症例編

鼠径ヘルニア・椎間板ヘルニア・臍ヘルニアはペット保険で補償される?

本記事では、鼠径へルニア・臍へルニア・椎間板ヘルニアを補償対象外と定めているペット保険をご紹介します。治療費や補償事例、かかりやすい犬種なども併せて解説しているので、ペット保険への加入を検討している方はぜひご一読ください。

ヘルニアはどんな病気?

ヘルニアとは、臓器や脂肪などが本来あるべき位置から飛び出てしまっている状態をいいます。同じ「ヘルニア」とはいっても部位によって名称が異なり、症状や原因もさまざまです。

鼠径ヘルニアの症状と原因

鼠経(そけい)ヘルニアは、足の付け根(鼠径部)にある隙間からお腹の中の臓器(腸・子宮・膀胱など)が飛び出た状態をいいます。
先天的に起こる場合や、事故などの外傷や腹圧の上昇などによって後天的に起こる場合があります。後天的に起こる場合であっても、生まれつき鼠径部に異常があることが原因となっていると考えられています。
飛び出してしまった臓器は、本来の役割を果たすことができなくなることがあります。腸が飛び出ると腸閉塞、膀胱が飛び出ると排尿生涯などの症状がみられます。

臍ヘルニアの症状と原因

臍(さい)へルニアは、おへそにできるヘルニアで、いわゆる「でべそ」です。主に先天的な原因により起こります。
臍へルニアは痛みを伴わないこともあり、そのままにしていても1歳くらいまでには自然とに治ることも多いようです。
しかし、押してもお腹のなかに戻ることができない状態になってしまうと臓器の血行が悪くなり、飛び出た部分が変色して痛みがでてきてしまうこともあります。

椎間板ヘルニアの症状と原因

椎間板は脊椎(背骨を構成するそれぞれの骨)の間に存在し、骨と骨とのクッションのような役割を担っています。この椎間板の内容物が飛び出て脊髄を圧迫してしまう状態を椎間板ヘルニアといいます。
原因は激しい運動や加齢などによる後天的なものと、遺伝的なものが考えられます。抱き上げると痛がる、四肢が麻痺する、排尿障害を起こすなどの症状がみられることもあります。

ヘルニアになりやすい犬種は?

鼠径ヘルニアになりやすい犬種

バセンジー、ペキニーズ、プードル、チワワ、ダックスフンドなどが好発犬種といわれています。先天性の鼠径ヘルニアは去勢手術をしていないオスで、後天性の鼠径へルニアは避妊手術をしていない中年齢のメスでみられることが多い傾向にあります。

参照元:南が丘動物病院|臍ヘルニア・鼠径ヘルニア

臍ヘルニアになりやすい犬種

ワイマラナー、シーズー、キャバリア、ペキニーズ、ポインター、エアデールテリア、アメリカンコッカースパニエル、バセンジー、秋田犬などが先天性の臍ヘルニアを引き起こす可能性が高い遺伝子を持っているとされています。

参照元:いなば動物病院|犬が臍ヘルニアになる原因と現れる症状、治療法について

椎間板ヘルニアになりやすい犬種

「軟骨異栄養症」の遺伝子を持っている犬は、椎間板ヘルニアになりやすいといわれています。ダックスフンドやコーギーなどの短足胴長な体型の犬種はこの遺伝子素因を持ちあわせているため、椎間板ヘルニアには注意が必要です。

参照元:アクサダイレクト|獣医さんに聞く!犬の椎間板ヘルニア 原因・予防法・治療法

ヘルニアの治療方法と治療費は?

鼠径ヘルニアの治療方法と治療費例

ヘルニアが小さい場合には経過観察をすることが多いようです。経過が悪化したり、臓器がヘルニア内に入り込むなど重症化している場合には手術が勧められます。
手術の費用は動物病院によって異なりますが、平成27年度の家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査によると、鼠径ヘルニアの診療費の中央値(麻酔料は含めず、犬10kgの場合)は28,563円となっています。

臍ヘルニアの治療方法と治療費例

痛みが無い場合には生後半年〜1年ほどの間に自然治癒することがあります。自然治癒しなかった場合は経過を観察し、必要に応じて手術を行います。手術の費用は動物病院によって異なりますが、平成27年度の家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査によると、鼠径ヘルニアの診療費の中央値(麻酔料は含めず、犬10kgの場合)は19,460円となっています。避妊手術や去勢手術と同時に行う場合には麻酔代などを軽減できるので割安になることもあるようです。

椎間板ヘルニアの治療方法と治療費例

内科的治療と外科的治療があり、症状の強さに応じて治療法が選択されます。
痛みのみや軽度の麻痺の場合には、内服薬の処方し安静にするという治療が主になります。
重度の麻痺がある場合には手術が必要になるケースが多くなります。症状に応じた術式で手術を行い、手術後にはリハビリが必要になることもあります。
au損保によると、椎間板ヘルニアで、7泊8日の入院・手術と5日間の通院をした場合に25万円ほど治療費がかかったケースがあるようです。

ヘルニアはペット保険で補償される?

犬や猫の治療費の一部を補償してくれるペット保険ですが、全ての病気やケガの治療費が対象ではありません。ペット保険には商品ごとに補償対象外項目が定められています。ここでは、それぞれのヘルニアがペット保険で補償されるかどうかを確認していきましょう。

鼠径ヘルニアはペット保険で補償される?

鼠径へルニアが補償されるかどうかは、各保険会社で対応がわかれています。
鼠径ヘルニアを補償対象外としている保険会社は以下のとおりです。

  • アニコム損保
  • アイペット
  • ペット&ファミリー
  • アクサダイレクト
  • au損保
  • SBIプリズム少短
  • SBIいきいき少短
  • 日本ペット
  • イーペット
  • イオン

なお、ペット&ファミリーでは鼠径ヘルニアが病化(腹膜炎や壊死等)しており、その治療として実施した場合は、病院の診断内容と一般獣医学情報等により総合的に保険金支払可否を判断するようです。

臍ヘルニアはペット保険で補償される?

臍ヘルニアは各保険会社で保険対象外として定められています。
しかし、ペット&ファミリーでは鼠径ヘルニアと同様に臍へルニアの治療費は、病化(腹膜炎や壊死等)しており、その治療として実施した場合は、病院の診断内容と一般獣医学情報等により総合的に保険金支払可否を判断するようです。

椎間板ヘルニアはペット保険で補償される?

椎間板へルニアが補償されるかどうかは、各保険会社で対応がわかれています。
椎間板ヘルニアを補償対象外としている保険会社は以下のとおりです。

  • SBIいきいき少短
  • ペッツベスト(プレミアム特約をつけていない場合)

椎間板ヘルニアを補償対象外項目に定めているペット保険はそれほど多くありません。椎間板ヘルニアになりやすい犬種を飼っているなど、椎間板ヘルニアも補償するペット保険に入りたい方は、重要事項説明書等で補償対象外項目に椎間板ヘルニアがないかきちんと確認するようにしましょう。

※補償対象外となる全ての病気・ケガを記したものではありません。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。
※実際の保険金の支払いについては、「補償開始前からの症状か」などを含め保険会社が審査・査定を行ったうえでの判断となります。また、前提条件の相違等により補償内容が異なる場合があるので、実際に適用される補償内容について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行ってください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわん/重要事項説明書
・ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・SBIいきいき少短/ご契約に関しての大切な事柄
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

ヘルニアの保険金支払事例

ペット保険に加入していた場合、どのくらい保険金が支払われたのか保険金支払事例を確認してみましょう。

<手術費用>3歳のミニチュア・ダックスフンドが椎間板ヘルニアと診断され、手術・入院を行った例

診療項目 金額
診察 1,500円
入院(5泊6日) 20,400円
検査 39,700円
MRI 89,000円
全身麻酔 15,000円
手術 127,300円
点滴 12,200円
処置 7,100円
注射 23,000円
お薬 2,450円
合計 337,650円
ペット保険の補償額
(うちの子70%プランの場合)
236,355円
飼い主の自己負担額 101,295円

参照元:アイペット|犬の手術・通院費用はどれくらいかかる?

<手術費用>8歳のミニチュア・ダックスフンドが椎間板ヘルニアと診断され、手術・入院を行った例

診療項目 金額
基本診察資料 5,000円
入院料(13泊14日) 126,000円
検査料 40,060円
画像診断料 126,000円
薬治療 9,800円
注射料 25,100円
処置料 35,100円
麻酔料 49,500円
手術料 154,700円
消費税 45,701円
合計 616,961円
ペット保険の補償額
(プラン70の場合)
431,873円
飼い主の自己負担額 185,088円

参照元:アクサダイレクト|犬の保険金請求事例

椎間板ヘルニアの治療では手術と入院が必要な場合も多く、治療費が高額になることは珍しくありません。
ペット保険に加入していると、かかった治療費の一部が補償されるため、万が一の場合でも安心して治療を受けさせてあげることができます。
もしもに備えるための選択肢のひとつとして、ペット保険の加入を検討してみても良いかもしれません。

ヘルニアの予防法は?

鼠径ヘルニアの予防法

犬の鼠径ヘルニアは、予防が難しい病気といわれています。そのため、早期発見が大切になります。日々のスキンシップで足の付け根付近にしこりや膨らみがないかを触って確認し、疑わしいふくらみがあればなるべく早く病院を受診しましょう。

臍ヘルニアの予防法

臍へルニアを予防する方法は残念ながらありません。日ごろから身体の様子をチェックし、気になることがあれば早めに動物病院に相談するようにしましょう。

椎間板ヘルニアの予防法

背骨に負担がかからないようにすることが大切です。フローリングなどの滑りやすい床にはカーペットを敷く、高いところに登れないようにするなど日常生活での注意が必要です。肥満も椎間板ヘルニアの発症率を高くする要因となるので、体重管理を心がけましょう。

まとめ

鼠径ヘルニアや椎間板ヘルニアはペット保険によって補償対象となるかどうかがわかれる病気です。加入後に後悔しないためにも、重要事項説明書や約款等で補償対象外項目をきちんと確認しておきましょう。

ヘルニア以外の補償対象外項目は?

ペット保険ではヘルニア以外にも補償対象外の病気があります。
治療費が高額になりやすい歯周病や去勢・避妊手術等に関して保険が適用されるか知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてください。

ペット保険の適用外の犬の病気やケガは?補償対象外項目を症例ごとに解説犬の病気やケガによってはペット保険の適用外になることも。健康診断/ワクチン/避妊/去勢/パテラ/ヘルニア/歯周病など犬のよくある病気ごとに補償対象外としているペット保険会社を確認してみましょう。...

本記事の内容はすべて2021年6月14日時点のものです。