楽天ペット保険 バナー
入門編

【獣医師監修】犬はぶどうを食べられない!ぶどうが及ぼす危険性や食べてしまった際の対処方法を解説

犬にぶどうを与えてはいけません。少量であってもぶどう中毒や急性腎不全のリスクがあります。

本記事では、ぶどうを食べてしまった事例や誤って食べてしまった際の対処方法、ぶどうに含まれる栄養素を補える食べ物などを解説します。犬を飼っている方やこれからお迎えする方はぜひ一度ご覧ください。

要注意!ぶどうは犬に食べさせてはいけない

木になるぶどう
犬にぶどうを食べさせてはいけません。チョコレート、玉ねぎなどは食べさせてはいけないことで有名ですが、ぶどうも同様です。

2001年にアメリカの研究者らによって、ぶどう中毒が報告されました。その後、犬43頭の発症犬をまとめた報告によって、世界的にぶどうは犬に与えてはいけないことが認識されるようになりました。また、アメリカに限った話ではなく、日本でもぶどうによって死亡した例が報告されています。

実際に、3歳のマルチーズが種なしぶどう70gを食べて、5時間後には嘔吐と排尿の減少が始まり、4日後に死亡した例があります。

しかし、ぶどうを食べた犬がぶどう中毒を起こす原因は、まだ明確にわかっていません。現状では、ぶどうに使用される農薬や殺虫剤、ぶどうに含まれる成分、そもそもの犬の体質などが原因なのではないかという見方があります。

参照元:日本小動物獣医学会誌|ブドウ摂取後に急性腎不全を発症して死亡した犬の1例

シャインマスカットやレーズンなど種類を問わず与えるのはNG

ぶどう中毒を起こす品種や、犬にとって有害となる要因がわかっていないため、シャインマスカットや巨峰、デラウェア、レーズンなど、ぶどうの種類や加工の有無に関わらず与えないようにしましょう。

また、少量であってもぶどう中毒や急性腎不全のリスクがあるため、与えないよう注意しましょう。

犬のぶどう中毒とは?症状や注意点

いろいろなぶどう
具体的に犬がぶどうを食べてしまうと、どういった症状がみられるのかを解説します。また、日常生活の中で注意すべき点も紹介します。

1粒でも急性腎不全の症状がみられる

「1粒くらいなら食べさせても大丈夫なのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、体重1kgあたり3〜4g程度であっても、中毒症状や急性腎不全を起こしたという報告があります。

1粒の重さは大きさによって大きく異なりますが、シャインマスカットは1粒あたり12g前後、巨峰では11g前後、デラウェアは2g前後といわれています。

つまり、体重4kg程度の小型犬の場合、シャインマスカット1粒であっても危険ということになります。ただし、具体的な致死量も判明していないため、体重がある中型犬、大型犬であっても1粒なら大丈夫ということではありません。

犬の大きさに関わらず、ぶどうを食べさせることはやめましょう。

摂取後2〜12時間程度で症状がみられ始める

犬がぶどうを食べてしまうと、初期症状として2〜12時間程度で嘔吐や下痢、腹痛、無気力、食欲不振などの症状がみられます。急性腎不全を起こしている場合、24〜72時間程度で、脱水症状や嘔吐、無気力、意識の低迷、排尿の減少、腹痛などの症状があらわれます。

急性腎不全を起こすと、毒素や老廃物が排出できずに尿毒症を併発し、命に関わることもあります。

また、ぶどうを食べてしまった直後には異変がなくても、時間が経ってから症状がみられる可能性があるため、症状が出ない場合にも油断することなく、動物病院に連れて行くようにしましょう。

人が食べたあとの皮を食べてしまわないよう注意

犬に与えてはいけないのは、果肉はもちろん皮も与えてはいけません。ぶどう中毒の明確な要因はわかっていないものの、果肉よりも皮の方が悪影響があるといわれることもあり、実際に皮を食べた犬にも中毒症状が認められています。

例えば、ぶどうを食べた後、剥いた皮を放置してしまい、犬が誤って食べてしまう可能性もあります。そのため、ぶどうを食べた後は、すぐに処分をするなどの工夫をするようにしましょう。

加工食品からも発症の可能性があるため与えない

ぶどうはレーズンやジュース、パン、ケーキ、ジャムなどさまざまな食品に使用されます。そのような加工された食品も、犬には与えないようにしましょう。

少量のぶどうであっても、ぶどう中毒や急性腎不全を起こす可能性があるため、原材料にぶどうが含まれるものは与えないことが大切です。

また、ぶどうが犬には有害なことを知らない人もいるため、散歩中や人が集まる場では犬が口にするものを確認して、ぶどうなど有害なものが含まれていないことを確認してから食べさせましょう。

ぶどうに含まれる栄養素を補える別の食べ物

小型犬
一方でぶどうにはカリウムなどの有益な栄養が含まれているため、そうした栄養を摂取させたいと思う方もいるでしょう。そこで、ぶどうに含まれる栄養素を補える食べ物を紹介します。

アントシアニン

アントシアニンには目の網膜の細胞をサポートする働きや、目の疲れの改善などに効果があるといわれています。

その他にも、抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑制したり、免疫力を向上させたりする効果も期待できます。

犬用のサプリメントで補うのがおすすめ

アントシアニンはブルーベリーに豊富に含まれていています。以前は犬が食べても問題がないとされていましたが、少量でも中毒が起こったとの報告があります。

そのため、ブドウと同様に急性腎不全を引き起こす可能性があります。
原因物質や中毒を起こす理由は分かっていません。

アントシアニンは、犬の体にとって先述したようなメリットもある一方で、不足しても大きなデメリットはないといわれているため、不安視される果物などで無理に摂取させる必要はないでしょう。

しかし、目の疲れの改善効果などは期待できます。摂取させたい場合には、犬用のサプリメントも売られているため、活用してみるのもおすすめです。

犬はブルーベリーを食べられる
【獣医師監修】犬はブルーベリーを食べられる?栄養素ごとの健康へのメリットや与える際の注意点を解説ブルーベリーは犬も食べられる果物です。人にとっては主に目の健康に効果が期待されていますが、犬にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。ブルーベリーに含まれる栄養素が犬の体にもたらす効果と、与える時の注意点について解説します。...

カリウム

ぶどうには、カリウムも含まれています。カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。その他にも細胞を正常に保ったり、筋肉の働きを助けたりする効果も期待できます。

ただし、腎臓の機能が低下している犬の場合、高カリウム血症に注意が必要です。高カリウム血症になると元気がなくなる、立てなくなるといった症状がみられます。重篤な場合、意識を失う、不整脈を起こすなど命に関わることもあります。そのため、カリウム不足が気になる場合でも与えすぎには注意が必要です。

じゃがいもやみかんなどを与えて補うこともできる

基本的にドッグフードを与えていれば、カリウムの不足を強く意識する必要はありません。しかし、長期間にわたる嘔吐や下痢、食欲不振などでカリウム不足が気になる場合、じゃがいもなどの芋類や、みかんなどのフルーツで補うことができます。

カリウムはさまざまな食品に含まれているため、飼っている犬が好む食べ物から食べさせると食いつきも良くなるでしょう。

犬じゃがいも食べる
【獣医師監修】犬はじゃがいもを食べられる!与えるときのメリットや注意点とおすすめのレシピを紹介栄養素の高いじゃがいもは、犬の健康維持に必要な栄養素が豊富に含まれているため、与えることをおすすめできる食材です。この記事ではじゃがいもに含まれる栄養素が犬に与えるメリットや、注意点について解説します。...
犬 みかん
【獣医師監修】犬はみかんを食べても大丈夫!栄養素や与える際の注意点、適量などを解説犬はみかんを食べられます。みかんには、ビタミンCやβ-カロテンなど有益な栄養も含まれています。しかし、与える際は、皮や種、すじ、薄皮を剥くなど注意点もあります。本記事ではみかんの与え方や適量、体調不良がみられた際の対処方法などを解説します。 ...

犬がぶどうを食べてしまったときの対処法

木になるぶどう
目を離した隙に犬がぶどうを食べてしまった場合や、誤って食べてしまった際はどのように対処をしたら良いのか疑問に思う方もいるでしょう。ここからは、犬がぶどうを食べてしまった際の対処方法を紹介します。

速やかにかかりつけの動物病院で処置を受けることが大切

犬がぶどうを食べてしまったことに気がついたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。ぶどうは少量であっても、重篤な症状や急性腎不全を起こしてしまう可能性があるため、量に関わらず診てもらうことが大切です。

食べてしまったが、様子が変わらないから大丈夫などと思っている間に症状が現れる可能性もあります。

また、ぶどうを食べてしまった際は、急を要するため、事前に動物病院に連絡をしてから向かうこともおすすめします。

夜間などの緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日などかかりつけの動物病院があいていない時間に、ぶどうを食べてしまった場合、救急対応をしている動物病院に連れていきましょう。ぶどうは犬の命に関わることもあるため、できるだけ早い処置が求められます。

ぶどうを食べてしまった場合や急なケガや病気でも、慌てないように救急対応している動物病院の電話番号や住所を日頃から控えておくようにしましょう。

食べた時間帯や量について落ち着いて伝えられるようまとめておく

動物病院ではいつ頃、どのくらいの量のぶどうを食べたのか聞かれるため、正確に伝えられるようにメモしておくなどしましょう。

また、症状がみられている場合、どういった症状がいつ頃から起きているのかも伝えられるようにすることが大切です。

嘔吐をしている場合、吐き出したものを持って行くことで治療に役立つこともあります。その他にも、食べたぶどうを正確に伝えるために、食べたぶどうが残っている場合、あわせて持って行くようにしましょう。

催吐処置や全身麻酔をかけた胃洗浄など費用が高額になることも

犬がぶどうを食べた場合、催吐処置や胃洗浄が行われることがあります。このようなさまざまな検査や治療を行えば、治療費が高額になってしまうこともあります。

犬には人間のような健康保険制度がないため、治療費の全額が自己負担になってしまいます。

急な体調不良に備えてペット保険の加入もおすすめ

ダックスフント
犬がぶどうを食べてしまう以外にも、いつケガや病気をするかはわかりません。その際に、さまざまな検査や治療を行えば、高額な治療費が必要になるケースもあります。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されます。そのため、いざというときのために一度ペット保険への加入を検討してみることをおすすめします。

ペット保険の中には、急な体調不良などの緊急時に獣医に相談できるものもあり、犬と暮らす上で専門家に相談できるのはとても心強いです。

愛犬に異変が起きた際に迷わず受診できる

「なんだか体調が悪そう」「いつもと様子が違う」と行った際に、治療費が気になり動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておけば、治療費の一部または全部が補償されるため、動物病院に連れて行こう、という気になる可能性が高くなるでしょう。

このように受診のハードルが下がることで、病気の早期発見、治療開始が期待できる点はペット保険のメリットといえます。

下記記事では、ペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
【獣医師が徹底解説!】ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、診療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...
 

平松 育子 先生

人にとって問題がない食材が、犬にとっては毒になる場合があります。
動物の栄養学は日進月歩で、どの成分が犬にとって毒になってしまうのかがわからないこともあります。

ブドウが害になることが報告されたのもまだ新しく、いまだに不明な点も多くあります。
ブドウに類似するブルーベリーも以前は犬にOKと言われていましたが、最近では犬にとってNGと言われるようになりました。

愛犬のためにも食べたことがない食材をあげてみようと思うときには、しっかり調べて不安な時にはかかりつけの獣医師に必ず相談しましょう。

万が一食べた場合は様子を見ることは厳禁で、急いで動物病院を受診してください。催吐処置や検査を行う場合は予想以上の請求になることがあります。

できる限りの治療を受けることができるように保険加入しておくと安心です。

まとめ

座る犬
犬にぶどうは与えないようにしましょう。原因は明確にわかっていませんが、ぶどう中毒や急性腎不全のリスクがあります。もし、ぶどうを食べてしまった際は、迅速に動物病院に連れて行くことが大切です。

また、いざというときの備えとして、ペット保険への加入を一度検討してみることをおすすめします。

下記の記事では犬が食べていい果物などを紹介しています。犬はどんな果物なら食べて良いのか知りたい際はぜひご覧ください。

犬 果物
犬が食べていい果物を紹介!栄養素が与えるメリットや食べてはいけない果物と合わせて解説果物は犬も食べていい食材のひとつです。ただし、犬の健康を維持するためにも栄養素や適切な与え方、また、与えない方が良い果物について知っておくことが重要です。 この記事では、与えても良い果物と与えてはいけない果物、適切な与え方や体調不良時の対処法について紹介します。 ...
ABOUT ME
記事監修|平松 育子 先生
山口大学農学部獣医学科(現在 山口大学共同獣医学部)卒業後、山口県内の複数の動物病院に勤務。その後2006年にふくふく動物病院開業。 年間約6000頭の診療に従事。得意分野は皮膚病です。YIC情報ビジネス専門学校ペット総合科の講師も務め、動物看護師の育成にも携わっています。 https://fukufukuvet.com
×