申込編

ペット保険の加入条件は?持病があっても入れる?

ペット保険に加入するには、いくつかの条件を満たす必要があります。
加入条件だけではなく、申込み後に行われる「引受審査」でも「告知」内容に基づいて加入可否が判断されます。

「告知」では人間の保険と同様に病歴や持病を伝える必要があり、審査によっては加入を断られるケースや、特定の病気やケガを補償対象外にする条件付きでの加入となるケースがあります。

ここでは、基本的な加入条件や引受審査の仕組み、持病がある場合の各社の対応についてご紹介します。
合わせて、ペット保険選びに役立つコンテンツも参考にしてみてください。

ペット保険に加入する条件とは?

ペット保険には加入するための条件があります。
保険会社によって条件の内容は異なりますが、ここでは基本的な加入条件をご紹介します。

基本的な加入条件

ペット保険の基本的な加入条件は「原則ペットが健康体であること」です。
そのため、病気やケガで治療中だったり、先天性の異常(生まれたときから持っている病気)があったりすると契約できない場合があります。

保険会社によって異なりますが、一般的に下記の病歴があると加入を断られることがあります。
保険会社の重要事項説明書や約款などに、加入できない疾患について明記されていることがあるので確認しましょう。

<ペット保険に加入できない病気やケガの例>
・悪性腫瘍(癌)
・糖尿病
・肝硬変
・甲状腺疾患
・猫伝染性腹膜炎
・猫後天性免疫不全症候群(FIV)
・猫白血病ウィルス感染症(FeLV)
・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
・副腎皮質機能低下症(アジソン病)
・腎不全
・免疫介在性血小板減少症
・免疫介在性溶血性貧血
・巨大食道症(食道拡張症)
・巨大結腸症
・膵外分泌不全
・脳・神経疾患
・フィラリア感染症
・心疾患
など

※加入条件は商品やプランによって異なります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

持病があっても加入できる?

「原則ペットが健康体であること」がペット保険の基本的な加入条件であることをお伝えしましたが、持病がある場合は加入できないのでしょうか?
持病がある場合、引受審査が大きく関わってきます。
ここでは、引受審査と持病がある場合の加入について解説します。

引受審査とは?

ペット保険の申込みでは、病歴や所定の期間内に行った治療など、ペットの健康について告知書に記入します。
その告知書を元に各保険会社で行うものが、引受審査です。

引受審査では、加入の可否や条件付きでの加入とするかが判断されます。
嘘の告知をすると、保険金が支払われなかったり、契約が解除になったりする可能性があるので正しく告知しましょう。

引受審査によっては条件付きで加入できることも

過去に病気やケガをしていた、または現在病気やケガを患っていても、引受審査によっては条件付き(特定疾病不担保・特定部位不担保)で加入できることもあります。
特定の病気やケガ・部位を補償対象外とする条件が付けられるので、この条件に該当する病気やケガ・部位に対して発生した治療費は補償されず、全額自己負担となります。

なお、過去に病気やケガをしたことがあっても時期や内容、完治・再発の状況によっては無条件で加入できる場合もあります。

引受審査の基準は保険会社によって異なるため、どのペット保険でも同じ判断になるとは限りません。
例えば、あるペット保険では加入不可と判断されても、別のペット保険だと条件付きで加入できることもあるので、まずは申込みをしてみましょう。

【ペット保険別】持病がある場合の対応まとめ

持病がある場合、それぞれの保険会社は実際どのように対応しているのでしょうか。
各社の対応を犬と猫に分けてご紹介します。

犬がかかりやすい病気の場合

外耳炎 皮膚炎 膿皮症 胃腸炎 ケンネルコフ 椎間板ヘルニア
PS保険 × × × × × ×
楽天
SBIいきいき少短
アイペット
FPC
SBIプリズム
(旧:日本アニマル倶楽部)
au損保 × × × × × ×
ペッツベスト ×
アニコム損保
アクサダイレクト
ペット&ファミリー
日本ペット
イーペット ×
イオン

※〇は実際に保険会社にお問い合わせ、申込みをしてご確認ください
※✕は加入不可
アクサダイレクトが算出したデータを元に、犬がかかりやすい病気として紹介しています。

犬がかかりやすい病気に対して、各社の対応を表にまとめました。

保険会社のほとんどが申込みをしてみないとどのような判断となるか分かりませんが、その中で、PS保険とau損保は全ての病気において加入不可となっています。
PS保険やau損保では、治療中の場合は加入できないので注意が必要です。

また、ペッツベストとイーペットは椎間板ヘルニアを患っていると加入できません。


※上記は当サイトの見解です。詳細は各社の公式サイトや重要事項説明書等でご確認ください。
※上記は、商品の一部概要を説明したものです。商品の詳細については各社のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、各社の商品に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。


各社の重要事項説明書等
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

猫がかかりやすい病気の場合

結膜炎 外耳炎 腎不全 皮膚炎 胃腸炎 膀胱炎
PS保険 × × × × × ×
楽天
SBIいきいき少短
アイペット
FPC
SBIプリズム
(旧:日本アニマル倶楽部)
au損保 × × × × × ×
ペッツベスト ×
アニコム損保 ×
アクサダイレクト
ペット&ファミリー
日本ペット
イーペット ×
イオン

※〇は実際に保険会社にお問い合わせ、申込みをしてご確認ください
※✕は加入不可
アクサダイレクトが算出したデータを元に、猫がかかりやすい病気として紹介しています。

猫がかかりやすい病気に対して、各社の対応をまとめた表がこちらです。
犬と同様に、保険会社のほとんどが申込みをしてみないとどのような判断となるか分かりません。

猫についても、PS保険とau損保は治療中の場合は加入できないので、全ての病気において加入不可となっています。

腎不全を患っている場合は、PS保険とau損保の他、ペッツベストやアニコム、イーペットが加入できません。


※上記は当サイトの見解です。詳細は各社の公式サイトや重要事項説明書等でご確認ください。
※上記は、商品の一部概要を説明したものです。商品の詳細については各社のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、各社の商品に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。


各社の重要事項説明書等
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

ペット保険に関するお役立ちコンテンツ

ペットに持病があっても、ペット保険に加入できる場合があることを解説してきました。
引受審査によっては持病が補償対象外となる条件が付くこともありますが、その他の病気やケガ(※)は補償の対象となるので万が一の備えになります。
ここでは、ペット保険選びに役立つコンテンツをいくつかご紹介します。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

ペット保険の基本的な情報が知りたい

ペット保険とは、病気やケガの治療でかかった費用を補償してくれる保険です。
ペット保険に加入しておくと、治療費に対する負担を軽減でき、費用を気にせず最適な治療法を選択することにも繋がります。
金銭的な負担が軽減されるので、ペットの体調が気になったときに気軽に動物病院を受診できるようになります。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

高齢でも加入できるペット保険はある?

ペット保険に加入するには、年齢制限にも気を付けなければなりません。
保険会社によって加入できる年齢は異なり、年齢が上がるほど加入できるペット保険は限られます。
中には年齢制限に上限が定められていない高齢向けのペット保険もあるので、高齢時の病気やケガに備えてペット保険の加入を検討してみましょう。

高齢でも加入できるペット保険はある?各社の年齢制限は?保険会社によって年齢制限は異なり、年齢が上がれば上がるほど、加入できるペット保険は限られてきます。ここでは、ペット保険別の加入できる年齢や自分に合うペット保険の選び方、高齢時におけるペット保険の必要性・リスクなどについてご紹介します。...

各社の特徴と気になる点を比較したい

保険料や補償内容など、保険会社によって特徴が異なるのでどのペット保険を選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。
「おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説」では、補償内容や特徴、気になる点を会社別に紹介しています。
それぞれの保険会社について詳しく解説しているので、比較の参考にしてみてください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け14社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのか分からない…」という方に向け、14社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

加入者の満足度や口コミが見たい

ペット保険選びの参考の1つとなるのが、実際に加入している契約者の評判や口コミです。
「ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査」では、ペット保険の契約者を対象に行ったアンケート調査に基づいて、ペット保険の満足度ランキングを紹介しています。
保険料や補償範囲など、カテゴリ別で満足度ランキングを出しているので、気になる項目ごとの比較にもご利用ください。

ペット保険会社人気ランキングBEST3|1990人の契約者に満足度調査ペット保険を比較するために重要になってくる項目別に、それぞれBest3の会社を紹介します。合計1990人のペット保険加入者にそれぞれの会社の満足度を調査しました。総合ランキングは、満足度の高いペット保険会社を紹介しています。...

まとめ

ペット保険は「原則ペットが健康体であること」を基本的な加入条件としています。
ただし、持病があるからといって、必ずしも加入できないというわけではありません。

加入不可や条件付きでの加入など保険会社によって判断は異なり、引受審査を受けてみないと分からないことがほとんどです。

例え持病を補償対象外とする条件付きでの加入となっても、持病以外の病気やケガで発生した治療費は補償の対象なので万が一の備えになります。
なお、補償対象でも保険金請求時の審査によっては補償対象外になる場合があります。
保険金請求時の審査も保険会社によって異なるので、重要事項説明書や約款で確認しましょう。