入門編

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べられない!玉ねぎが及ぼす危険性や食べてしまった際の対処方法を解説

犬に玉ねぎを与えてはいけません。玉ねぎに含まれる成分が、犬にとっては有害であり危険なためです。

本記事では、玉ねぎを食べさせてはいけない理由や玉ねぎ中毒の症状、玉ねぎに含まれる栄養素を補える食べ物、食べてしまった際の対処法などを解説します。すでに犬を飼っている方やこれからお迎えされる方は、ぜひ一度ご覧ください。

犬に玉ねぎを与えるのは絶対にNG!

たくさんの玉ねぎ
犬に玉ねぎを食べさせてはいけません。中毒症状を起こしてしまい、場合によっては重篤な症状を引き起こし、命に関わる恐れもある危険な食べ物です。

また、玉ねぎに限らず、ニラやネギ、ニンニクといったネギ属の食べ物は犬にとって有害な食べ物であるため、同様に注意が必要です。どれもさまざまな料理に使用されるため、日頃から犬が口にしないように注意をしましょう。

玉ねぎに含まれる栄養素が犬に与える危険性

カットした玉ねぎ
具体的に玉ねぎの何が犬にとって有害なのか疑問に思う方もいるでしょう。ここからは玉ねぎに含まれる成分が、なぜ犬にとって危険なのかを解説します。

有機チオ硫酸化合物が赤血球を破壊する

玉ねぎに含まれる「有機チオ硫酸化合物(アリルプロピルジスルフィド)」という成分は、犬にとっては有害なものです。

人間が摂取すると、血液をさらさらにしてくれる効果がある有機チオ硫酸化合物は、犬が摂取すると、血液中に含まれる赤血球のヘモグロビンを酸化させてしまい、赤血球を破壊(溶血)してしまいます。

赤血球が破壊されることで、溶血性貧血を引き起こしてしまい、その結果、粘膜が青白くなる粘膜蒼白や白目、歯肉、皮膚が黄色くなる黄疸などを起こすことがあります。貧血ときくと、あまり危険な印象は受けませんが、命にも関わることがあるため注意が必要です。

また、有機チオ硫酸化合物は玉ねぎだけでなく、ネギやニンニクなどにも含まれるため同様に注意しましょう。

玉ねぎの毒性は加熱をしても消えない

有機チオ硫酸化合物は、加熱をしても消滅しないため、加熱した玉ねぎであっても与えてはいけません。また、玉ねぎを乾燥させていたとしても毒性はなくなりません。

そのため、犬が口にする物がたとえ加熱されていても、玉ねぎが含まれていないか日頃から注意をする必要があります。その他にも、玉ねぎは料理などに使用される際、細く刻まれ目に見えないこともあるため、ドレッシングや野菜ジュースなども犬に与える場合、玉ねぎが含まれていないかを必ず確認しましょう。

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンも犬にとっては有毒

近年、玉ねぎの皮に含まれるケルセチンは、血流の改善やコレステロール値の低下などの効果から注目されています。しかし、ケルセチンは犬にとっては有害なものです。

玉ねぎを与えないことはもちろん、皮も食べてしまわないように注意が必要です。例えば、玉ねぎを料理に使用した後は、犬が誤って皮を食べてしまわないように、すぐに処分するといった工夫をしましょう。

玉ねぎによって起こる中毒症状

覗き込む犬
犬が玉ねぎを食べてしまうと、初期症状として下痢や嘔吐などを起こす可能性があります。
以下のような体調不良がみられた場合、中毒症状を発症している可能性があるため、すぐに動物病院を受診しましょう。

玉ねぎ中毒にみられる主な症状
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 粘膜蒼白(粘膜が青白くなる)
  • ヘモグロビン尿(赤い色素を含んだ尿)
  • 黄疸(白目や歯肉、皮膚が黄色くなる)
  • 呼吸数の増加
  • めまい
  • 意識の消失 など

一般的に、最初は嘔吐や下痢など消化器官に関連する症状がみられ、その後、粘膜蒼白やヘモグロビン尿など溶血性貧血に起因する症状があらわれます。場合によっては、消化器官に関わる症状と溶血性貧血の症状が、一緒に起こることもあります。重篤な場合、意識の消失など命に関わる症状がみられるようになります。
​​

中毒症状が出るまでの期間は1日から数日間

玉ねぎによる中毒は、症状があらわれるまでに1日から数日かかるといわれています。つまり、玉ねぎを食べて、数時間経っても平気そうにしているケースがある点に注意が必要です。

しかし、時間が経ってから症状が起きる可能性があるため、体調不良を起こしていなくても、早めに動物病院で診てもらうことが大切です。
早いタイミングで受診することで、食べてしまった玉ねぎを吐き出せる可能性も高くなります。

発症のタイミングには個体差があります。大量に食べてしまった場合や体質によっては、玉ねぎを食べてから数時間で症状がみられることもあります。

玉ねぎのエキスで中毒症状が起こるケースもある

玉ねぎによる中毒は、玉ねぎそのものを食べていなくても、エキスを口にしてしまうことで引き起こされる場合もあります。例えば、玉ねぎを煮込んだスープにはエキスが含まれているため、玉ねぎと同様に注意が必要です。

また、栄養補助食品や飲み物には、玉ねぎの成分が含まれていることがあるため、犬に食べ物を与える際は、玉ねぎなど犬にとって危険なものが入っていないか確認をしてから与えましょう。

少量でも危険!致死量はわかっていないため注意が必要

玉ねぎの致死量は明確にはわかっていません。玉ねぎを丸ごと食べても大丈夫だったケースや、玉ねぎの入ったスープを舐めた程度でも症状が起きた場合もあります。

一方で、中毒症状を起こす量は体重1kgあたり15〜30g程度といわれています。しかし、中毒量もあくまで目安な上、致死量もわかっておらず、体質にもよるため、決して犬が玉ねぎやエキスを口にしないようにしましょう。

万が一、食べてしまったら、すぐに動物病院に連絡をして受診することをおすすめします。

玉ねぎを使用した食品も同様に与えないように注意

ハンバーガー
玉ねぎはさまざまな料理に使用されますが、玉ねぎを使った食べ物も同様に犬に与えてはいけません。炒め物やサラダはもちろん、玉ねぎを煮込んだカレーやスープも食べさせないようにしましょう。

玉ねぎは細かく切って使用される料理も多く、ハンバーグやドレッシングなど、目に見えないものには注意が必要です。また、先述した通り、人間の飲み物などには、玉ねぎのエキスが入っている可能性があるため、与える場合は原材料に玉ねぎが入っていないことを確認しましょう。

玉ねぎに含まれる栄養素は安全に補える食材がある

草原の犬
玉ねぎに含まれる栄養素を与えたい場合、犬が安全に食べられるよう、同じ栄養素が含まれている他の食材で補うようにしましょう。ここからは、玉ねぎに含まれる栄養素を補える食べ物を紹介します。

マグネシウム

玉ねぎから摂取できる栄養素として、マグネシウムを挙げることができます。マグネシウムは、体内のエネルギー代謝に欠かせなかったり、骨や歯の形成成分であったりと犬にとって重要な栄養素です。

マグネシウムが不足すると、高血圧や食欲減退、麻痺などの神経障害を引き起こします。

とうもろこしやブロッコリーを与えて補うこともできる

マグネシウムは、とうもろこしやブロッコリーなどの野菜類に豊富に含まれています。そのため、不足が気になる場合、野菜類を適切な与え方で食べさせてみることをおすすめします。

また、マグネシウムやカルシウム、亜鉛などがバランスよく含まれている栄養補助食品も販売されているため、ドッグフードにトッピングして与えるという方法もひとつです。

犬 とうもろこし
【獣医師監修】犬はとうもろこしを食べられる!与え方のポイントやアレルギー症状への対処法を解説犬は、とうもろこしを食べられます。さまざまな栄養素が含まれており、犬の体にとってもメリットの多い食べ物ですが、加工食品や芯を与えてはいけないなど、与え方には注意が必要です。この記事では、とうもろこしの与え方やアレルギーへの対処法について解説します。...
犬 ブロッコリー
犬はブロッコリーを食べられる!栄養素や注意点、与える量などを解説ブロッコリーは犬に与えても大丈夫です。ブロッコリーにはさまざまな栄養素が含まれ、人間と同様に摂取するメリットがあります。しかし、与える量や調理方法には注意が必要です。本記事では、ブロッコリーに含まれる栄養素や与える際の注意点などを解説します。...

カリウム

玉ねぎにはマグネシウム以外にも、カリウムも含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。その他にも、筋肉や心臓の働きをサポートする効果があるなど重要な栄養素です。

ただし、腎臓の機能が低下している犬にカリウムを与える場合、高カリウム血症に注意が必要です。高カリウム血症になると、筋力低下や手足の痺れ、吐き気、脈拍異常などを起こすリスクがあり、重篤な場合は命に関わる危険性もあります。

みかんやスイカを与えて補うこともできる

ドッグフードを与えていれば、通常カリウムが不足することはありません。しかし、長期間にわたる下痢や嘔吐、食欲不振を起こしている場合、カリウムが不足する可能性があります。

カリウムはみかんやスイカに含まれます。その他にもカリウムを含む食品は多くあるため、愛犬が気に入るカリウムの入った食品を探して与えることで、食いつきもよくなるでしょう。

犬 みかん
【獣医師監修】犬はみかんを食べても大丈夫!栄養素や与える際の注意点、適量などを解説犬はみかんを食べられます。みかんには、ビタミンCやβ-カロテンなど有益な栄養も含まれています。しかし、与える際は、皮や種、すじ、薄皮を剥くなど注意点もあります。本記事ではみかんの与え方や適量、体調不良がみられた際の対処方法などを解説します。 ...
犬はスイカを食べられる
【獣医師監修】犬はスイカを食べられる!栄養素が与える犬へのメリットや与え方の注意点について解説犬はスイカを食べても大丈夫です。みずみずしく甘いスイカは、夏に食べると良い水分補給になるため、夏バテ予防に最適な野菜といえるでしょう。この記事では、スイカを犬に与えるメリットや、与え方の注意点について解説します。...

犬が玉ねぎを食べてしまったときの対処法

スライスオニオン
犬が誤って玉ねぎを食べてしまった際の対応方法を解説します。いざというときに慌てないように、対処法を知っておくことが大切です。

症状が出ない場合も速やかにかかりつけの動物病院で処置を受ける

玉ねぎを食べてしまった場合、中毒症状が出ていなくても、速やかに動物病院に連れていきましょう。玉ねぎによる中毒は、1日から数日経って症状があらわれることが多いため、食べてしまった直後は平気そうにしていても、連れて行くことが大切です。

早めに動物病院に連れて行けば、食べてしまった玉ねぎを吐き出させることができるかもしれません。

ただし、獣医など専門家でない人が無理に吐かせようとすると、かえって犬の負担になってしまうためやめましょう。

夜間などの緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日など、かかりつけの動物病院が開いていない時に玉ねぎを食べてしまった場合、救急対応をしている動物病院に連れていきましょう。

玉ねぎを食べてしまう以外にも、急なケガや病気といった緊急時の備えとして、救急対応している動物病院の電話番号や住所を日頃から控えておくことが大切です。

食べた時間帯や量について落ち着いて伝えられるようまとめておく

動物病院に連れて行った際に、玉ねぎを食べた時間や量などについて聞かれるため、正確に伝えられるようにメモなどしておきましょう。

また、すでに症状がみられている場合、いつ頃からどんな症状が起きたのか聞かれることもあるため、犬の様子を観察しておくことも大切です。

催吐処置や全身麻酔をかけた胃洗浄など治療費が高額になることも

玉ねぎを食べた際は、催吐処置や胃洗浄が行われることがあります。また、必要に応じて輸液療法や輸血などをします。このようにさまざまな検査や治療を行えば、治療費が高額になってしまう可能性もあります。

症状によっては、複数回の通院が必要になるケースもあり、そうした場合、治療はより高額になるでしょう。

急な体調不良に備えてペット保険の加入もおすすめ

見つめる犬
玉ねぎを食べてしまう以外にも、いつ愛犬がケガや病気をするかはわかりません。人間のような健康保険制度はないため、ケガや病気で動物病院に行った際の治療費は、全額自己負担になってしまいます。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されます。そのため、いざというときの備えとして、一度ペット保険への加入を検討してみましょう。

愛犬に異変が起きた際に迷わず受診できる

愛犬が体調を悪そうにしている際に、治療費が気になり、動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されるため、受診のハードルが下がることもあるでしょう。

受診のハードルが下がることで、早めに動物病院に連れていき、早期発見、治療開始が期待できることはペット保険のメリットといえます。

緊急時の問い合わせに対応してもらえるペット保険も

ペット保険の中には、急な体調不良など緊急時に獣医に相談できる付帯サービスがある保険もあります。すぐに動物病院に連れて行くべきなのか、もう少し様子をみるべきなのかといったことを相談できます。

また、しつけなどの日常の困りごとや悩みを相談できるものもあります。犬と暮らす上で、獣医といった専門家に相談できるのはとても心強く、安心です。

下記記事では、貯蓄で備えるよりもペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
獣医師が徹底解説!ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、治療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

獣医師からみた犬と玉ねぎの関係

葛野 莉奈 先生

玉ねぎを料理に使うことは、どのご家庭でも多くあるのではないでしょうか。

食卓に玉ねぎを使った料理が並んでいたり、お買い物で買った玉ねぎが台所や玄関に置いてあったり、ごみ箱の中に玉ねぎの使わなかった部分が捨ててあったり、犬との生活でも玉ねぎの存在はとても身近だと思います。

玉ねぎ中毒という名前ではありますが、玉ねぎだけでなく、ネギやニンニクなども同様の症状が現れる場合があります。

鶏肉が好物な犬にとって、焼き鳥などは盗み食いをしてしまう食品として上位に挙げられることは多いですが、ネギも一緒に焼いてあることも多いため、摂取してしまったというお話は良く聞きます。

万が一の時に飼い主は何をすべきか把握しておき、急な診療で出費に慌てることの無いよう、予めペット保険加入を検討しておくなど、心の準備をしておくとよいでしょう。

まとめ

見上げる犬
犬に玉ねぎを食べさせてはいけません。中毒症状を起こし、重篤な場合では命にも関わり危険です。玉ねぎはさまざまな料理に使用されるため、犬が口にするものに玉ねぎが入っていないか、日頃から注意するようにしましょう。

また、いざという時の備えとして、一度ペット保険への加入を検討してみることをおすすめします。

ABOUT ME
記事監修|葛野 莉奈 先生
かどのペットクリニック院長。 麻布大学獣医学部獣医学科を卒業後、神奈川県内動物病院にて勤務、ペットショップ巡回などを経て2015年に開業。 普段の診療では皮膚科や産科、新生児診療に力を入れています。私生活ではミニチュア・ダックスフントたちと生活しています。 http://www.kpc-kirakupe.com/index.html
×