。

ペット保険の基礎を知りたい方へ

ペット保険に初めて加入される方は、「ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと」で、まずは基本的な情報を確認していきましょう。
ペット保険が補償するものやペット保険に加入するメリットなど、ペット保険の基礎知識を詳しくまとめています。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

加入者の満足度が高いペット保険を知りたい方へ

「ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査」では、ペット保険の契約者を対象に行ったアンケート調査に基づいて、ペット保険の満足度ランキングを紹介しています。
実際にペット保険に加入している方の評判や満足度は、ペット保険選びの参考になります。
保険料や補償範囲など、カテゴリ別の満足度ランキングも比較の参考にご利用ください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

14社の特徴と気になる点を比較したい方へ

「おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説」では、補償内容や特徴、気になる点を会社別に紹介しています。検討中の商品があれば、こちらの情報も参考にしてみてください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

まとめ

ペット保険は、プランによって特徴や気になる点が異なります。
しっかり比較・検討して、ご自身に合うペット保険を見つけましょう。
保険金の精算方法や補償の範囲などを考慮して、ペット保険を選ぶことも大切です。

病気やケガはいつするか分からず、場合によっては治療費が金銭的な負担になることもあります。
万が一に備えて、ペット保険を検討してみてはいかがでしょうか。