楽天ペット保険 バナー
症例編

犬も糖尿病になる!具体的な症状や予防方法と治療費の備えとしてのペット保険を解説

糖尿病とはインスリンが不足する、または正常に働かないことで、血糖値が高くなってしまう病気です。

本記事では、糖尿病になるとみられる症状、予防方法などを解説します。また、糖尿病の治療にかかる費用にも備えられるペット保険についてご紹介します。

犬が糖尿病を発症したときにみられる症状

ダルメシアン
血液中の糖は、通常であればインスリンの働きによって、細胞内に取り込まれて、臓器などを動かすエネルギーとして働きます。

しかし、糖尿病になるとインスリンが不足する、または上手く機能しなくなるため、血液中の糖が細胞に取り込まれずに増えてしまいます。

結果的に、血液中の糖分濃度は高くなり、細胞内の糖分が不足するという状態になってしまうのです。

糖分は、細胞にとって大切なエネルギーであり、不足すると生命活動に支障をきたしてしまいます。

犬の糖尿病はⅠ型糖尿病の症状がみられることが多い

糖尿病はⅠ型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)とⅡ型糖尿病(インスリン非依存性糖尿病)に大別されますが、犬が糖尿病を発症した場合は、Ⅰ型糖尿病であるケースがほとんどです。

そもそもⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病は発症の原因が異なっています。

Ⅰ型糖尿病の原因

膵臓のランゲルハンス島から、正常にインスリンが適切に分泌されない。

Ⅱ型糖尿病の原因

インスリンの分泌自体は正常または著しくは低下してないが、身体が上手く反応せず、正常に作用しない。

どちらも高血糖を招きますが、治療方法にも違いがあります。Ⅰ型糖尿病はインスリンの分泌自体が不足しているため、インスリンを注射で補うことになり、日常的に飼い主がインスリン注射を打つことになります。

一方の、Ⅱ型糖尿病は、運動療法、食事療法、血糖値を下げる薬の服用などを治療として行います。場合によっては、インスリン注射を用いることもあります。

主な症状として多飲多尿や体重の減少がみられる

犬が糖尿病になった際にみられる主な症状は以下の通りです。

糖尿病の主な症状
  • 食欲が増加する
  • 水を多く飲む
  • 排尿量が増える
  • 食べているが、体重が減少する

糖尿病になると、インスリンが不足または正常に作用しなくなることで、細胞に十分な糖分が供給されなくなってしまい、高血糖になってしまいます。

一方の細胞は、糖分が足りず飢餓状態となり、エネルギー源を欲しがるようになり、食欲が増加します。

また、高血糖の状態では、腎臓で水分の再吸収が上手くできなくなり、排尿量が増加します。そして、体内の水分量が減り、水を多く飲むようになります。

さらには、体内に蓄えておくはずのたんぱく質や脂肪などの栄養素を生命活動に使うようになり、筋肉や脂肪が減少して、食べているのに体重が減少するようになってしまいます。

進行すると白内障など合併症を引き起こす可能性がある

人間の場合、糖尿病はさまざまな合併症を招くことで知られていていますが、犬においても同様に合併症を起こしてしまう危険性があります。

糖尿病が進行すると、白内障や肝障害、糖尿病性腎症、細菌感染による再発性皮膚炎、しびれなどを合併症として起こす可能性があります。

また、メスの犬は子宮蓄膿症になってしまうケースもあります。

末期に重篤化すると糖尿病性ケトアシドーシスの危険も

糖尿病性ケトアシドーシスとは、「ケトン体」が体内に蓄積される病気です。「ケトン体」とは、糖分を供給されなくなってしまった細胞がエネルギーを作るために脂肪を分解することで生まれるものです。

蓄積されたケトン体は、体内にさまざまな悪い影響を及ぼします。具体的な症状は以下の通りです。

糖尿病性ケトアシドーシスにみられる症状
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 強い脱水
  • 独特な口臭
  • 食欲低下 など

特に脱水によって腎不全や膵炎、心不全などを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

症状が進行すると昏睡状態などに陥り、命に関わります。そのため、糖尿病性ケトアシドーシスになった場合、早急に適切な処置をする必要があります。

緊急時に備えて、かかりつけの動物病院以外にも、救急対応している動物病院の電話番号や住所を控えておくようにしましょう。

犬が糖尿病になってしまう原因

フライングドッグ
次に、犬が糖尿病になってしまう原因を解説します。先天的な原因もありますが、日頃の食事などが影響することもあります。

先天性の膵臓の機能不全

まず挙げられるのが、先天的な膵臓の機能不全によるものです。

膵臓から正常にインスリンが分泌されず血糖値が高くなってしまうために、糖尿病を発症してしまうケースがこれに該当します。

この場合、インスリンの分泌量が足りていない可能性が高く、インスリン注射によって処置していくケースが多いです。

肥満

次に挙げられるのが、肥満を原因とする発症です。

肥満は糖尿病と深い関係があります。正確には肥満自体が原因になるわけではなく、肥満を招く生活によって、糖尿病になってしまうのです。

運動をする習慣がなかったり、糖質や炭水化物など血糖値を高いままにしてしまう食事やおやつを、長期間に渡って摂取したりといった生活習慣から肥満になり、糖尿病の発症につながってしまうのです。

エサの食べ方が原因になることも

犬のエサの食べ方が、糖尿病の原因になることもあります。いわゆる「ドカ食い」「早食い」は血糖値が急激に上がるため、大量にインスリンが分泌されます。

大量なインスリンの分泌が習慣化すると、細胞のインスリンへの反応が鈍くなってしまい、糖分が適切に細胞に取り込まれずに、高血糖の状態が続き、糖尿病になってしまうのです。

最近では、犬が一気にエサを食べてしまうことを防ぐ食器も販売されているため、早食いの癖がある場合は、活用してみることをおすすめします。

糖尿病を発症しやすい犬種もある

糖尿病の発症のしやすさは、犬種によって異なります。遺伝的に糖尿病を発症しやすい犬種として以下が挙げられます。

糖尿病を発症しやすい犬種
  • ジャックラッセル・テリア
  • シュナウザー
  • ダックスフント
  • ビーグル
  • プードル
  • ミニチュア・ピンシャー など

ただし、上記の犬種以外でも発症する可能性があります。糖尿病が疑われる症状がみられたら、動物病院に相談しましょう。

なお、犬種だけでなく、性別によっても糖尿病のなりやすさには違いがあり、オスよりメスの方がかかりやすく、特に未避妊のメスが発症しやすいといわれています。

また、糖尿病には中〜高齢犬がなりやすく、8歳前後が発症のピークとされています。

参照元:東福岡たぬま動物病院|犬・猫の糖尿病について

糖尿病の発症を疑い!速やかに受診した方がいい特徴

待たされる犬
愛犬の様子によっては、速やかに動物病院を受診した方が良い場合もあります。

糖尿病は、症状によっては命にかかわることもあるため、異変を感じたら早めに受診しましょう。

エサの量が増えているのに体重が減少する

エサを異常に欲しがり、いつも以上に食べているにも関わらず、体重が減少している場合は、糖尿病の可能性があります。

まず、エサを異常に欲しがるのは、糖を細胞に上手く取り込むことができずに、飢餓状態になっているため、エネルギー源である食物を欲しがるようになるためです。

また、糖を上手く取り込めずに、筋肉や脂肪を分解して栄養を補うようになるため、体重の減少がみられます。

飲水量と尿量の極端な増加

糖尿病になると、血液が高血糖になり、腎臓で上手く水分の再吸収ができなくなり、排尿量が増加します。

本来、体内にあるべき水分も尿として排出されてしまうため、犬は水を欲しがるようになります。

また、排尿をしても高血糖の状態が続いていれば、糖分を排出する尿を作るために、更に水分を欲しがり続けてしまいます。ちなみに、異常な水の摂取量は、1日に体重1kgあたり90cc以上が目安になります。

犬が糖尿病になってしまったときの治療方法

散歩する犬
次に犬が糖尿病になった際の治療法を解説していきます。1つの治療法だけでなく、複数の治療法が一緒に行われることもあります。

インスリン療法

多くはⅠ型である犬の糖尿病治療には、インスリン療法が用いられるケースが多いです。診察を通じて、犬に合わせたインスリン注射の種類や量などを決めていきます。

1日2回の注射が必要になることが多いため、獣医に打ち方などを教わり、自宅で処置することとなります。

インスリン注射を用いた治療では、逆に血糖値を下げすぎてしまう恐れもあります。そうした緊急時の対応についても獣医に確認しておきましょう。

具体的には、元気の消失や痙攣、体温低下などがみられた場合、インスリン注射による低血糖を起こしている可能性があるため、獣医に相談して適切に対応することが大切です。

食事療法

糖尿病になった場合、インスリン療法とあわせて、食事療法が用いられることが多いです。食事療法のフードは、繊維質を多く含み、血糖値が急激に上昇しないように作られています

療養食を与える場合、与える量や時間を統一するようにしましょう。

犬の糖尿病における治療費の目安

見上げる犬
犬の糖尿病は基本的に完治することが難しく、生涯付き合っていくことが多いです。

定期的な通院による負担も膨らみやすいため、年間でどのくらいの治療費がかかるのか把握しておくと良いでしょう。

  • 平均通院回数(入院除く)・・・6.8回
  • 平均診療費単価・・・12,765円
  • 1年間の診療費推計・・・86,802円

参照元:アニコム損保|糖尿病の診療費 年間平均約87,000円
※上記の診療費等はあくまで一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません
※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります

上記の場合、1回あたりの診療では約13,000円であり、貯金などでも対応できるかもしれません。

しかし、年間で考えると約90,000円となります。基本的に愛犬の生涯を通じて必要になる金額のため、長期的には家計の負担になってしまう可能性は十分に考えられます。

犬の糖尿病の治療にかかる費用はペット保険で備えられる

見上げる犬
糖尿病は、長期にわたる治療が必要になることが多く、治療費の負担が家計を圧迫することが考えられます。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されるため、経済的な負担を軽減することができます。

愛犬の糖尿病の発症を考えて、貯蓄などによって治療費を払い続けられるのか、万が一の大きな金額に備えてペット保険に加入した方が良いのかについて、検討してみることをおすすめします。

※保険会社や発症のケースによって補償対象外となる場合もあります。詳細は加入中または加入を検討しているペット保険会社へお問い合わせください

高額な治療費など急な出費にも備えることができる

ペット保険に加入しておけば、糖尿病以外の病気で、高額な治療が急に必要になった際の備えにもなります。

アニコム損保によると、ケガや病気の治療費は年間平均59,387円となっていますが、あくまでも平均であるため、急なケガや病気で入院や手術が必要になった場合、数十万円以上の治療費が必要になることも考えられます。

そうした際に、ペット保険に加入しておくことで、家計の負担を軽減することができます。

参照元:アニコム損保|【2021最新版】ペットにかける年間支出調査

糖尿病の既往歴がある場合には加入できない保険もあるため要注意

一方で、糖尿病の既往歴がある場合は加入ができない保険会社もあります。

いざ病気になってからペット保険の加入を検討すると、そもそも加入自体ができなかったり、加入はできても既往歴のある傷病に対しては治療費が補償対象にならないケースがあります。

以下の記事では、ペット保険各社の加入条件について詳しく解説しています。

加入条件 持病 ペット保険
ペット保険の加入条件は?持病があっても入れる?ペット保険には加入するための条件がいくつかあります。申込み後に行われる引受審査では、持病などの告知に基づいて加入可否が判断されます。ここでは、基本的な加入条件や持病がある場合の各社の対応、ペット保険選びに役立つコンテンツをご紹介します。...

日常的な通院のハードルが下がって病気の早期発見にもつながる

愛犬の体調の様子がおかしい際、少しの異変であればしばらく様子を見ようと考えるケースも少なくありません。

しかし、ペット保険へ加入したことで動物病院を受診するハードルを下げられれば、病気の早期発見や早期治療につながることも期待できます。

毎月保険料を負担し、治療費に対する補償を受けられることで動物病院に通いやすくなる点はペット保険加入のメリットだといえるでしょう。

以下記事では、ペット保険各社について保険料や補償内容など、具体的な比較をしています。あわせてご覧ください。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け13社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのかわからない…」という方に向け、13社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

犬の糖尿病の予防方法

見上げる犬

先天的な要因での発症を除き、糖尿病は日常生活において一定の予防ができる病気だとされています。

1度発症すると長期的な治療が必要になってしまうため、あらかじめ予防に努めることをおすすめします。最後に、犬の糖尿病を予防するための方法について解説します。

毎日の散歩で適度な運動を続ける

まずは、糖尿病の原因にもつながりやすい運動不足を解消するために、毎日の散歩で適度な運動を習慣にしましょう。運動によって肥満を予防できるだけでなく、ストレスの解消にもなります。

特に室内で飼育している犬の場合、運動量が足りていないことがあるため、意識的に散歩を取り入れるようにしてください。

決められた1日の総摂取カロリーを維持できる食事にする

1日に愛犬に与える食事を、適切な量にすることも大切です。体重や活動量などから適量を計算して与えるようにしましょう。

適量がわからない場合には、普段の活動量などについてメモしておき、獣医などの専門家へ相談するのもおすすめです。

また、食事以外で食べさせるおやつの量にも注意しましょう。おやつとして与えて良い量は、1日の摂取カロリーの10%以内が目安といわれています。

与えすぎないようにすることも大切ですが、与えすぎてしまった場合は食事の量を調整しましょう。

飲水量やエサの食べ方など日常的なチェックを行う

予防方法とは異なりますが、万が一発症してしまった際にすぐ気付けるよう、日頃から飲水量やエサの食べ方などを注意して見ておきましょう。

例えば、異常にエサを欲しがるようになったり、水を多く飲むようになったりした場合、糖尿病の可能性もあるため、動物病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

糖尿病は、早期発見、早期治療によって進行を緩やかにすることができる可能性があります。

まとめ

草原の犬
糖尿病は先天的な要因で起きることもありますが、普段の食事が原因になることもあります。一度発症してしまうと、完治することは難しく、長期間または生涯付き合っていくことになってしまいます。

そうなる前に、日頃からちょっとした変化にもすぐに気づくことができるよう心がけ、愛犬が糖尿病にならないようにしましょう。

また、糖尿病は1回あたりの治療費は高額でなかったとしても、長期的に病院に通うため、最終的には高額な治療費が必要になります。そうした際の、備えとしてペット保険も検討してみることをおすすめします。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×