入門編

猫にペット保険は必要?貯金でもいい?メリット・デメリットを考察!

猫を飼っている方の中で、ペット保険への加入を迷われている方のなかにはこんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「ペット保険って必要?貯金でもいい?」
「ペット保険のメリット・デメリットは?加入率は?」
「そもそも猫の治療ってどのくらい費用がかかるの?」

本記事では猫のペット保険のメリット・デメリット、実際に加入している方の口コミ、猫の傷病ランキングなど解説します。ペット保険への加入を検討する際の参考にしてみてください。

猫のための保険!ペット保険とは?

日本には「国民健康保険」という制度があり、保険証を提示すると基本的に3割負担で治療を受けることができます。
では、ペットである猫の場合はどうでしょうか?実は、猫には人間のような公的な保険制度はないため、治療にかかった費用は基本的に全額自己負担となります。

大切な家族である猫の治療費に備える手段のひとつがペット保険です。保険料を支払うことで、猫がケガや病気になってしまった際の治療費の負担が軽減されます。
治療費以外にも獣医師への相談ができるなどのサービスを用意しているプランもあります。

「加入してよかった」という声も


病気やケガはいつするか分からないのはもちろん、思いのほか治療費がかかってしまう場合も考えられます。
そんなとき、ペット保険に加入しておくと自己負担を減らすことができることがあります。

猫にかかる診療費は?高額になることもある?

年々加入率が増加しているペット保険ですが、結局、入ったほうがいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。
ここでは、ペット保険の必要性を検討する材料として、まずは猫を飼っているとどのくらいの医療費がかかるのかを確認してみましょう。

<猫の年齢別>年間診療費の平均値

まずは、猫の年齢別に年間診療費の平均値を確認してみましょう。

猫の年齢 年間診療費の平均値
0歳 19,024円
1歳 13,744円
2歳 13,645円
3歳 17,880円
4歳 22,014円
5歳 25,485円
6歳 28,766円
7歳 31,736円
8歳 36,102円
9歳 49,734円
10歳 61,671円
11歳 63,116円
12歳 78,268円

参照元:アニコム損保|家庭動物白書2019

10歳、11歳、12歳など高齢になると、猫の年間診療費の平均値は5万円を超えてくることがわかります。この金額はあくまで平均値なので、この額より少ないこともあればより多くの治療費がかかることもあります。
また、0歳など子猫のうちでも治療費がかかるケースもあるようです。

猫がかかりやすい傷病ランキングと治療費

飼っている猫にペット保険が必要かを考える際には、どういった病気・ケガが多いのかどのくらいの費用がかかるのかを知ることも判断材料になります。ここでは猫の総合傷病ランキングを紹介します。下記のランキングによると平均診療費が数万円になることもあるようです。

1位 下痢 9,700円
2位 膀胱炎 13,600円
3位 皮膚炎 8,700円
4位 腎不全 33,500円
5位 異物誤飲 75,600円

引用元:アイペット/ペットの傷病ランキング2018

猫の下痢の請求事例

一般的に通常よりも便の水分量が増した状態を下痢といいます。下痢の原因は消化不良やウィルスの感染などさまざまな原因が考えられます。この下痢は上述の猫の総合傷病ランキングで1位となっています。

ミックス(7歳)

傷病名 下痢
通院回数 3回
入院日数 なし

診療項目 数量 金額
診察料 3 1,848円
検査料 1 2,052円
下痢パネル 1 12,344円
内服薬 1 1,026円
合計 17,270円

引用元:アクサダイレクト/猫の保険金請求事例

猫の膀胱炎の請求事例

膀胱炎は猫のかかりやすい病気として挙がることもあります。膀胱炎は膀胱に何らかの原因で炎症が起きている状態をさします。細菌性、突発性など原因特定の検査が行われることもあります。

ミックス(1歳)

傷病名 膀胱炎
通院回数 14回
入院日数 5日間

診療項目 数量 金額
初診料 1 500円
処置料金 3 1,870円
注射(抗生剤) 2 4,000円
注射(消炎・止血剤) 1 2,000円
検査料(尿・鏡・血液) 14 23,800円
内用薬 9 20,100円
入院費 5日間 15,300円
合計 67,570円

引用元:アクサダイレクト/猫の保険金請求事例

ペット保険の保険金支払事例

次に、ペット保険に加入していた場合にどのくらい保険金を補償してもらえるのか、猫の保険金支払事例を確認してみましょう。

【表2】<通院・入院費用>猫(ミックス)が膀胱炎になった場合の例

診療項目 金額
初診料 500円
処置料金 1,870円
注射(抗生剤) 4,000円
注射(消炎・止血剤) 2,000円
検査料(尿・鏡・血液) 23,800円
内用薬 20,100円
入院費(5日間) 15,300円
合計 67,570円
ペット保険の補償額
(アクサダイレクトプラン70の場合)
47,299円
飼い主の自己負担額 20,271円

参照元:アクサダイレクト|猫の保険金請求事例

【表3】<手術・入院費用>猫(アメリカン・ショートヘア)が異物誤飲し、お腹を切って摘出手術した場合の例

診療項目 金額
診察 1,500円
入院(5泊6日) 27,000円
検査 10,000円
全身麻酔 15,000円
手術 130,000円
点滴 20,000円
注射 6,000円
処置 10,000円
お薬 1,300円
合計 220,800円
ペット保険の補償額
(うちの子70%プランの場合)
154,560円
飼い主の自己負担額 66,240円

参照元:アイペット|アメリカン・ショートヘア ‐ かかりやすい病気・ケガ

手術を行った場合など、猫の治療費は高額になることもあるようです。そんなときペット保険に加入していると、飼い主の負担は少なくなるかもしれません。

とはいえ、ペット保険が必要かいらないかは、様々な観点から検討することが大切です。入るとしたらいつ・何歳から入るか、入らないとしたらどうやって治療費に備えるかなど、一度考えてみましょう。

※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款などでご確認ください。

猫にペット保険は必要?メリット、デメリットは?

「猫にもペット保険は必要なの?」と思って、ペット保険への加入を迷われている方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、ペット保険のメリットやデメリット、実際に加入している方の声などをご紹介します。

ペット保険の特徴やメリット

治療費に備えることができる

ペット保険とは、動物のための保険です。ご家庭のペットである動物が病気やケガで動物病院を受診する際、一部の費用をカバーしてもらうことができるため、自己負担額を抑えることができます。

アイペットの「ペットの支出に関する調査」によると、年間のペット関連の支出で一番多く感じるものについて尋ねたところ、猫の飼い主では約47%が「病気やケガの治療費」の支出と答えました。

また、アニコムの「家庭どうぶつ白書2017」で紹介されている、猫種別の年間診療費(0~12歳での平均)では、3万円を超えるデータが算出してあります。

このように、猫に治療が必要になると費用がかかります。
そのため、ペット保険に加入しておいた方が、もしものときの治療費に備えることができます。

幸いにも、今のところこれといった病気にかかっていませんので、保険の効果がわからないのです。ただ、もしも、に備えているという安心感はあります。(香川県在住、30代女性)

家族の一員だし、万一にも備えられるから。(大阪府在住、40代女性)

動物病院の利用回数ってどのくらい?実際にかかる費用は?ペットとの暮らしの中で気になるものの1つといえば、治療費ではないでしょうか?本記事では、年間を通して、どのくらい動物病院を利用率するのか、分類別の年間診療費などを資料とともに紹介。ペット保険への加入を検討中の方も参考にしてみてください。...

動物病院を受診しやすくなる

ペット保険は補償割合に応じて、治療費が補償されるので、治療費の自己負担を減らすことができます。猫の体調が悪そう、普段と様子が違うといった場合に、治療費が全額負担だと「少し様子をみよう、、」と思うこともあるかもしれません。

しかし、猫の体調が悪そうであったり、普段と様子が違ったりした際に早めに治療を開始することがペットの健康には大切だと考えられます。

「ペット保険で治療費の一部が負担してもらえる」と安心感があることで、受診のハードルが下がり、早期発見、早期治療に繋がることもあります。

保険に入っていたので躊躇せずに病院に行け、癌のしこりを早期発見できました。(大阪府在住、20代女性)

特にまだ補償されたことはないが、何かあった時の安心材料となっているため。大きな病気をした時も補償があることで安心して治療を受けさせられると思う。(福岡県在住、20代女性)

※保険金には、診療形態(通院・入院・手術)ごとに定める支払限度額とそれぞれに対応する限度日数または限度回数があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款などでご確認ください。

ペット保険の気になる点やデメリット

保険料がかかる

ペット保険は掛け捨てタイプに保険になっていることなどから、病気やケガをあまりしない健康な猫の場合は、保険料が保険金を上回ることもあります。そのため、保険料が無駄になってしまったと感じるケースもあるかもしれません。

ペット保険は「万が一」への備えのため、上記のようなケースも考えられますが、「万が一」の際には自己負担を減らしてもらえます。飼い主と猫にとって必要以上の補償内容となり保険料が高くなりすぎないように、補償内容や飼育環境などを鑑みて適した保険を選ぶようにしましょう。

補償対象外となる治療もある

例えば、ペット保険はワクチン接種といった予防や去勢、避妊手術、出産などが補償対象外に定められています。また、特定の病気なども補償対象外になっています。

そのため、ペット保険を検討する際はペット保険会社の重要事項説明書や約款でどのような場合が補償対象外なのかを確認することが大切です。この補償対象外はペット保険会社によっても内容が異なるため、検討しているペット保険の重要事項説明書、約款で確認をしましょう。

以下の記事では各保険会社の補償対象外に関してまとめていますので、ご参考にしてください。

ペット保険の補償対象外とは?保険金が支払われないのはどんなとき?ペット保険には補償対象外項目が設定されており、該当する病気やケガの治療費は補償されません。各社はどのような病気やケガを補償対象外としているのでしょうか?ペット保険加入前にチェックしておきましょう。 ...

貯蓄との違いは?

ペット保険は掛け捨てタイプがほとんどのため、ケガ・病気をあまりしない場合などでは「貯蓄の方が良いのではないか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし例えばこれから貯金を始める場合では、高額な費用がかかる手術をしなくてはならないとなった際には対応できない可能性もあります。一方でペット保険であれば、補償開始後すぐであっても補償対象であれば、高額な手術の補償をうけることができます。

ペットの猫に十分な医療を受けさせることができるように、ご自身の状況も踏まえてペット保険か貯蓄かを選択するようにしましょう。

ペット保険の加入率は?

ペット産業全体、ペット保険単体どちらも市場規模を拡大させています。ペット保険産業全体の市場規模は2014年には約1兆4,498億円、2018年には約1兆5,422億円と拡大をみせています。また、ペット保険単体の市場規模2013年は約298億円であり、2018年は約667億円となり、2倍以上になっています。

ペット保険の普及率においても2013年は4.3%でしたが、2018年のは9.1%になり普及率は2倍以上になっています。今後もペット保険の市場規模は広がっていくと予測されており、ペット保険の加入率も上がっていくでしょう。

参照元:アニコム損保/アニコム損保中期経営計画2019-2021

猫のペット保険を選ぶポイントは?

さまざまな保険会社やプランがあるので、いざペット保険を選ぼうと思ってもなかなか決められない方も多いのではないでしょうか。
下記の記事では「猫のペット保険の選び方は?」「高齢の猫でも入れる保険はある?」「多頭飼いにオススメのペット保険は?」など猫のペット保険探しでよくある疑問を解説しています。
愛猫のためのペット保険選びの第一歩として、まずはこちらの記事を読んでみてください!

猫のペット保険の疑問を全部解決!愛猫に最適な保険会社を選ぶための比較方法や注意点など猫の保険を検討する際に、自分のペットに適した保険はどれ?どうやって保険の比較をすればいいの?注意点は?などお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、各保険会社の特徴や違いを解説するとともに、猫の保険の人気ランキングや口コミ・評判など、おすすめの比較方法をご紹介します。...

まとめ

猫のペット保険は、猫の治療費の一部を補償してくれます。
病気やケガはいつするか分からず、場合によっては治療費が金銭的な負担になることもあります。
大切な愛猫の万が一に備えて、ペット保険を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事の内容はすべて2021年5月25日時点のものです。