猫種編

アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険を徹底解説!

ペット保険とは、ペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険です。
さまざまなプランが用意されていますが「自分の飼っている猫にはどの保険が合っているの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、アメリカン・ショートヘアがかかりやすい病気やケガという観点から、ペット保険を紹介します。
大切な家族のための保険選びの参考にご一読ください。

他の猫種について知りたい方はこちら

ペット保険 猫種
猫種別の猫のペット保険の選び方猫のペット保険に入ろうと思った際に、飼っている猫にあった保険はどの保険会社、プランはどれか悩まれる方も多いのではないでしょうか。猫種によってかかりやすい病気、ケガが異なっていることもあるため、猫種にあわせてペット保険を選ぶことをおすすめします。本記事では猫種ごとのおすすめの保険をまとめています。...

アメショってどんな猫?特徴は?

アメリカンショートヘア ペット保険

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘアは、イギリスからアメリカへ連れてこられた猫が、現地の猫たちと交配をして誕生したといわれています。生命力が強いことと狩猟能力が高いことから、活動範囲をどんどん広げ、今では日本でもとても人気の高い猫種です。
日本ではアメショの愛称で親しまれていますが、ネズミ捕りに長けていたことから、アメリカでは「マウサー」としても知られているそうです。

アメリカンショートヘアの大きさ

アメリカンショートヘアの体重は3~6kgほど。猫種の中では大きめで、筋肉や骨がしっかりとした丈夫な体つきをしています。
ネズミ捕りが上手にできるほど運動神経が良く、部屋の中でも活発に動き回ります。

アメリカンショートヘアの毛色や被毛の特徴

アメショは短毛種で、硬い毛質の被毛が体中を覆っています。
被毛の密度が濃いことで、寒い日でも体温を保ちやすいといわれています。
毛色は、黒い縞模様が入ったものやブラック単体などさまざまで、基本的にすべての毛色がみられます。

アメリカンショートヘアの性格

アメショの性格は友好的といわれています。基本的には、ほかの猫や子どもとも仲良く過ごすことができます。
聡明な一面もあり、飼い主の言うことを理解できることもあるようです。しつけをすることで、良きパートナーとして一緒に過ごすことができるでしょう。

アメショとサバトラ、違いは?

アメリカンショートヘア ペット保険
グレーの縞模様の猫のことを「サバトラ」といいますが、サバトラはアメリカンショートヘアと似ているといわれることがあります。

アメリカンショートヘアの柄は「シルバークラシックタビー」といい、胴体を横から見ると大きなうずまき模様になっています。
サバトラの柄は「シルバーマッカレルタビー」といい、トラのような縞模様をしたキジトラや茶トラの色違いです。

色と柄の組み合わせから似ているといわれることがありますが、サバトラは日本猫と交配して生まれた猫であり、アメショとは種類が異なります。

お世話のポイントは?

元気いっぱいのアメリカン・ショートヘアは、遊ぶのが大好き。キャットタワーを置くなど、日常的に運動ができる環境を整えてあげましょう。

すぐに飲み込んでしまうような大きさのものや、危険なものは手の届かないところに置いて置くことも大切です。好奇心旺盛でさまざまなものに興味を示すため、異物誤飲やケガをしてしまう可能性があります。

また、体質的に太りやすい傾向にあるため、心臓や足腰への負担がかからないように栄養管理にも気をつけましょう。

アメリカン・ショートヘアがかかりやすい主な病気やケガ

日本獣医師会による「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査(平成27年度)」から算出すると、猫の治療費の平均は年間約8万4,000円となっています。
高額な診療費に備えるためにも、アメリカン・ショートヘアにどんな病気やケガが多いのかをしっかり確認しておくことが大切です。

アメリカン・ショートヘアがかかりやすいとされる主な病気やケガはこのようになっています。

かかりやすい病気例 概要
異物誤飲 食べてはいけないものを誤って飲み込んでしまう
尿石症 尿路に結石ができることで、頻尿や血尿がみられる
多発性のう胞腎 腎臓にのう胞ができて、腎機能が低下する
慢性腎臓病(腎不全) 腎臓の機能が低下し、体内の毒素を排出できなくなる
肥大型心筋症 心筋が厚くなることで、血液の循環が悪くなる
猫カゼ ウイルスに感染し、くしゃみなどカゼの症状がでる

参照元:アイペット|アメリカン・ショートヘア

他の猫と同様に、高齢のアメリカン・ショートヘアは腎臓系の疾患を患いやすくなります。
飲水量の不足は腎臓病につながる可能性もあるため、新鮮な水を数ヶ所に用意するなど、水分をとりやすい環境をつくることを心がけましょう。

アメリカン・ショートヘアのペット保険を選ぶポイント

アメリカンショートヘア ペット保険
ペット保険はペットが病気やケガになったときの治療費をカバーしてくれる保険ですが、なかには補償対象外と定められている病気やケガもあります。
猫の品種によってかかりやすい病気やケガが異なるため、自身が飼っている猫の特徴を踏まえてペット保険を選ぶことも大切だと考えます。

本記事ではかかりやすい病気やケガという観点から、アメショのペット保険を選ぶポイントを3つご紹介します。

【ポイント①】通院・入院・手術をカバーしていること
【ポイント②】通院補償が充実していること
【ポイント③】高齢時の保険料も確認すること

【ポイント①】通院・入院・手術をカバーしていること

アメリカン・ショートヘアのかかりやすい病気やケガのなかには、長期の通院が必要となるもの、手術や入院が必要となるものがあります。

例えば、慢性腎臓病は長期の通院が必要になることもある病気です。基本的に腎臓の組織は一度失われると元に戻すことはできないといわれているため、病気の進行を遅らせるための治療を継続することになります。

また、異物誤飲は飲み込んだものによっては全身麻酔を伴う内視鏡による摘出や開腹手術が必要になることもある病気です。
アニコム損保の家庭どうぶつ白書2019によると、猫の手術理由と入院理由の第2位が異物誤飲によるものであり、どちらの場合も1回あたりの診療費が10万円以上かかっています。

ペット保険の中には、通院のみ補償、手術のみ補償というように、補償の内容を限定することで保険料を抑えたプランもありますが、アメリカンショートヘアには通院・入院・手術を幅広く補償するプランがおすすめです。

【ポイント②】通院補償が充実していること

ポイント①で述べたように、アメリカンショートヘアのかかりやすい病気のひとつである慢性腎臓病(腎不全)は長期の通院が必要になることもある病気です。
au損保によると腎不全での1度の入院と20日の通院で18万円ほどかかったケースがあるようです。

ペット保険は、通院1日(1回)あたりの支払限度額が抑えられていたり、年間の限度回数が少なめになっていたりするものもありますが、アメリカンショートヘアには、長期の通院に備えることのできる通院補償の充実したプランを検討することもおすすめです。

【ポイント③】高齢時の保険料も確認すること

近年、動物医療の発展と飼育環境の充実に伴い、ペットの平均寿命は伸びています。
アニコム損保の家庭動物白書2017によると、アメリカンショートヘアの平均寿命は13.5歳です。

ペット保険は、基本的に、年齢が上がるとともに保険料も増加します。
継続加入を予定している方は、補償内容を確認したうえで、高齢時の保険料も確認しておきましょう。

アメリカン・ショートヘアのためのペット保険を選ぼう

アメリカンショートヘア ペット保険
ポイント①を踏まえて、当サイトに掲載している13社の通院・入院・手術をカバーするプランを見ていきましょう。

補償内容一覧

まずは、補償内容を見ていきましょう。
ポイント②で述べたように、アメリカンショートヘアのかかりやすい病気のなかには「慢性腎臓病」など長期の通院が必要になる病気もあります。

たとえ保険料が安くても、必要な補償が受けられなければ本末転倒です。回数制限や支払限度額などが充分かどうかなど、補償内容をしっかりチェックして納得のいくものを選びましょう。

保険会社/商品名 補償割合 新規加入可能年齢 回数(日数)制限 1日(回)あたりの上限金額 待機期間 窓口精算 免責金額
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
50% 7歳11ヶ月まで 通院・入院は年20日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万円まで
手術は10万円まで
病気は30日間 あり なし
70% 通院・入院は1万4,000円まで
手術は14万円まで
アイペット
うちの子
50% 12歳11ヶ月まで 通院・入院は年22日まで
手術は年2回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は10万円まで
なし あり なし
70% 通院は1万2,000円まで
入院は3万円まで
手術は15万円まで
FPC
フリーペットほけん
50% 9歳未満 通院は年30日まで
入院は3入院まで(注1)
手術は年1回まで
通院は1万2,500円まで
入院は12万5,000円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
PS保険 50% 8歳11ヶ月まで 通院は年20日まで
入院は年30日まで
手術は年2回まで
通院は1万円まで
入院は2万円まで
手術は10万円まで
なし なし なし
70%
100%
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
50% 満11歳未満(10歳11ヵ月まで) 通院は年22日まで
入院は年25日まで
手術は年3回まで
通院・入院は1万2,000円まで
手術は12万円まで
病気は30日間 なし なし
70% 通院・入院は1万5,000円まで
手術は15万円まで
ペッツベスト
セレクトBEST(注2)
60% 12歳11ヶ月まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし 2万円、5万円、10万円のいずれか(プランによって異なる)
80%
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
50% 満7歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは90日間
あり なし
70% なし(年70万円まで)
アクサダイレクト 50% 満8歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは120日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
au損保
通院ありタイプ
50% 10歳まで なし(入院・手術は年50万円まで。通院は年20万円まで) 病気は30日間 なし なし
70% なし(入院・手術は年70万円まで。通院は年28万円まで)
SBIプリズム少短
プレミアムオレンジプランII
100% 満8歳未満 通院は年間60日まで
入院は年間30日まで
手術・ガン手術通算して年2回まで
通院は日額5,000円まで
入院は日額10,000円まで
手術は1回60,000円まで
ガン手術は1回90,000円まで
ガンは45日間 なし なし
日本ペット
いぬとねこの保険
プラチナプラン
50% 満10歳まで なし(年50万円まで) 病気(ガンを除く)は30日間
ガンは60日間
なし なし
70% なし(年70万円まで)
90% なし(年90万円まで)
イーペット
e-ペット
50% 満10歳まで なし(年60万円まで) 病気は15日間 なし なし
70%
イオン
ケガ+病気プラン
50% 10歳未満 通院・入院はなし
手術は年2回まで
入院・通院は1万円まで
手術は10万円まで
なし なし あり
70% 入院・通院は1万4,000円まで
手術は14万円まで

※保険期間は1年間、満期返戻金なし
(注1)FPCは入院してから退院するまでを1入院としてカウント
(注2)ペッツベストはフィット50万の場合
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペッツベスト/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・SBIプリズム少短/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書
・イオン/重要事項説明書

アメリカン・ショートヘアの保険料を比較

次に、各プランの保険料を確認しましょう。
ここでは、「アメリカン・ショートヘア、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない」という条件で、各社の保険料をまとめました。
※この保険料表示にかかる詳細な前提条件は、保険料表の直下に記載していますので、そちらでご確認ください。

ポイント③でご紹介したように、高齢時の保険料は高くなりがちですので、継続加入を念頭に置かれている方は、加入時の料金だけでなく将来の保険料も確認しておくことも大切です。
なお、実際に保険商品を選ぶ際は、保険料だけでなく、これまでに紹介した補償範囲や補償内容なども併せてご検討ください。

保険会社/商品名 補償割合 1歳 5歳 10歳
アニコム損保
どうぶつ健保ふぁみりぃ
70% 3,170 3,470 4,820
アイペット
うちの子
70% 2,990 3,260 4,990
FPC
フリーペットほけん
70% 1,950 2,930 2,930
PS保険 70% 1,970 2,170 2,750
楽天ペット保険
ずっといっしょ[もっと]
通院つきプラン
70% 2,350 2,750 5,270
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん
70% 2,910 3,340 4,400
アクサダイレクト 70% 1,910 2,390 4,810
au損保
通院ありタイプ
70% 2,090 2,670 5,140
日本ペット
プラチナプラン
70% 1,990 2,520 4,020
イーペット
e-ペット
70% 1,980 2,340 3,550


【上表の保険料の前提条件】
・各社の保険料表に基づいて作成。
・アメリカン・ショートヘア、補償割合70%、月払、免責金額なし、各種割引制度の適用無し、選択可能なオプション特約は選択しない。
・なお、ペッツベストおよびSBIプリズム少短は70%補償プランがないため、イオンは「免責金額なし」のプランがないため、上表では表示していない。

【各社個別の条件】
・アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの保険料は、基本保険料で表示(保険の利用状況によって適用される割増引を考慮していない。)
・PS保険は補償開始日時点で生後30日以上120日未満の場合で算出(インターネットによる申込)。
・ペット&ファミリーげんきナンバーわんの保険料は初年度と2年目以降で異なるため、2年目以降の保険料の場合で算出。
・アクサダイレクトの保険料はマイクロチップ装着あり、かつ、保険金支払い実績による割増引制度を考慮しない場合で算出。また、継続契約の保険始期日時点でペットの年齢が満11歳以上となる場合は「プラン50」のみで引受。

【注意事項等】
※保険料は、今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※ペットの健康状態等による引受基準は各社によって異なります。
※ペット保険に加入する際、前提となる条件の違いにより保険料が異なる場合があります。実際に適用される保険料については、保険会社に問い合わせたうえで商品を選択しましょう。
※ペット保険は、保険料だけではなく、契約条件や補償内容などの要素も考慮した上で比較・検討してください。
※ここには保険商品の内容の全てを記載しているものではありませんので、あくまで参考情報としてご使用ください。
※ここに記載されている保険商品の詳細な内容については、重要事項説明書および約款にて必ず全般的にご確認ください。


・アニコム損保/重要事項説明書
・アイペット/重要事項説明書
・FPC/重要事項説明書
・PS保険/重要事項説明書
・楽天ペット保険/重要事項説明書
・ペット&ファミリー/重要事項説明書
・アクサダイレクト/重要事項説明書
・au損保/重要事項説明書
・日本ペット/重要事項説明書
・イーペット/重要事項説明書

猫の飼い主さんによるペット保険の口コミ

実際にペット保険に加入している方の口コミはペット保険選びの参考になるかと思います。猫を飼っている方の口コミを確認してみましょう。

猫の保険、入っていてよかったことは?


まだ保険金を請求したことはありませんが、万が一の時に利用できると分かっているだけで安心しています。(飼っている猫種:ミックス、埼玉県在住、40代女性)

半月経った時に誤飲で入院し保険を使うことになったので、入っていて良かったと思いました。(飼っている猫種:ミックス、東京都在住、40代女性)

猫の保険、気になる点やデメリットは?


補償の割合の高いものにするとやはり保険料は高く感じます。保険料を貯金しても同じでは…と思うこともあります。(飼っている猫種:ミックス、新潟県在住、50代女性)

全て請求書に記入するのが面倒くさく、結果請求していない。(飼っている猫種:スコティッシュ・フォールド、東京都在住、30代女性)

まとめ

好奇心旺盛で可愛らしいアメリカン・ショートヘアですが、病気やケガになってしまうと治療費が高額になることもあります。
今回紹介したポイントが、アメリカン・ショートヘアのためのペット保険選びの参考になれば幸いです。

本記事の内容はすべて2021年7月30日時点のものです。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>> ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。 ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。 犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。