楽天ペット保険 バナー
入門編

猫はイカを食べられない!イカの成分が及ぼす危険性や食べてしまった際の対処方法を解説

猫にイカは食べさせないようにしましょう。生のイカには猫にとって危険な成分が含まれています。また、加熱したイカも消化器官の負担になってしまいます。

本記事では、猫にイカを与えてはいけない理由や食べてしまった際の対処方法、イカに含まれる栄養素を補える食品などを解説します。

要注意!猫にイカを食べさせてはいけない

たくさんのイカ
猫にイカを与えてはいけません。生のイカに含まれるチアミナーゼという酵素がビタミンB1を分解してしまい、ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があるためです。その他にも、イカは硬く咀嚼ができず、そのまま飲み込んでしまうことで喉に詰まらせてしまう危険性もあります。

また、乾燥したイカも消化が悪く、胃の中で水分を含み膨張し、胃腸に詰まってしまうリスクがあるため、生のイカ同様に与えることはおすすめできません。

ただし、猫がイカを少量食べてしまったからといって、すぐさま動物病院に駆け込む必要性はありません。前述のビタミンB1欠乏症は、長期間に渡ってイカを食べ続けた場合などにみられるため、少量ではそこまで気にする必要はないためです。
一方で、猫がイカを食べて体調が悪そうな場合や、嘔吐をしたといった場合には速やかに動物病院に連れていきましょう。

イカに含まれる栄養素が猫に与える危険性

子猫たち
「肉食動物の猫にならイカを与えても良いのでは?」と思われる方もいるかもしれません。なぜ猫にイカを食べさせてはいけないのかを解説します。

チアミナーゼ

生のイカにはチアミナーゼという酵素が含まれていて、このチアミナーゼは猫にとって危険な成分です。チアミナーゼを摂取するとビタミンB1が分解されてしまい、ビタミンB1欠乏症になる恐れがあります。

ビタミンB1は神経を正常に保ったり、細胞に必要なエネルギーを生成したりする働きなどがあります。チアミナーゼによってビタミンB1が分解されることで、これらの働きが上手くいかなくなってしまうのです。

イカを食べて以下のような症状がみられたら、動物病院に連れていきましょう。

イカを食べた際にみられる症状
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 歩き方の異常
  • 姿勢の異常
  • 痙攣 など

症状が重篤な場合、命にかかる恐れもあるため、迅速な対応が求められます。

「猫がイカを食べると腰を抜かす」理由

「猫がイカを食べると腰を抜かす」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。これは、チアミナーゼによって、ビタミンB1が分解されることで、上手く歩行ができなくなっている様子からいわれるようになったと考えられます。

「腰を抜かす」という一見、危険が無さそうな言葉ですが、実際にはビタミンB1欠乏症になっている可能性が高く、危険な状態といえます。

生のイカを食べて歩行に支障をきたしている場合、速やかに動物病院に連れていきましょう。

寄生虫のアニサキスにも注意

イカにはアニサキスが寄生していることがあります。アニサキスは、半透明の白い糸のような形をした寄生虫のことで、人間が食べてしまうと、食中毒を起こし激しい腹痛、嘔吐に見舞われます。

実は、猫がアニサキスによって食中毒になることはあまり考えられませんが、リスクがないわけではないため、あえて与える必要はないでしょう。アニサキスはイカの他に、イワシやアジ、サバなどにも寄生していることがあります。

イカを加工した食品も同様に与えないように注意

焼きイカ
イカはスルメイカをはじめ、さまざまな食品に加工されます。人間にとっては美味しいものばかりですが、猫が欲しがっても与えないようにしましょう。なぜ食べさせてはいけないのかについて解説します。

スルメイカ

食欲をそそる匂いのするスルメイカですが、猫には与えないようにしましょう。スルメイカは塩分を多く含んでいるため、猫にとっては塩分過多になってしまいます。

スルメイカは咀嚼がしにくく、そのまま飲み込んでしまうと喉に詰まらせてしまう危険性もあります。また、消化も悪い上、胃の中で水分を含み何倍にも膨らみ、消化器官に負担をかけてしまいます。場合によっては、嘔吐や下痢をすることもあるでしょう。

イカそうめん

生のイカの刺身を細く切ったイカそうめんは、チアミナーゼを含んでいるため、猫には与えないようにしましょう。チアミナーゼによってビタミンB1欠乏症を起こす危険性があります。

また、乾燥したイカそうめんは塩分などが加えられているため、生のイカそうめん同様に猫に食べさせないようにしましょう。塩分が多く、塩分過多になってしまう可能性がある上、消化に悪いため、嘔吐や下痢をしてしまうことがあります。

さきいか

イカの燻製されたさきいかなども、猫に与えてはいけない食べ物です。人間が美味しいと感じるように、さまざまな添加物が加えられていることがあり、それが猫に思わぬ影響を与える可能性があるためです。

また、他のイカの加工食品と同様に消化に悪く、消化器官に負担をかけてします。食欲をそそる匂いがするため、猫が欲しがることもあるかもしれませんが、食べさせないようにしましょう。

イカに含まれる栄養素を補える別の食べ物

寝そべる猫
イカにはたんぱく質など猫にとって有益な栄養も含まれているため、与えたいと思うこともあるでしょう。猫の健康にとってリスクの高いイカを食べさせずに有益な栄養素を補うことのできる、ほかの食べ物を紹介します。

たんぱく質

たんぱく質は筋力、臓器の維持や皮膚、皮毛を健康に保つといった働きがあり、猫にとって欠かすことができない栄養素です。その他にもホルモンや免疫機能を正常にするためにも必要となります。

特に子猫は急速に内臓などの組織が発達するため、成猫よりも多くのたんぱく質が求められます。また、老猫の場合、筋肉量の低下を緩和するためにも積極的に与えたい栄養素です。

ただし、腎臓機能が低下している猫の場合、たんぱく質の制限が必要になるケースもあるため、腎臓に不安がある場合、獣医に相談してからにしましょう。

肉類を与えて補うこともできる

たんぱく質といえば、お肉をイメージする人も多いのではないでしょうか。実際、肉類はたんぱく質が豊富で、例えば、鶏ささみ100gには23.0g、牛もも肉には21.2gのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質不足が気なる場合、こうした肉類で補うこともできます。また、キャットフードの中には、たんぱく質を多めに配合しているものもあるため、フードの変更も検討しましょう。

DHA

イカには脳神経や視神経の発達、維持に役立つDHAが含まれています。脳や神経の発育に欠かすことができない栄養素で、特に子猫には重要な栄養素です。実際、出産後の猫の母乳にはDHAが豊富に含まれています。

その他にも、アレルギー皮膚炎の緩和、関節炎の消炎効果なども期待できます。また、シニア期には認知機能が低下するため、DHAを与えることをおすすめします。

魚類を与えて補うこともできる

さまざまな働きのあるDHAは、サンマやマグロなどにも含まれています。サンマ(皮付き、焼き)は100gあたり1,200mg、黒マグロ(赤身、生)には100gあたり120mgのDHAが含まれています。

DHAを与えたい場合、魚類を与えることを検討してみましょう。その他にも、DHAを補えるサプリメントも販売されているため、あわせて検討してみることをおすすめします。

参照元:文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂) 脂肪酸成分表編

猫がイカを食べてしまったときの対処法

生のイカ
猫がイカを食べてしまった際や、何らかの症状が出た際に慌てないように、イカを食べてしまったときの対処法を解説します。

症状が出たら動物病院で処置を受けることが大切

猫がイカを食べてしまっても、少量であればすぐに重篤な症状はみられないでしょう。しかし、以下のような症状がみられたら、速やかに動物病院に連れていく必要があります。

イカを食べた際にみられる症状
  • ふらつく
  • 痙攣
  • 嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 食欲不振 など

イカを食べてもっとみられる症状は、ふらつきです。ふらついている場合、チアミナーゼによってビタミンB1欠乏症になっている可能性があります。ビタミンB1欠乏症は重篤な場合、命に関わることがあるため、迅速に対応しましょう。

夜間などの緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日に体調不良を起こす可能性もあります。また、イカを食べて時間が経ってから症状がみられるケースもあります。そのような場合、救急対応をしている動物病院に連れていきましょう。

「少し体調が悪そうだけど、しばらく様子を見よう」と思っている間に、人間よりも身体の小さい猫の場合、予想よりも症状が進行してしまうこともあります。

いざという時に慌てないためにも、救急対応している病院をチェックしておき、住所や電話番号を控えておきましょう。

食べた時間帯や量について伝えられるようまとめておく

動物病院に連れて行った際に、何をいつどのくらい食べたのかを聞かれるため、正確に伝えられるようにメモなどをしておきましょう。

嘔吐があった場合、吐き出したものを持って行くことで、より適切な治療を受けられる可能性があります。また、食べてしまったイカが残っていたら、そのイカを持って行くことで、正確に食べたものを伝えられます。

その他にも、どういった症状がみられたのかも聞かれることがあるため、いつ頃からどのような症状が出たのかも正確に伝えることが大切です。

催吐処置や全身麻酔をかけた胃洗浄など費用が高額になることも

イカを食べて動物病院に連れて行った際に、催吐処置や麻酔を用いた胃洗浄が行われる可能性もあります。状況によっては手術が必要になることも考えられます。このようにさまざまな治療を行うと、治療が高額になってしまう可能性があります。

急な体調不良に備えてペット保険の加入もおすすめ

見つめる猫
イカを食べて体調を崩す以外にも、いつ猫がケガや病気をするかはわかりません。さまざまな検査や治療を行えば、治療費は高額になることもあるでしょう。

その際、人間のような健康保険制度がない猫の場合、治療費は全額負担になってしまいます。

そうした際の備えとして、ペット保険の加入を検討してみることをおすすめします。ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部を補償してもらえるため、負担を軽減することができます。

愛猫に異変が起きた際に迷わず受診できる

「体調が悪そう」「何だかいつもと様子が違う」といった際に、治療費が気になり動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部が補償されるため、動物病院に連れて行こうという気になる可能性が高まるでしょう。

このように受診のハードルが下がることで、病気の早期発見・早期治療が期待できる点はペット保険のメリットといえます。

緊急時の問い合わせに対応してもらえるペット保険も

ペット保険会社の中には、急な体調不良など緊急時に獣医に相談できるものがあります。猫の体調が少し悪そうだけど、動物病院に連れて行くべきか、もう少し様子を見るべきかといった相談もできます。

また、例えば猫のトイレのしつけなど、猫と暮らす上での悩み事などを相談できるペット保険会社もあります。猫と生活をする上で、獣医といった専門家に相談できることはとても心強いです。

下記記事では、ペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
【獣医師が徹底解説!】ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、診療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

まとめ

見つめる猫
猫にイカは食べさせないようにしましょう。チアミナーゼによってビタミンB1欠乏症になる恐れや、消化しにくいため胃腸に負担をかけてしまう危険性があります。イカを加工した食品を猫が欲しがってもあげないことが大切です。

また、猫がいつケガや病気をするかわからないため、治療費の備えとしてペット保険への加入を一度検討してみることをおすすめします。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×