楽天ペット保険 バナー
入門編

【獣医師監修】犬はチョコレートを食べられない!致死量や食べてしまった際の症状と対処方法を解説

犬にチョコレートを与えてはいけません。テオブロミンという成分によって中毒を起こし、重篤な場合、命にも関わる可能性があります。その他にも、カフェインなど犬にとって好ましくない成分も含まれています。

本記事では、犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由や、チョコレートに含まれる栄養を補える別の食べ物、誤って食べてしまった際の対処方法などを解説します。

要注意!犬はチョコレートを食べられない

箱入りチョコ
犬にチョコレートを食べさせてはいけません。チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、犬にとっては有害なものです。

甘くて美味しいチョコレートを犬にちょっとお裾分けしたいな、と思うかもしれませんが、少量であっても命に関わる可能性があるため、決して与えないようにしましょう。

チョコレートに含まれる栄養素が犬に与える危険性

砕いたチョコ
チョコレートには、テオブロミン以外にもカフェインや多量の糖分や脂質など、犬の体に負担をかけてしまう成分が含まれています。
これらのチョコレートに含まれる成分が、具体的に犬にどのような悪影響を与えてしまうかについて解説します。

チョコレートに限らず、人間にとっては健康にメリットのある成分でも、犬にとっては危険な場合があるため注意しましょう。

テオブロミン

チョコレートに含まれるテオブロミンは、カカオに含まれる成分で、人間は摂取することで、リラックス効果や体温をあげる効果などを得られます。また、カフェインに近い成分で、摂取することで興奮させる作用もあります。

しかし、犬は人間に比べてテオブロミンを分解・排出する能力が低く、体内に残る時間が長くなり、中毒症状を起こしてしまう可能性があるのです。犬がテオブロミンを摂取すると、下痢や嘔吐、口の渇き、失禁などを起こし、重篤な場合では、不整脈や失神、痙攣など命に関わることもあります。

カフェイン

チョコレートに含まれるカフェインもまた、犬にとっては有害な成分です。

カフェインは中枢神経を刺激して、興奮させる作用があるため、人間においては眠気を抑えるために摂取することもありますが、犬の場合、カフェインを摂取してしまうと中毒症状を起こしてしまう可能性があります。

カフェインは、実は身の回りのさまざまな食品に含まれています。例えばコーヒーや緑茶、紅茶、エナジードリンクや栄養ドリンクなどが挙げられますが、これらも犬にとっては有害となるため、与えないよう注意しましょう。

脂質・糖分

人間の食べる加工食品には、脂質や糖分が使用されていることも少なくありません。
特に市販されているチョコレートの多くは、多量の砂糖が使用されています。犬にとっては糖尿病や肥満の原因となり、別の病気を誘引するリスクを招く可能性があるため、与えないよう注意してください。

チョコレートによって起こる中毒症状

見上げる犬
一般的に、チョコレートを食べてしまった犬には、数時間〜12時間程度で中毒症状があらわれる可能性があります。また、摂取後、24時間程度は中毒症状がみられる可能性があるため、様子を観察しておく必要があります。

チョコレート中毒によって引き起こされる主な症状は以下の通りです。

症状
初期 ・下痢
・嘔吐
・失禁
・興奮
・口の渇き
・腹痛 など
重篤 ・頻脈
・多尿
・頻尿
・不整脈
・ふらつき
・息が荒くなる など
より重篤 ・発熱
・痙攣
・硬直
・失神 など

犬によってはその他の症状があらわれる可能性もあります。
また、摂取した量によっては、命に関わることもあるため、チョコレートを食べてしまった際は動物病院を受診してください。

後遺症が残る可能性もある

誤ってチョコレートを食べてしまったことをきっかけに体調を崩した犬には、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

人間の場合においても、テオブロミンを過剰に摂取した場合には肝臓に障害が残ることがあります。犬も同様に、中毒症状を起こした後、肝臓の数値が高い状態が続いてしまうなど、後遺症がみられたケースが報告されているようです。

少量であっても要注意!犬にとって危険なチョコレートの量と致死量

板チョコ
具体的に、どのくらいの量のチョコレートを食べてしまうと危険なのかについて解説します。一般的にテオブロミンの致死量は、体重1kgあたり約100〜200mgが目安といわれていますが、より少ない量で命に関わる犬もいて、致死量は個体差があります。

症状が現れる量にも個体差があり、体重1kgあたり20mg程度でも異常がみられる場合や、1kgあたり60mg程度でも痙攣など重篤な症状がみられることもあるため、「大型の犬であれば少量を与えても大丈夫かもしれない」という考えは非常に危険です。

また、最近ではカカオ含有量の高いチョコレートも販売されていて、テオブロミン量も多い傾向にあるため、ごく少量でも危険な可能性があります。万が一、犬がチョコレートを口にしてしまった場合、少量であっても動物病院で診てもらいましょう。

かなりの量を食べない限り致死量には届かないが少量でも注意は必要

国民生活センターが行った調査によると、チョコレート100gあたりに含まれるテオブロミンの量は下表の通りです。

テオブロミン量(mg/100g)
カカオ分の割合/表示より
1100
99%
990
86%
610
70%
800
88%
710
77%
810
86%
580
76%
720
86%
580
70%
820
85%
1100
99%
840
85%
250
表示なし(36%)
270
表示なし(41%)
220
表示なし(33%)

引用元:独立行政法人 国民生活センター|高カカオをうたったチョコレート(結果報告)

カカオ分の割合が同じでも、含有量は商品によって異なるようですが、高カカオのチョコレートの方がテオブロミン量が多い傾向にあるため、特に注意が必要ということがわかります。

例えば、体重4kgの小型犬でテオブロミンの致死量を100〜200mgとした場合、致死量は以下のようになります。

  • カカオ分36%のチョコレート・・・約160g〜320g(板チョコ3〜6枚程度)
  • カカオ分99%のチョコレート・・・約36g〜73g(板チョコ2/3〜1.5枚程度)

ただし、先述した通り、食べたチョコレートが少量でも命に関わることもあるため、食べてしまった際には、量に関わらず動物病院に連れていきましょう。

チョコレートケーキやチョコアイスなどの加工食品も与えてはいけない

チョコクッキー
チョコレートは、ケーキやアイス、チョコレートフォンデュ、パンなどさまざまな食品に使用されます。それらの食品も、犬には与えないようにしましょう。

テオブロミンは、チョコレート以外にカカオパウダーやココアパウダーにも含まれているため、同様に注意が必要です。

また、チョコレートが甘い香りを放ち、犬が探し当てて食べてしまう可能性もあるため、犬が届かないところにしまっておくなど、誤って食べてしまわないように日頃から注意しましょう。

チョコレートに含まれる栄養素を安全に補える食材がある

見つめる犬
チョコレートに含まれる栄養素を与えたい場合、犬に与えても安全な他の食品で補うことができます。

ここからは、チョコレートに含まれる栄養素を補える食材を紹介します。

カリウム

チョコレートから摂取できる栄養素として、挙げられるものにカリウムがあります。カリウムには、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。その他にも筋肉の収縮を正常に保つ働きや、心臓の働きをサポートする効果などがあります。

ただし、腎臓の機能が低下している犬は、カリウムの過剰摂取による高カリウム血症に注意が必要です。高カリウム血症になると、手足の痺れや吐き気、筋力低下、脈拍異常などを起こし、重篤な場合、命に関わることもあります。

キウイやきゅうりなどを与えて補うこともできる

通常、ドッグフードを与えていればカリウム不足を強く意識する必要はありません。
しかし、長期にわたる下痢や嘔吐、食欲不振などを起こしている場合、カリウムが不足する可能性があります。

そうした際は、キウイなどのフルーツやきゅうりなどの野菜からカリウムを補うことができます。その他にも、カリウムを含む食材は多くあるため、飼っている犬が好む食材を選ぶことで、犬も喜んで食べてくれるでしょう。

キウイは犬に食べさせても大丈夫
【獣医師監修】キウイは犬に食べさせても大丈夫!栄養素が与えるメリットやあげるときの注意点について解説キウイは、生のまま犬に食べさせても問題がない食材です。さっぱりとした甘みと酸味が特徴のキウイには身体に良い栄養素が豊富に含まれていますが、犬にとって良い栄養素も多く含まれています。 この記事では、犬にキウイを与えるメリットや、注意点について解説します。...
犬 きゅうり
【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫!栄養素がもたらす健康へのメリットや与える際の注意点を解説きゅうりは犬も食べられる食材です。水分が豊富でカロリーが低いほか、カリウムなどの栄養素が含まれますが、場合によってはキュウリが原因で体調不良を引き起こす可能性があります。きゅうりに含まれる栄養素が犬の体にもたらす効果や、与える際の注意点などについて解説します。...

食物繊維

チョコレートにはカリウムの他に、食物繊維も含まれています。食物繊維は腸内環境の改善や糖尿病の予防、便秘の解消などに効果があるといわれています。犬の便秘が気になる際は食物繊維を与えることを検討してみましょう。

ちなみに、2〜3日以上排便がない、力んでいるが排便できていない、便の水分が少なく乾燥している場合などに犬の便秘が疑われます。

レタスやマンゴーを与えて補うこともできる

食物繊維といえば、レタスをイメージする方も多いでしょう。実際、レタスには食物繊維が含まれています。その他にも、マンゴーなどのフルーツにも食物繊維が含まれている場合があります。

食物繊維不足が気になる際は、そうした物を与えてみるのもひとつの方法です。その他にも、食物繊維を補うサプリメントも販売されているため、ドッグフードなどにトッピングするという方法もあります。

ただし、食物繊維がかえって下痢や嘔吐などの体調不良を引き起こしてしまうケースもあるため、それぞれの食品ごと適切な与え方に注意しましょう。

犬 いちご
【獣医師監修】犬はいちごを食べられる!いちごがもたらす健康効果や与える際の注意点について解説基本的に、犬はいちごを食べられます。いちごは、犬の健康維持に役立つ手軽な食材です。だからといって、食べ過ぎれば犬の健康を害すことがあります。ここでは、いちごがもたらす健康効果から与えるときに注意すべきポイントまでわかりやすく解説します。 ...
犬 レタス
【獣医師監修】犬はレタスを食べても大丈夫!レタスの栄養素や与える際の注意点を解説犬はレタスを食べられます。レタスには犬にとってメリットになる栄養素が含まれ、水分補給にも役立ちます。ただし、与える際は量や食べさせ方などの注意点もあります。本記事では、レタスの適量や与えるメリット、アレルギーが出た際の対処方法などを解説します。...
犬もマンゴー食べる
【獣医師監修】犬はマンゴーを食べられる!大丈夫な与え方とマンゴーに含まれる栄養素を解説ジューシーで甘いマンゴーは、犬に与えても大丈夫な果物です。ただし、皮や種は取り除く必要があるなど、与え方には注意点があります。本記事では、犬にマンゴーをあげる栄養面のメリットや正しい与え方、食べてはいけないマンゴーの加工食品など、犬にマンゴーをあげる前に知っておきたい知識をご紹介します。...

犬がチョコレートを食べてしまったときの対処法

パグ
犬がチョコレートを食べてしまった際の対処方法を解説します。
注意をしていても、誤って食べてしまう可能性はあるため、事前に対処方法を把握しておき、いざという時に慌てないよう準備をしておきましょう。

速やかにかかりつけの動物病院で処置を受けることが大切

犬がチョコレートを食べてしまったことに気がついたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。元気そうだし大丈夫と思っても、先述した通りチョコレート中毒は、数時間経ってから中毒症状がみられることもあるため、油断することはできません。

少量であってもチョコレートの種類や、犬の体質によっては重篤な症状を起こす可能性もあります。そのため、様子を見ることはせず、なるべく早いタイミングで動物病院で診てもらいましょう。

また、チョコレートを食べてしまったことに気がついた際に、焦ってしまい獣医など専門家でない人が無理に吐かせることは、かえって大きな負担を与えてしまう可能性があるため、やめましょう。

夜間などの緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日など、かかりつけの動物病院が開いていない時にチョコレートを食べてしまったり、体調不良を起こしたりすることもあり得ます。そのような場合には、救急対応をしている動物病院に連れていきましょう。

緊急時には飼い主も焦ってしまうため、救急対応をしている動物病院の住所や電話番号を日頃から控えておくようにしましょう。

食べた時間帯や量について落ち着いて伝えられるようまとめておく

チョコレートを食べたことで動物病院に連れて行った際に、どういった種類のチョコレートをどのくらいの量、いつ頃食べたのか聞かれるため、正確に伝えられるようにメモなどしておくようにしましょう。

また、中毒症状を起こしている場合、どういった症状がいつ頃からみられたかも正確に伝えるために、よく観察しておくことも大切です。

すでに嘔吐を起こしている場合、吐き出した物を持って行くことで治療に役立つこともあります。その他にも、食べたチョコレートを正確に伝えるために、食べてしまったチョコレートのパッケージや現物も持って行くようにしましょう。

催吐処置や全身麻酔をかけた胃洗浄など費用が高額になることも

チョコレートを食べてしまった犬への処置として、催吐処置や胃洗浄などが行われる場合があります。また、血液検査や心電図などさまざまな検査も必要になることもあるため、治療費が高額になることも考えられますが、経済的な不安から様子を見てしまうと、症状が深刻化してしまう可能性もあるため注意しましょう。

急な体調不良に備えてペット保険の加入もおすすめ

草むらの犬
チョコレートを食べてしまう以外にも、いつ愛犬がケガや病気をするかはわかりません。その際に、さまざまな検査や治療を行えば、治療費が高額になってしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されます。いざというときの備えとして、ペット保険への加入を一度検討してみることをおすすめします。

愛犬に異変が起きた際に迷わず受診できる

「愛犬の体調が悪そう」「いつもと様子が異なっている」といった際に、治療費が気になり動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されるため、動物病院に連れて行こう、という気になる可能性が高くなるかもしれません。

早めに動物病院に連れて行くことで、早期発見、治療開始が期待できることはペット保険のメリットといえます。

緊急時の問い合わせに対応してもらえるペット保険も

ペット保険の中には、急な愛犬の体調不良など緊急時に獣医に相談できるものもあります。いつもと様子が違うけど、動物病院にすぐに連れて行くべきなのか、もう少し様子をみるべきなのか、といったことを相談できます。

また、しつけなど犬と暮らす上での困りごとや悩み事を相談できるものもあります。犬と生活する中で、獣医など専門家に相談ができるのはとても心強いです。

下記記事では、貯蓄で備えるよりもペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
【獣医師が徹底解説!】ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、診療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

獣医師からみた犬とチョコレートの関係

葛野 莉奈 先生

チョコレートを愛犬が誤って口にしてしまうという誤食は、よく起こり得るトラブルです。

飼い主が鞄の中に忍ばせていたものや、ゴミ箱などに捨ててあったケーキの容器についていたチョコレートを食べてしまうということもあります。

飼い主の目の前で、そのようなトラブルが起こればすぐに対処できると思いますが、多くは見ていないところでいたずらや盗み食いという形で起きることが多く、残骸などで気付いて慌てるというケースが多いのも事実です。

いざというときに慌てないよう、チョコレートのような中毒性の高い物は、まずは愛犬の届かない場所に置くようにして食べられてしまうことを防ぎましょう。

そして記事に書いてあるよう、かかるべき動物病院への連絡や万が一の時のための保険への加入の検討など、出来ることを予め行い、冷静に対処できると良いですね。

まとめ

見つめる犬
犬にチョコレートを与えてはいけません。チョコレートに含まれるテオブロミンによって中毒を起こす可能性があり、犬にとっては危険な食べ物です。チョコレートを誤って食べてしまわないように、日頃から注意することも大切です。

また、愛犬がいつケガや病気をするかはわからないため、いざというときの備えとしてペット保険への加入を一度検討してみることをおすすめします。

以下の記事では、チョコレートと同様にカフェインを含むコーヒーについて解説しています。ぜひご覧ください。

犬 コーヒー
【獣医師監修】犬のコーヒー誤飲にはペット保険でも備えられる!カフェイン中毒の危険性を解説犬にコーヒーを飲ませてはいけません。カフェインによって中毒を起こすリスクがあります。コーヒーを誤飲してしまい、動物病院に行った場合、治療費が高額になる可能性もあるため、万が一の備えとしてペット保険への加入を検討してみることをおすすめします。...
ABOUT ME
記事監修|葛野 莉奈 先生
かどのペットクリニック院長。 麻布大学獣医学部獣医学科を卒業後、神奈川県内動物病院にて勤務、ペットショップ巡回などを経て2015年に開業。 普段の診療では皮膚科や産科、新生児診療に力を入れています。私生活ではミニチュア・ダックスフントたちと生活しています。 http://www.kpc-kirakupe.com/index.html
×