入門編

犬の保険とは?必要?特徴や気になる点、メリット・デメリットを全解説

犬を飼っている方であれば「ペット保険」という言葉を目にされたことがあるのではないでしょうか。

ペット保険の需要が高まるなか、さまざまなプランが用意されていますが、
「ペット保険があるのは知っているけど、よくわからない」
「そもそも必要なの?」
と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
また、いざペット保険を選ぼうとしても、数が多くなかなか決められないこともあるでしょう。

本記事では、犬の保険とは何かということから、必要な場合とそうでない場合、ペット保険の選び方まで初心者の方にもわかりやすく解説します。

ペット保険への加入を検討する最初の一歩として、まずは実際に加入している人の口コミからご覧ください。

ペット保険に加入している人の声

・以前飼育していたダックスフントがリンパ腫になってしまい、その治療費が高額で、保険に入っていればなと思ったことがきっかけで加入した。(岩手県在住、20代男性)

・病気や死亡以外でも様々なサービスが受けられ、ペットとともに私が安心して過ごせる毎日になりました。(佐賀県在住、20代男性)

・大事な家族のため何かあったときにお金の心配をしなくていいというのはとても大きく、加入してよかったと思っています。(神奈川県在住、20代女性)

犬の保険とは?

日本には、皆でお互いの医療費を支え合う「国民皆保険制度」があります。
保険証があれば、基本的に3割負担で治療を受けることができるので、少しだけ具合が悪いときでも病院に行くことができるかと思います。

では、犬の場合はどうでしょうか?人間と違って、犬には公的な保険制度がありません。そのため、治療にかかった費用は100%自己負担です。

「お金がないから、病院につれていけない」
そんな事態を防ぐために、犬の治療費を加入者同士で助け合うのが「犬のペット保険」です。

犬の保険は何を補償してくれるの?

犬のペット保険は、主にケガや病気をした際の治療費の負担を軽減してくれます。
治療費以外にも、例えば犬が他の人を噛んでしまい、飼い主などに賠償責任が発生した際に保険金が支払われるプラン、亡くなってしまったときの葬儀費用などに対して保険金が支払われるプランもあります。

「フルカバータイプ」と「特化型」がある

犬のペット保険には、通院・入院・手術を幅広く補償範囲とする「フルカバータイプ」と、通院や手術のみを補償範囲とする「特化型」があります。
特化型のペット保険は補償範囲を限定しているため、フルカバータイプの保険よりも保険料が安い傾向にあります。

精算方法は「窓口精算」と「後日精算」の2種類

保険金の受け取り方法には、窓口精算と後日精算の2種類があります。

窓口精算では、人間の保険と同様に、保険証を提示することで治療費から保険金が差し引かれます。ただし、保険証を忘れると窓口精算はできません。動物病院を受診する際は保険証を忘れないようにしましょう。

一方、後日精算では、動物病院で受け取った領収書などを保険会社に提出することで、後日保険金を受け取ることができます。
後日精算のペット保険は手続きが必要ではあるものの、窓口精算のペット保険より保険料が安い傾向にあります。

犬のペット保険って必要?

アニコムの犬種別の年間診療費(0~12歳での平均)は、5万円〜11万円と安くはありません。30万円を超える高額な治療が必要になるケースもあります。

犬の具合が悪くなってしまったとき、必要な治療を受けさせてあげることができるように、しっかりと備えておくことが大切です。

参照元
アニコム損保/家庭どうぶつ白書2017
アクサダイレクト/ペットの治療費は意外と高額?いざという時のためのペット保険の基本[vol.1]

犬のペット保険の特徴やメリット

病院を受診しやすくなる

動物病院の料金は統一されていないこともあり、どのくらいお金がかかるのか事前に把握しにくいことがあります。

犬の具合が悪そうなとき、治療費が全額自己負担であることを考えると
「少し様子をみようかな…」と躊躇してしまうかもしれません。

しかし、異常があったら病院に行き、早期に治療を開始することはペットの健康管理のために重要です。
「ペット保険で治療費の一部は補償される」という安心感があることで、受診のハードルが低くなり、早期発見・早期治療に繋がることもあります。

貯蓄との違いは?

ペット保険は、ケガや病気をしなくても保険料を支払わなくてはならないので、
「貯金の方がいいのでは?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、これから貯金を始める場合、しばらくの間は高額な治療費が支払えない可能性があります。

また、若いうちでも、ペットが病気やケガをしてしまうことがあります。
アイペットの調査によると、手術費用の請求を行ったペットの約半数が6歳以下となっています。

ペット保険であれば、補償開始後すぐに高額な治療が必要になっても補償を受けることができるので安心とも考えられます。
ペット保険に加入するか貯蓄をするかは、ペットに必要な治療を受けさせてあげられるかを第一に、生活スタイルや飼育環境なども考慮して決めるようにしましょう。

犬のペット保険の気になる点やデメリット

補償対象外となる治療もある

ペット保険は全ての治療を補償するものではありません。
例えば、ワクチン接種などの予防を目的とした治療、去勢・避妊手術、妊娠・出産にかかる費用などは補償対象外とされています。

その他にも補償対象外となる治療はあります。加入を検討する際は、重要事項説明書や約款などで補償対象外の項目を確認しておくことが大切です。

ペット保険のトラブルを防ぐために!補償内容や対象外項目を解説ペット保険は、動物病院でかかった費用を全て補償対象としているわけではありません。補償内容を理解していないと、トラブルに発展することもあります。本記事ではトラブルにならないように、事前に確認しておきたい補償内容について詳しく解説していきます。...

「安い」を決め手にペット保険を選んでもいい?

ペット保険は保険料の安さだけで選ばず、補償内容なども充分に考慮する必要があります。

例えば、保険料が安くても、犬がかかりやすい病気が補償対象外になっていると、その病気の治療をしたときに保険金を受けとることはできません。
また、保険料は安いが支払限度額が低く設定されている保険に入ると、高額な治療費が発生したときに支払限度額を超えてしまった金額は自己負担となります。

ペット保険を選ぶ際は、まず、ご自身の生活スタイルや飼育環境から、どのような補償を受けたいか考えてみましょう。

あなたに合うペット保険はどれ?

ペット保険の需要が高まり、さまざまなプランが用意されるようになりました。
いろんなプランがあること自体は嬉しいのですが、たくさんありすぎて迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、ペット保険をいくつかの観点からご紹介します。あなたのペット保険選びの参考になれば幸いです。

高齢な犬も加入できるペット保険を探している方

ペット保険は新規申込可能年齢に上限を設けているものもあり、高齢な犬が加入できない保険もあります。

そこで、10歳以上でも加入可能な保険をまとめてみました。
高齢な犬の保険を選ぶときは、何歳まで新規加入可能なのかを確認してみてください。

会社名 新規申込可能年齢(補償開始時点)
アニコム損保
どうぶつ健保しにあ
8歳以上(年齢制限なし)
アイペット 12歳11か月まで
ペッツベスト 12歳11か月まで
SBIいきいき少短 11歳11か月まで
楽天ペット保険 10歳11か月まで
日本ペット 10歳11か月まで
au損保 10歳11か月まで
イーペット 10歳11か月まで

高齢時におけるペット保険の必要性や選び方、気をつけておきたいことなど、高齢でも加入できるペット保険についてより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

高齢でも加入できるペット保険はある?各社の年齢制限は?保険会社によって年齢制限は異なり、年齢が上がれば上がるほど、加入できるペット保険は限られてきます。ここでは、ペット保険別の加入できる年齢や自分に合うペット保険の選び方、高齢時におけるペット保険の必要性・リスクなどについてご紹介します。...


※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

満足度の高いペット保険を知りたい方

どのペット保険に入るか考える際に、既にペット保険に加入している方の意見は参考になるかと思います。
実際に保険に加入されている方1990人にアンケートに基づいた、満足度の高い保険に入りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

14社の特徴や気になる点を確認して選びたい方

各社の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを下記の記事で解説しています。また、ペット保険を検討する際のポイントもあわせて紹介しています。
14社全ての概要を把握してから検討したいという方はこちらの記事をご覧ください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

まとめ

犬のペット保険は、犬の治療費を補償してくれます。
大切な家族の一員である愛犬のために、ペット保険の利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

本記事の内容はすべて2020年11月16日時点のものです。