会社編

アニコムのシニア向けペット保険とは?高齢で加入できる他商品も

獣医療の発展や、生活環境の向上によりペットも高齢化している時代です。
病気やケガのリスクが高まるシニアだからこそ、しっかり備えたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

ペット保険は加入できるペットの年齢に上限を設けているものがほとんどですが、アニコムの「どうぶつ健保しにあ」は、8歳から加入可能で年齢の上限がありません。

ここでは、アニコムの「どうぶつ健保しにあ」について、確認していきましょう。
また、他のペット保険は加入できる年齢がどうなっているのか、こちらも合わせて解説していきます。

アニコムのシニア向けプラン「どうぶつ健保しにあ」とは?

アニコムの「どうぶつ健保しにあ」は、8歳から上限なしで加入できるシニアのためのペット保険です。
「どうぶつ健保しにあ」にはどんな特徴があるのでしょうか?
加入条件や補償内容、保険料などを確認していきましょう。

ペット保険の基本的な情報は、下記ページで詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

8歳以上(上限なし)の犬猫が加入できるプラン

まずは加入条件を確認していきましょう。

「どうぶつ健保しにあ」は原則として健康体であることを条件とし、8歳以上の犬・猫なら上限なしで加入することができます。
治療中のケガや病気がある場合でも、該当するケガや病気は保険金の支払対象外という条件(特定傷病除外特約)をつけて契約できることがあります。

ただし、悪性腫瘍や慢性腎不全、糖尿病などの重大な病気に罹患、または疑いのある場合は、契約ができません。(※1)
お申込み手続きが完了してから、1ヶ月後(※2)に補償が開始されます。

ペット保険の加入条件については下記ページも解説しています。

ペット保険の加入条件は?持病があっても入れる?ペット保険には加入するための条件がいくつかあります。申込み後に行われる引受審査では、持病などの告知に基づいて加入可否が判断されます。ここでは、基本的な加入条件や持病がある場合の各社の対応、ペット保険選びに役立つコンテンツをご紹介します。...


※1 審査の基準については開示されていません。
※2 翌月の同じ日に開始。(31日の場合は翌月1日)


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

窓口精算ができる!

ペット保険の保険金清算方法には、「窓口清算型」と「後日清算型」があります。
ペット保険の多くが、一旦動物病院で全額を支払った後、保険会社に保険金を請求する後日清算型です。

アニコムは窓口清算型(※)をとっているため、窓口で保険証を提示すれば、その場で補償分を差し引いた診療費が請求されます。
なお、窓口清算に対応していない動物病院を受診した場合は、後日清算型と同様の手順で保険金を請求することになります。

※「どうぶつ健保」に対応している動物病院(2020年9月11日現在:6,385件)に限ります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

補償内容は?

「どうぶつ健保しにあ」は補償割合を50%・70%の2種類から選ぶことができます。
入院・手術が補償対象となり、通院は対象外です。

補償割合70% 補償割合50%
入院支払限度額と限度日数 1日あたり14,000円まで年間20日まで 1日あたり10,000円まで年間20日まで
手術支払限度額と限度回数 1回あたり14万円まで年間2回まで 1回あたり10万円まで年間2回まで

また、月140円(年払いの場合は1,500円)を保険料にプラスすることで、ペット賠償責任特約を付帯することができます。
こちらは、ペットが他人や他者の所有物に損害を与えるなど法律上の損害賠償責任が生じた場合に、1事故につき1,000万円まで補償します。

賠償責任特約については下記ページの解説も参考にしてみてください。

ペット保険の賠償責任特約とは?付けた方がいい?保険会社によって「賠償責任特約」を付帯できるペット保険があります。ペット保険の賠償責任特約とは何を補償してくれるものなのでしょうか。ここでは、賠償責任特約とは何なのか、付帯した方がいいのかを解説し、賠償責任特約以外の特約もご紹介します。...


※1事故につき3,000円の免責があります。


※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

保険料は?

下記のグラフは「どうぶつ健保しにあ」の保険料の推移です。

アニコムでは犬をA~Eの5つに分類し、それぞれ保険料が異なります。(猫は品種による分類はされていません)
保険料は加齢に伴って毎年値上がりしますが、21歳以降は20歳の基本料金となっています。

また、2頭目以降の契約ペットには多頭割引の適用があります。
ただし、2頭目以降の契約内容が1頭目と同じ契約者・住所・電話番号で、「どうぶつ健保ふぁみりぃ」または「どうぶつ健保しにあ」の場合に限ります。

※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

様々なサービスも受けられる

アニコムは大手企業ならではのサービスが充実しています。
獣医師やカウンセラーによる「無料相談サービス」や「迷子関連サービス」、「宿泊施設や関連施設での優待サービス」が受けられるほか、「どうぶつ健括サービス」など独自のサービスも展開しています。

無料相談はLINEで行えるので、動画や写真を使って簡単かつ正確に状態を伝えることができ、早期発見につながることもあります。

「どうぶつ健括」とは「腸内フローラ測定」を毎年受けられるサービスです。
結果に問題が見られればアニコム指定の動物病院で無料の血液検査を受けることができます。

「どうぶつ健保しにあ」の気になる点やデメリットなど

ここまで補償内容やサービスなどを見てきましたが、気になる点もいくつかあります。
「どうぶつ健保しにあ」の気になる点やデメリットなどについても、事前に確認しておきましょう。

補償範囲と対応病院が限定されている

「どうぶつ健保しにあ」は入院・手術のみで通院は補償対象外です。
ただし、保険契約で毎年無料で受けられる「腸内フローラ」の検査結果が良好な場合、次年度の契約更新より通院補償が付いた「どうぶつ健保ふぁみりぃ」に移行できることもあります。(※1)

なお、補償されるのは「どうぶつ健保」対応病院での診療費のみで、全国全ての動物病院を対象としていない点は注意が必要です。

「どうぶつ健保ふぁみりぃ」については、下記ページで詳しく解説しています。

アニコムの評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなどを解説アニコムは、窓口精算や付帯サービスなど利便性の高いサービスを用意するペット保険業界最大手の保険会社です。本記事では、アニコムのペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなど、実際に加入されている方の評判・口コミを交えて解説します。...


※1 移行に関する詳細についてはパンフレットやご契約のしおり等をご確認ください。


※対応病院からの紹介があった場合には、未対応病院での診療費も補償対象となります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

待機期間が設定されている

初年度契約に関しては30日間の待期期間が設定されており、その間に発症した病気は補償の対象となりません。

また、待期期間中に発生したケガについては窓口清算の対象外なので、直接アニコムへ保険金請求を行う必要があります。

高齢のペットが加入できるペット保険は他にはないの?

人間と同様、高齢になると病気やケガのリスクが高いことから、年齢が上がるにつれ加入できる保険の種類は限られます。
さらに、既往歴(これまでにかかった傷病)によっては加入すること自体が難しくなっていきます。
ここでは、高齢ペットが加入できる保険にはどんな選択肢があるのか見ていきましょう。

ペットの年齢が13歳未満であればほかの選択肢も

12歳から入れる保険は限られており、現在はアイペットと、ペッツベスト、今回ご紹介するアニコムの「どうぶつ健保しにあ」の3社(プラン)です。
13歳以上ではアニコムの「どうぶつ健保しにあ」のみとなりますが、13歳未満であれば、12歳11ヶ月までアイペットとペッツベストを選択することができます。

下記ページでは高齢でも加入できるペット保険について詳しく解説しているので、
こちらも参考にしてみてください。

高齢でも加入できるペット保険はある?各社の年齢制限は?保険会社によって年齢制限は異なり、年齢が上がれば上がるほど、加入できるペット保険は限られてきます。ここでは、ペット保険別の加入できる年齢や自分に合うペット保険の選び方、高齢時におけるペット保険の必要性・リスクなどについてご紹介します。...


※上記は、商品概要を説明したものです。商品の詳細については各保険会社のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、商品に関する重要事項について説明されています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。


各社の重要事項説明書等
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短
 ご契約に関しての大切な事柄
 ご契約のしおり・約款
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

まとめ

高齢ペットに対する治療は高度化することがあるため、治療費が大きくなる場合も考えられます。
最後まで安心して、ペットとの豊かな生活を送っていくためにも、しっかり備え、向き合って行くことが大切です。
これからはペットも長寿化の時代。
年齢制限でペット保険を諦めていた方も、アニコムの「シニアプラン」を検討してみてはいかがでしょうか。

※このページは、アニコム損保のペット保険の商品概要を説明したものです。
商品の詳細についてはアニコム損保のホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、アニコム損保のペット保険に関する重要事項についてご説明しています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。

資料請求公式ページ