比較編

ペット保険の賠償責任特約とは?必要?支払事例もご紹介

ペット保険に付帯できる特約として、いくつかの保険会社が用意しているものが「賠償責任特約」です。

「賠償責任特約とは?」
「どんなときに補償される?」
「賠償責任特約って付けたほうがいい?必要ない場合もある?」
といった疑問に事故の発生件数や保険金支払事例など具体的なケースも交えて回答していきます。

また、賠償責任特約を付帯できるペット保険や、付帯料金も併せてご紹介します。特約の内容を理解した上で、付帯するかどうかの参考にしてみてください。

賠償責任特約とは?

ペット保険 賠償責任 特約
ペット保険の賠償責任特約とは、契約者のペットが他人の身体や物に損害を与えてしまい法律上の賠償責任が発生した際、保険金が支払われる特約のことを指します。

ペットが損害を与えてしまうケースとしては、人に噛みついてしまったり、物を壊してしまったり、ペット同士でケンカをしてしまうことがあります。

上記のようなケースに備えることができるのが賠償責任特約です。商品によって補償される金額は異なりますが、数百万円~1,000万円単位まで補償してくれます。

そんな賠償責任特約は、どんなときに補償されるものなのでしょうか?
保険金が支払われないケースもあるので、賠償責任特約の補償内容や付帯料金と併せてよく理解しておきましょう。

どんなときに補償される?

ペット保険の賠償責任特約は、一般的に次のような場合に補償されます。

<対人賠償>
(例)散歩中に他人を噛んでケガをさせてしまった。

<対物賠償>
(例)来客中に他人の持ち物を壊してしまった。

<対物賠償(対ペット)>
(例)他人のペットとケンカをしてケガをさせてしまった。

このように、ペットが他人にケガを負わせてしまった場合や、他人の持ち物を壊してしまった場合に補償が適用されます。
賠償責任特約によっては、示談交渉を代行してくれるものもあります。

※保険金には、支払限度額があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款などでご確認ください。

補償されない場合はある?

賠償責任特約を付帯していても、以下のような場合は補償の対象にはなりません。

<賠償責任が発生しない場合>
・ドッグランの中で犬同士が衝突し、ケガをした場合
・ペットを被保険者以外の他人に預けているときに起きた事故 など

<賠償責任が発生しても保険金が支払われない場合>
・被保険者と同居している親族に対する賠償責任
・被保険者が他人から預かっている物、宿泊している室内の物に対する賠償責任 など

このように、場合によっては賠償責任が発生しないことや、賠償責任が発生しても保険金が支払われないこともあります。
補償されないケースも理解した上で、付帯を検討しましょう。

※補償対象外となる全てのケースを記したものではありません。詳細は、各商品の重要事項説明書および約款でご確認ください。

各社の賠償責任特約の補償内容や付帯料金はどのくらい?

賠償責任特約の補償内容や付帯で発生する料金は、保険会社によってさまざまです。
ここでは、当サイトに掲載している14社の保険会社の賠償責任特約の有無、補償内容、付帯料金を表でご紹介します。

保険会社 有無 補償内容 付帯料金
PS保険 ×
楽天ペット保険|ずっといっしょ[もっと] 1事故で最高300万円まで補償。
なお、1事故あたり1,000円の免責金額があり、
また、1被保険者あたり支払限度額の合計が1,000万円までの申込みが可能。
月払いで55円
(年払いで600円)
SBIいきいき少短のペット保険 ×
アイペット|うちの子/うちの子ライト 1事故につき500万円まで補償。 月払いで130円
(年払いで1,460円)
FPC|フリーペットほけん ×
SBIプリズム少短|プリズムコール ×
au損保|ペットの保険 ×
ペッツベスト|セレクトBEST ×
アニコム損保|どうぶつ健保ふぁみりぃ/しにあ 1事故につき最大1,000万円まで補償。
ただし、1事故につき3,000円の自己負担が発生。
月払いで140円
(年払いで1,500円)
アクサダイレクトのペット保険 1回の事故につき1,000万円を限度に補償。
示談交渉も対応。
犬1:月払いで80円
(年払いで870円)
犬2:月払いで130円
(年払いで1,480円)
犬3・4:月払いで510円
(年払いで5,710円)
犬(ミックス・交雑種):月払いで80円
(年払いで940円)
猫:月払いで70円
(年払いで740円)
ペット&ファミリー|げんきナンバーわん ×
日本ペット|いぬとねこの保険(※1) 年間で最高500万円まで補償。 月払いで90円
(年払いで1,030円)
イーペット|e-ペット 1事故につき支払限度額500万円まで補償。 月払いで130円
(年払いで1,440円)
イオンのペット保険 1回の事故につき、最高1,000万円を限度に補償。 月払いで200円
(年払いで2,200円)

※1 プラチナプランとゴールデンプランに加入している場合のみ付帯可能

保険会社によって補償する限度額が定められており、保険料に追加で付帯料金を支払うことで賠償責任特約を付帯することができます。

上記の表をもとにすると、賠償責任特約がある保険会社は下記です。

また、賠償責任特約がない会社は下記です。

※1 プラチナプランとゴールデンプランに加入している場合のみ付帯可能

※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・アニコム損保/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

アクサダイレクトのペット保険は示談交渉も対応

事故などの場合の相手方への対応や話し合いは飼い主本人が行うことが一般的ですが、中には弁護士を介してのやり取りとなることもあるようです。

上記では各社の賠償責任特約の補償内容の紹介をしましたが、その中でアクサダイレクトの「ペット保険賠償責任危険補償特約」では被害者との示談交渉も補償内容に含まれています。中には示談交渉ができない場合もありますが、交渉の進め方や示談書作成などの事故解決のための相談に乗ってくれるそうです。

示談交渉ができない場合としては、下記のような例になります。

(a)保険金をお支払いすることができない事故(過失割合が相手方100%の被害事故など)の場合
(b)事故の相手方が当社との交渉を拒んだ場合
(c)損害賠償額が明らかに、ご契約の保険金額を超える場合
(d)被保険者が正当な理由なく当社への協力を拒んだ場合

引用元:アクサダイレクト|ペット保険のよくあるご質問

アニコム損保やアイペットなどは示談交渉サービスはありませんが内容の相談には乗ってくれるようです。補償される金額以外にも、示談交渉についても考慮したうえで付帯を選択しましょう。

参照元:アクサダイレクト|ペット保険の補償内容

賠償責任特約は入った方がいい?必要?

ペット保険 賠償責任 特約

事故の分類と平均保険金支払額

事故の分類

出典:アニコム家庭どうぶつ白書 mini 2ペット賠償責任特約 事故発生状況

事故発生件数 平均保険金支払額
対人事故 206件 94,263円
対物事故 115件 56,897円
対どうぶつ事故 60件 41,458円

上のグラフはアニコム損保の2017年1月1日~2017年12月31日までに支払手続きが完了したペット賠償責任事故を基に算出されたグラフです。

事故の割合で一番大きいものが他人の身体に障害を与えた対人事故です。次いで、他人の財物に損壊を与えた対物事故、そしてほかのペット(犬、猫など)の身体に傷害を与えた対どうぶつ事故の順番になっています。

対人事故は病院での治療費や仕事を休むことになった場合の休業損害、事故に対する慰謝料などが発生し、対どうぶつ事故は動物病院での治療費などが発生します。

よくある賠償責任事故は、「玄関に宅配業者が来た際に、玄関へ飛び出してしまい噛みつく」「お散歩中、すれ違いざまに相手に噛みつく」「曲がり角で出会い頭に相手に飛びつく」など、日常の中で起こりうる事例ばかりです。

ペットが他の人やどうぶつにケガをさせてしまった場合には、高額な損害賠償金を請求される可能性があります。いざという時のために賠償責任特約の付帯を検討してみても良いかもしれません。

参照元:アニコム損保|アニコム家庭どうぶつ白書 mini 2

賠償責任特約の付帯が必要ないケースも

賠償責任特約は、ペット保険以外でも付帯している場合があります。

<賠償責任特約を付帯している可能性があるもの>
・自動車保険
・火災保険
・クレジットカード など

これらの個人賠償責任特約では、ペットが他人や他人の持ち物に損害を与えた場合の賠償責任も担っていることがあります。
この場合、ペット保険の賠償責任特約を付帯しても、実際の損害額以上の保険金を受取ることはできません。
ペット保険の賠償責任特約の付帯を検討するときは、既に賠償責任特約を契約していないか確認しておきましょう。

葬祭費用などを補償する特約も

ペット保険 賠償責任 特約
ペット保険の中には、ペットが最期を迎え、火葬を行うときにかかった費用を補償する特約が用意されているものもあります。
ここでは葬祭費用を補償する特約を用意しているペット保険をご紹介します。

PS保険
・ペットセレモニー費用特約(火葬費用等担保特約)
補償内容:火葬にかかった費用を最大3万円まで補償します。
付帯料金:追加料金は年齢によって異なり、0歳、小型犬の場合は月払いで60円(年払いで700円)保険料にプラスすると付帯することができます。

イオンのペット保険
・ペット葬祭費用保険
補償内容:葬祭事業者が行った葬式費用などを対象に、支払限度額3万円まで補償します。
付帯料金:追加料金は年齢によって異なり、0歳の場合は月払いで230円(年払いで2,620円)保険料にプラスすると付帯することができます。

※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。

※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・PS保険/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

まとめ

ペット保険 賠償責任 特約
ペット保険に用意されている賠償責任特約は、保険会社によって賠償責任特約の有無や補償内容、付帯料金が異なります。
場合によっては、自動車保険など他の保険で賠償責任特約を既に付帯している可能性があるので、よく確認した上で付帯を検討する必要があります。

ペット保険を選ぶ際は、賠償責任特約など、ペット保険の基本的な知識を正確に身に付けることが大切です。
ペット保険の基礎知識を身に付けたい方は、下記ページも参考になさってみてください。

ペット保険とは
ペット保険とは?をわかりやすく!保険初心者が知っておくべきこと「そもそもペット保険とは?」という基本的な部分から詳しく解説します!これだけは覚えておきたいことや、ペット保険を選ぶ際のポイントなど、分かりやすく紹介していきます。...

本記事の内容はすべて2020年11月27日時点のものです。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。