楽天ペット保険 バナー
入門編

犬が食べていい果物を紹介!栄養素が与えるメリットや食べてはいけない果物と合わせて解説

普段食べている果物を、愛犬と一緒に楽しみたい方も多いのではないでしょうか?

ほとんどの果物は犬に食べさせても問題ありませんが、中には犬にとって有害な成分が含まれているものもあります。
この記事では、犬が食べていい果物とその与え方、食べてはいけない果物について解説します。

犬は果物を食べられる!与えるメリット

果物のかご

ほとんどの果物は、犬が食べることができます。
犬に果物を与えることで、期待できるメリットについて解説します。

犬の健康に効果的な栄養素が豊富に含まれている

犬が果物を食べることのメリットとして、さまざまな栄養素を摂取できることが挙げられます。

果物によって含まれる栄養素は異なりますが、多くの果物には犬の被毛や皮膚の健康維持が期待できるビタミンCが含まれています。
その他にも下表のような栄養素が含まれており、サプリメントのように食後などに少量の果物を与えることで、さまざまなメリットが期待できるでしょう。

栄養素 効果
ビタミンC 被毛や皮膚の健康維持
βカロテン 皮膚や粘膜、目の健康維持
ポリフェノール 抗酸化作用で老化予防の期待
食物繊維 腸内環境の改善
カリウム 体内の余分なナトリウムの排出

水分補給ができる

果物を犬に与えることで、水分補給ができるというメリットもあります。

もちろん、水分補給は水を飲むことが一番です。
特に暑い時期であれば、積極的に水を飲ませなければ熱中症などのリスクが高まります。

しかし、犬によっては水をあまり飲まないこともあるでしょう。
そんな犬に対しては、果物を与えることで水分補給ができます。
暑い時期であれば、水が入った食器に少量の果物を入れることで、果物を食べようとして同時に水を飲んでくれることが期待できるでしょう。

犬が食べていい果物の一覧

果物の並び

ここからは、犬が食べていい果物をご紹介します。

下記のような果物であれば、犬にとって有害な成分は含まれていません。
ただし、前提としてそれぞれ適切な与え方を守るよう注意しましょう。

また、それぞれの果物に含まれる栄養素が、犬の体に与えるメリットについてもご紹介します。

イチゴ

イチゴには、ビタミンCや食物繊維が多く含まれています。
また、ブルーベリーにも多く含まれることで知られるアントシアニンも含まれており、抗酸化作用や目の健康維持が期待できるでしょう。
ただし、イチゴには犬にとって有害となるキシリトールが含まれているため、食べすぎると血糖値の低下などの症状があることに注意しなければなりません。

適切な与え方に関する詳細は、下記記事よりご覧ください。

犬 いちご
【獣医師監修】犬はいちごを食べられる!いちごがもたらす健康効果や与える際の注意点について解説基本的に、犬はいちごを食べられます。いちごは、犬の健康維持に役立つ手軽な食材です。だからといって、食べ過ぎれば犬の健康を害すことがあります。ここでは、いちごがもたらす健康効果から与えるときに注意すべきポイントまでわかりやすく解説します。 ...

メロン

世間では果物として認知されていますが、実は野菜に分類されるメロンも、犬に与えても問題ありません。

メロンには、ナトリウムの排出が期待できるカリウムが豊富に含まれています。
また、赤肉種はβカロテンも多く含まれているため、皮膚や粘膜の健康の維持が期待できるでしょう。
少量で多くの水分補給ができるのも、メロンを与えるメリットといえます。

犬メロン食べる
【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫!メロンに含まれる栄養素や与える際の注意点などを解説みずみずしさとスッキリした甘みが特徴のメロン。メロンには青肉や赤肉など、さまざまな種類がありますが犬に与えてもよいものなのでしょうか?この記事では、犬がメロンを食べても大丈夫かどうかや、メロンを与える際の注意点について解説します。...

みかん

ビタミンCが豊富に含まれることで知られるみかんも、犬が食べても大丈夫です。
みかんには、ビタミンCのほか食物繊維や、抗酸化作用があるヘスペリジンなども含まれます。
犬は体内でビタミンCを生成できる動物ですが、暑い時期にはビタミンCを失いやすいため、みかんなどの果物でビタミンCの補給をさせても良いでしょう。
ただし、みかんの皮にはソラレンという有害成分が含まれているため、必ず皮をむいてから与える必要があります。

犬 みかん
【獣医師監修】犬はみかんを食べても大丈夫!栄養素や与える際の注意点、適量などを解説犬はみかんを食べられます。みかんには、ビタミンCやβ-カロテンなど有益な栄養も含まれています。しかし、与える際は、皮や種、すじ、薄皮を剥くなど注意点もあります。本記事ではみかんの与え方や適量、体調不良がみられた際の対処方法などを解説します。 ...

スイカ

メロンと同様に野菜に分類されるスイカは、約90%が水分であるため、暑い時期に犬に与えると水分補給の一環となるでしょう。
また、スイカにはナトリウムの排出を促すカリウム、皮膚や粘膜の健康維持が期待できるβカロテンも含まれています。

ちなみに、トマトに多く含まれることで知られるリコピンですが、スイカはトマトよりも多くのリコピンが含まれており、リコピンを摂取することで抗酸化作用が期待できるでしょう。

犬はスイカを食べられる
【獣医師監修】犬はスイカを食べられる!栄養素が与える犬へのメリットや与え方の注意点について解説犬はスイカを食べても大丈夫です。みずみずしく甘いスイカは、夏に食べると良い水分補給になるため、夏バテ予防に最適な野菜といえるでしょう。この記事では、スイカを犬に与えるメリットや、与え方の注意点について解説します。...

パイナップル

程よい酸味と甘みが特徴のパイナップルには、ビタミンCやカリウムが含まれています。
また、食物繊維も豊富に含まれているため、便秘気味の犬に与えることで腸内環境の改善が期待できるでしょう。
疲労回復効果が見込めるクエン酸も含まれていて、ドッグスポーツに精を出す犬に与えるのもおすすめですが、犬にとっては刺激が強いため、下痢や嘔吐を引き起こさないよう、少量ずつ様子を見ながら与えましょう。

犬 パイナップル
【獣医師監修】犬はパイナップルを食べられる!パイナップルを与えるメリットや注意点などを解説「パイナップルは犬に与えて良い?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事ではパイナップルを与えて良いのか、犬にとってのメリットは何か、与える際の注意点、また、アレルギー反応が出た際はどうしたら良いのかなどを解説します。...

キウイ

栄養素豊富なキウイは、消化酵素であるアクチニジンが含まれている数少ない果物です。
キウイをドッグフードにトッピングすれば、効率の良い消化吸収の促進が期待できるでしょう。また、ビタミンCとカリウムも豊富に含まれています。
水分も多く含まれており、暑い時期の水分補給としてもおすすめです。

キウイは犬に食べさせても大丈夫
【獣医師監修】キウイは犬に食べさせても大丈夫!栄養素が与えるメリットやあげるときの注意点について解説キウイは、生のまま犬に食べさせても問題がない食材です。さっぱりとした甘みと酸味が特徴のキウイには身体に良い栄養素が豊富に含まれていますが、犬にとって良い栄養素も多く含まれています。 この記事では、犬にキウイを与えるメリットや、注意点について解説します。...

秋に旬を迎える柿には、ビタミンCやβカロテンが多く含まれています。
また、抗酸化作用が期待できるポリフェノールが含まれているのも、柿の特徴です。
ちなみに、意外にも柿は全体の80%程度が水分でできています。
そのため、気温が下がり水を飲む回数が減った犬への水分補給としても良いでしょう。

【獣医師監修】犬も柿を食べられる!柿に含まれる栄養素がもたらす健康効果や与える際の注意点を解説柿は犬が食べても問題のない食材です。犬の体に良い成分を多く含んでおり、健康維持にも役立ちます。ただし、与え方を間違えると肥満や下痢などの体調不良を引き起こすこともあるため注意が必要です。...

約90%が水分でできている梨は、犬に水分補給をさせたいときにおすすめの果物です。
梨の栄養素としては、ナトリウムの排出を促すカリウムや、腸内環境の改善に期待できる食物繊維などが含まれます。
また、アミノ酸のひとつであるアスパラギン酸も多く含まれており、利尿作用や疲労回復の効果が期待できるでしょう。

犬 梨
犬は梨を食べられる!栄養素がもたらす効果や与える際の注意点を解説梨は、犬も食べられる果物のひとつです。健康維持に役立つ栄養素が豊富に含まれますが、与え方には注意が必要です。愛犬に梨をあげる際の注意点や、食べさせたあとで体調不良やアレルギー症状がみられたときの対処法について解説します。...

マンゴー

春から夏にかけて旬を迎えるマンゴーには、多くの水分が含まれています。
約82%が水分でできていますが、βカロテンやビタミンC、カリウムや食物繊維などさまざまな栄養素も摂取することができます。
また、甘みが強いため、甘味に敏感な犬は喜んで食べるでしょう。

犬もマンゴー食べる
【獣医師監修】犬はマンゴーを食べられる!大丈夫な与え方とマンゴーに含まれる栄養素を解説ジューシーで甘いマンゴーは、犬に与えても大丈夫な果物です。ただし、皮や種は取り除く必要があるなど、与え方には注意点があります。本記事では、犬にマンゴーをあげる栄養面のメリットや正しい与え方、食べてはいけないマンゴーの加工食品など、犬にマンゴーをあげる前に知っておきたい知識をご紹介します。...

レモン

強い酸味を感じるレモンには、クエン酸が豊富に含まれています。
そのため、運動量の多い犬の疲労回復が期待できます。

ただし、刺激が強いため、必ず皮と種を取り除いて果汁を与えるようにしましょう。
またレモンの皮には、犬にとって有害なソラレンという成分が含まれているため、誤って食べてしまわないよう注意しましょう。

犬 レモン
【獣医師監修】犬にレモンをあげるときには工夫が必要!レモンに含まれる成分が犬に与える影響について解説犬にレモンを食べさせてはいけません。レモンは犬には刺激が強く、健康を害する可能性があります。また、皮には犬に中毒症状を起こす成分が含まれています。 この記事では、レモンが犬に与える危険性とレモンに含まれる栄養素を補える別の食べ物について解説します。 ...

ブルーベリー

ブルーベリーが目に良いとされるのは、抗酸化物質であるルテインが含まれているためです。
また、抗酸化作用のあるアントシアニンは、犬の目の疲労回復や老化予防に期待できます。

ほかにも腸内環境の改善をする食物繊維や、アントシアニンと同じく抗酸化作用のあるビタミンEが含まれているため、犬にとってメリットの多い果物といえるでしょう。
ほかの果物と違い、ブルーベリーは小さいため細かくカットする手間がはぶけるのもポイントです。

犬はブルーベリーを食べられる
【獣医師監修】犬はブルーベリーを食べられる?栄養素ごとの健康へのメリットや与える際の注意点を解説ブルーベリーは犬も食べられる果物です。人にとっては主に目の健康に効果が期待されていますが、犬にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。ブルーベリーに含まれる栄養素が犬の体にもたらす効果と、与える時の注意点について解説します。...

グレープフルーツ

甘酸っぱいグレープフルーツには、カリウムや、みかんとほぼ同量のビタミンCが含まれています。

ちなみに、持病があり服薬をしている場合、グレープフルーツの成分によって薬の作用が不安定になる可能性があります。
そのため、事前に獣医師に確認をしてから与える必要があるでしょう。

また、分厚い皮にはみかん同様にソラレンが含まれているため、必ず皮をむいてから与えなければなりません。

犬 グレープフルーツ
【獣医師監修】犬はグレープフルーツを食べられる!与える際の注意点や健康への効果について解説グレープフルーツは犬も食べられる食材ですが、持病があり服薬をしている犬や、アレルギー症状が出たことのある犬に与えるのは禁物です。この記事では、グレープフルーツの栄養素や与え方の注意点、体調不良時の対処法について解説します。...

犬が食べてはいけない果物の一覧

困っている犬

次に、犬が食べてはいけない果物をご紹介します。
これらの果物は、犬の身体に悪影響を及ぼす可能性が高いため、絶対に与えないようにしましょう。

ぶどう

ぶどうは、犬に与えてはいけない果物のひとつとして度々挙げられます。
犬がぶどうを食べることで、下痢や嘔吐、震えなどがみられる、ぶどう中毒を引き起こす可能性が高く、腎臓に大きな負担がかかるために、命にかかわることもあります。
もちろん、レーズンも同様に与えてはいけないため注意が必要です。

ちなみに、犬がぶどうに含まれる何の成分で中毒症状を引き起こすのかに関する詳細は、未だにわかっていません。

犬 ぶどう
【獣医師監修】犬はぶどうを食べられない!ぶどうが及ぼす危険性や食べてしまった際の対処方法を解説犬にぶどうを食べさせてはいけません。ぶどう中毒や急性腎不全のリスクがあり、犬にとっては危険な食べ物です。本記事では、ぶどうを食べてしまった事例や誤って食べてしまった際の対処法、ぶどうに含まれる栄養を補える食べ物などを解説します。...

プルーン

プルーンには、犬にとって過剰摂取となってしまうほど多量のカリウムが含まれています。

カリウムの過剰摂取は、嘔吐や下痢、昏睡状態に陥るなどがみられる高カリウム血症を発症してしまう可能性があるでしょう。

また、プルーンの未成熟な果肉と種に含まれるアミグダリンという成分も、犬にとっては有害です。
アミグダリンは体内で分解されることにより、強い毒性があるシアン化水素を発生させてしまいます。

ちなみに、プルーンを乾燥させたドライプルーンは、プルーンの毒性が強まるため犬にとってさらに危険となります。

いちじく

豊富な栄養素を含むいちじくですが、犬が食べてはいけない果物のひとつです。
いちじくに含まれるソラレンやフィシンという成分は、嘔吐や下痢、皮膚炎などの症状を引き起こす原因として考えられています。
ソラレンは、柑橘系にも含まれているため注意が必要です。

また、ゴム製品に対するラテックスアレルギーをもっている犬の場合、いちじくに対して反応してしまう可能性もあるため与えないよう注意しましょう。

致死量は詳しくはわかっていませんが、少量でも犬にとって有害となることがあるでしょう。

犬 いちじく
【獣医師監修】犬にイチジクはNG!イチジクの危険な栄養素や豊富な栄養素を補える別の食べ物を解説犬にイチジクを食べさせてはいけません。イチジクには豊富な栄養素が含まれている一方、犬にとっては健康を害する栄養素が含まれているため、注意が必要です。ここでは、イチジクに含まれる危険な栄養素から健康に良い栄養素を補える別の食べ物まで詳しく解説します。...

アボカド

野菜と認識されがちなアボカドですが、実は果物に分類されます。
「森のバター」といわれて、栄養素が豊富に含まれていることで知られるアボカドも、犬が食べてはいけない果物のひとつです。

ペルシンという成分が原因で、嘔吐や下痢のほか、呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう危険性があります。

また、アボカドの中心にある大きな種は、犬の胃腸で消化をすることができません。
そのため、犬がアボカドの種を誤飲してしまった際には、腸に詰まってしまう危険性が考えられます。

犬 アボカド
アボカドを犬に与えないで!成分が招く危険性や食べてしまったときの対処法を解説犬にアボカドを食べさせてはいけません。アボカドは人間にとっては体に良いイメージが強い一方、犬が食べると中毒症状を引き起こす危険な成分を含んでいます。この記事では、アボカドによる中毒症状や食べてしまった際の対処法などについて解説します。...

いつから与えていい?犬に果物を与えるときの注意点

スイカと犬

与え方によっては悪影響を及ぼす可能性がある果物は、適切な時期や与え方を守ることが重要です。
ここでは、犬に果物を与えてもいい年齢と、果物の正しい与え方について解説します。

果物を与えるのは成犬になってからが望ましい

犬に果物を与えるのは、成犬になってからのほうが良いでしょう。

1歳までの子犬と呼ばれる年齢の頃は、消化器官が十分に発達していない可能性があるため、果物を食べることでうまく消化されず、下痢などの原因となることがあるでしょう。

また、犬種によって異なりますが、大体7歳前後からシニア犬と呼ばれる年齢になります。シニア犬も消化器官の老化により、果物をうまく消化できなくなっていることがあり注意が必要です。
シニア犬に果物を与える際には、細かくカットするなどして、消化しやすくする工夫が必要でしょう。

果物ごとに決められた適量を守って与える

犬に果物を与える際には、適量を守るようにしましょう。
果物の食べすぎは、糖類などによる肥満の原因になります。

また、果物で満腹になることでドッグフードなどの主食が食べられなくなり、栄養バランスに偏りが出てしまう可能性もあります。
果物で満腹にしてしまうことのないよう、注意しましょう。

皮や種など与えてはいけない部位を食べさせない

ほとんどの果物は、皮や種が消化不良の原因となってしまう可能性があるため、取り除いて果実や果汁のみを与える必要があります。
また、柑橘類などのように、皮に有害成分が含まれていることもあるため注意しましょう。

初めて与える場合にはアレルギーなど体調の変化に注意

犬にはじめて与える果物には、アレルギーをはじめとした体調の異変に注意しなければなりません。
どんな食べ物にもリスクはありますが、果物もはじめて与える際には、少量を与えて様子を見る必要があります。

もしも犬に果物を与えてから、嘔吐や下痢などの症状がみられた際には、なるべく早めに動物病院へ連れて行きましょう。

持病があって通院している犬は事前に必ず獣医へ確認する

持病があり通院している犬に果物を与える際には、事前に必ず獣医師へ確認するようにしましょう。
グレープフルーツのように、与えている薬に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。
果物に含まれる成分が治療にどのように影響するかは、飼い主ではなかなかわかりにくいため、獣医師へ確認することをおすすめします。

犬に果物を食べさせて体調に異変があったときの対処法

正面を向いた犬

次に、犬に果物を食べさせて体調に異変があったときの対処方法をご紹介します。
異変として挙げられるのは、嘔吐や下痢のほか、食欲不振などが挙げられます。
犬によっては果物が身体に合わなかった可能性もあるため、特にはじめて与える果物は、犬に与えてから数時間は体調の変化に気を配るようにしましょう。

早急にかかりつけの動物病院を受診する

犬に果物を食べさせてから体調の変化があった場合には、早急にかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう
果物に限った話ではありませんが、万が一、なにかをきっかけに中毒症状が悪化してしまえば、命にかかわる可能性も否定できません。

特に、犬が食べてはいけない果物であるぶどうなどによる中毒は、数時間の放置が生死に直結することもあるといわれています。
動物病院へ連れて行く際には、果物を食べた時間や量をメモしておき、犬が嘔吐したのであれば嘔吐物なども持って行くと診察がスムーズに進むでしょう。

夜間や休日の場合は救急対応している動物病院を受診

犬が、夜間や休日などかかりつけの動物病院がやっていない時間帯に、果物を食べて体調の異変が起こることもあるでしょう。
そんなときには、救急対応している動物病院を受診する必要があります。

万が一の時に犬の命を守るためにも、救急対応している動物病院を事前に調べておくと良いでしょう。

ペット保険で急な体調不良に備えておくのもおすすめ

イチゴの写真

犬に万が一のことがあってもすぐに対応できるように、ペット保険に加入して備えておくのもおすすめです。
ペット保険を提供している会社は複数社あるため、それぞれの特徴や価格などを見比べて加入の検討をすると良いでしょう。

犬が加入できる各社のペット保険については、下記記事で詳しく解説しています。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け13社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのかわからない…」という方に向け、13社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...

治療費の負担を抑えられ病気の早期発見につながる

ペット保険に加入するメリットとしては、治療費の負担を抑えられるという点が挙げられます。

日頃から愛犬の様子を気にかけていれば、体調の変化にも敏感に反応するはずです。
「いつもより少し元気がないかな?」と感じていても、動物病院へ連れて行くとそれなりの治療費がかかるため、躊躇してしまう人もいるでしょう。

そんなときにペット保険に加入していれば、治療費の負担を抑えることができるため、愛犬に少しの異変があったときにすぐに動物病院へ連れて行くことができます。
こまめに獣医師に診てもらえれば、病気の早期発見・早期治療にも繋がるでしょう。

「貯蓄とペット保険はどっちがいい?」とお考えの方は、下記記事でペット保険加入をおすすめする人の特徴についてもまとめていますのでご覧ください。

ペット保険 必要
【獣医師が徹底解説!】ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、診療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

まとめ

犬は、ほとんどの果物を問題なく食べることができますが、ぶどうやいちじくなど、果物によっては中毒症状を引き起こしてしまうこともあります。
食べ物による中毒症状は嘔吐や下痢などの症状から、重症化すると命にかかわる可能性まであるため、特に気を付けなければなりません。

また、果物の与えすぎはドッグフードを食べなかったり体調不良を起こしたりする原因にもなります。

そのため、犬に果物を与える際には、必ず適量を守るようにしましょう。
もしも犬に果物を与えて体調に異変があった場合は、早急に動物病院へ連れていくことが大切です。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×