楽天ペット保険 バナー
入門編

猫はとうもろこしを食べても大丈夫!栄養素や与える際の注意点、適量などを解説

猫はとうもろこしを食べられます。さまざまな栄養が含まれるため、食べることで得られるメリットもあります。ただし、穀物アレルギーのある猫には与えてはいけないなど注意点も存在します。

本記事では、とうもろこしに含まれる栄養素や与える際の注意点、アレルギー症状がみられた際の対処方法などを解説します。猫にとうもろこしを与えたい場合は、ぜひご覧ください。

与えても大丈夫!猫はとうもろこしを食べられる

たくさんのとうもろこし
猫にとうもろこしを与えても大丈夫です。ただし、もともと肉食の猫は穀物類の消化が苦手な生き物のため、積極的に食べさせる必要はありません。また、食べさせる際には与え方や量など注意点もあります。

茹でたり蒸したりして消化に良くして与える

とうもろこしは、生のままでは消化に悪いため、茹でたり蒸したりしたとうもろこしを与えるようにしましょう。茹でる際には、塩茹でにしないのもポイントです。

また、とうもろこしの薄皮にも注意が必要です。薄皮を咀嚼できずに飲み込んでしまい、喉に引っかかってしまう可能性があります。薄皮は剥がす、細かく刻む、すり潰すなどの工夫をして与えると良いでしょう。

芯や外の皮は与えないように注意する

とうもろこしの芯や外の皮は硬く、猫にとっては咀嚼することが困難な上、繊維質が多くうまく消化できないため、与えないようにしましょう。かじり付いて、一口ずつ食べていたとしても、腸閉塞などのリスクが伴います。

また、調理の際に実を外しておいた芯や皮を猫が誤って食べてしまわないように、早めに処分するなどの工夫もしましょう。

猫にとうもろこしを与えるメリット|とうもろこしに含まれる栄養素

眠る猫
とうもろこしには、食物繊維や鉄分などさまざまな栄養素が含まれています。とうもろこしに含まれる栄養素が、猫にとってどのようなメリットがあるのかを解説します。

食物繊維

とうもろこしには、食物繊維が含まれています。「もともと肉食の猫には食物繊維はいらないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、猫にとっても食物繊維はお腹の調子を整えるために、欠かせないものといえます。猫が食物繊維を摂取することで期待できる効果は以下の通りです。

食物繊維に期待できる効果
  • 腸内環境を整える
  • 便を固める
  • 便秘の予防
  • 血糖値の上昇の抑制
  • コレステロール濃度の低下 など

猫が便秘気味の際は必要に応じて、とうもろこしなどで食物繊維を補うと良いでしょう。ちなみに、2日以上排便がない、力んでいるが便が出ない、便が硬く乾燥している場合は便秘が疑われます。

鉄分

茹でたとうもろこしは、100gあたり0.8mgの鉄分が含まれています。鉄分の多いイメージのほうれん草に含まれる鉄分は100gあたり0.9mgのため、ほとんど同じ量が含まれているといえます。鉄分は体内の酸素運搬に関わる栄養素で、猫にも必要な栄養素です。

鉄分が不足してしまうと、人間と同様に貧血の症状がみられます。その他にも、発達不良や下痢、粘膜が青白くなる粘膜蒼白などを引き起こす可能性もあります。

ビタミンB1

とうもろこしには、ビタミンB1も含まれています。ビタミンB1は糖質からエネルギーを生み出す際に必要な栄養素で、その他にも神経の正常化も期待できます。猫は人間よりもビタミンB1の必要量が多いため、積極的に与えたい栄養素のひとつです。

このビタミンB1が欠乏すると、脚気の症状がみられたり、筋力低下、歩行障害、視力障害といった症状がみられたりします。重度に欠乏すると、発作などがみられ、命に関わることもあり注意が必要です。

栄養バランスが気になる場合はまずキャットフードの見直しも

とうもろこしに含まれる栄養素を解説しましたが、栄養バランスが気になる場合、野菜やフルーツで補うのではなく、キャットフードの見直しをおすすめします。もともと肉食の猫は、野菜やフルーツの消化が得意ではないためです。

最近では、特定の栄養素に特化したキャットフードなども販売されています。また、栄養バランスを整えたり、補ったりする栄養補助食品も出回っています。猫の栄養バランスが気になる場合、そうした物を活用してみましょう。

猫にとうもろこしを与えるときの注意点

たくさんのとうもろこし
猫はとうもろこしを食べられますが、与える際には量や与え方などの注意点もあります。摂取しても良い量や与え方を解説します。

1日あたりの適量は2〜3粒程度

猫にとうもろこしを食べさせる際の適量は、1日あたり2〜3粒程度です。また、ペースト状にすり潰した場合、小さじのスプーン1杯程度になります。

適量が少ないという印象かもしれませんが、猫にとうもろこしをたくさん与えてしまうと、消化不良を起こしてしまうことがあります。また、とうもろこしは意外とカロリーが高く、糖質が多いため、与えすぎには注意しましょう。

塩茹でや味付けはしないで与える

生のとうもろこしは猫に与えてはいけませんが、茹でる際にも塩茹でしないことが大切です。塩茹でしたとうもろこしは、猫にとっては塩分が多く塩分過多になってしまいます。

また、人間が食べる際には、塩やマヨネーズ、バターなどで味付けをしますが、味付けをしたものは、塩分や油分が多くなってしまうため、与えないようにしましょう。

穀物アレルギーの猫には与えてはいけない

とうもろこしは穀物類のため、パンや玄米などの穀物でアレルギーを起こしたことがある場合、与えてはいけません。少量であってもアレルギー反応を起こす可能性があり、危険なためです。

また、今まで食べ物でアレルギーを起こしたことがなかったとしても、とうもろこしでアレルギーを起こさないとは限りません。まずはごく少量を与えて、体調不良を起こさないか確認をしてから食べさせましょう。

病気で通院している猫は与える前に獣医に確認する

何らかの病気で通院や服薬をしている猫にとうもろこしを与える場合、事前に獣医に与えて良いかを確認するようにしましょう。とうもろこしに含まれる成分が、治療や薬に思わぬ影響を与える可能性があります。

とうもろこしに限らず、普段食べている物以外を与える場合も獣医に確認をしてから食べさせると、安心して与えることができるでしょう。

とうもろこしを加工した食品は与えないように注意する

ポップコーン
とうもろこしはさまざまな食べ物に加工されますが、基本的に猫には与えないようにしましょう。特に人間用に味付けされているものは、添加物などにも注意が必要です。

缶詰コーン

缶詰のとうもろこしは食べさせないようにしましょう。

缶詰のとうもろこしは人間用に加工されていて、塩分などが添加されています。そのため、猫に与えてしまうと塩分過多になってしまいます。長期的に与えてしまうと、高血圧などの原因になってしまう可能性もあります。

ポップコーン

ポップコーンは、猫に食べさせないようにしましょう。人間用に塩がかけられていたり、キャラメルなどで味付けがされていたりすることが多く、猫にとっては、塩分や糖分が多いものになっています。

また、ポップコーンをうまく咀嚼できずに、破片が喉に引っかかる危険性もあります。特に弾けていないポップコーンはとても硬く、猫は噛み砕くことができません。

コーンスープ・コーンポタージュ

とうもろこしを使用したコーンスープ、コーンポタージュも猫に与えないようにしましょう。さまざまな添加物が使用されているため、猫に思わぬ影響を与える可能性があります。

また、玉ねぎが使用されていることもあり、猫にとっては危険なこともあります。玉ねぎ自体が具としては入っていなくても、エキスなどが使用されていることもあるため、注意が必要です。

コーンスターチ

コーンスターチとは、とうもろこしから作られるでんぷんのことです。コーンスターチはキャットフードにも使用されることがあり、基本的に猫が摂取しても問題のない食べ物です。

しかし、前述のように穀物アレルギーを持つ猫の場合、コーンスターチにもアレルギー反応を起こす可能性があり注意が必要です。コーンスターチを使った手作りのエサや、原材料にコーンスターチを含むキャットフードを食べさせる場合、アレルギーに注意をしましょう。

とうもろこしを食べさせてアレルギー症状がみられたときの対処方法

寝そべる猫
とうもろこしを猫に与える場合、アレルギーに注意が必要です。前述のように穀物アレルギーのある猫に食べさせてはいけませんが、今まで穀物アレルギーが出なかったからといって、とうもろこしでも出ないとは限りません。

初めてとうもろこしを与える場合、ごく少量を与えて体調不良を起こさないことを確認してから与えましょう。

ここからはとうもろこしを食べて、アレルギー症状がみられた場合の対処方法を紹介します。

速やかにかかりつけの動物病院で検査を行う

猫にとうもろこしを与えて、以下のような症状がみられた場合、アレルギーが疑われます。

食物アレルギーでみられる症状
  • 口周りや耳を痒がる
  • 手足を痒がる、噛む
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発疹 など

これらの症状がみられたら、速やかに動物病院に連れて行くようにしましょう。対処が早ければ、原因の食べ物を吐き出させることができる可能性があります。ただし、素人が無理に吐かせようとすると、猫にも負担がかかってしまうため、無理矢理吐かせるのは避けましょう。

また、動物病院では何をいつ、どのくらい食べたのかを詳しく聞かれることがあるため、正確に伝えられるようにメモなどしておきましょう。あわせて、いつ頃からどんな症状がみられたのかも聞かれる可能性があるため、よく観察しておくことも大切です。

緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日などに体調不良を起こすことや、時間が経ってからアレルギー症状がみられることもあります。そうした緊急時には救急対応している動物病院に連れていきましょう。

緊急時には飼い主も焦ってしまうため、救急対応している病院をチェックして、電話番号や住所を控えておくことも大切です。

急な体調不良に備えてペット保険の加入もおすすめ

植木鉢の中の猫
アレルギー以外にもいつ猫がケガや病気をするかはわかりません。急なケガや病気でさまざまな検査や治療を行えば、治療費も高額になってしまうこともあるでしょう。そうした際、猫には人間のような健康保険制度がないため、全額が自己負担になってしまいます。

そこで、一度ペット保険への加入を検討してみることをおすすめします。ペット保険は治療費の一部または全部を補償してくれます。

異変を感じたときにすぐ受診できる

猫の様子がいつもと違う、体調が悪そうなどの異変を感じた際に、治療費が気になってしまい、動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されるため、動物病院に連れて行こうという気持ちになる可能性が高くなります。

このように受診のハードルが下がることで、動物病院に連れていきやすくなり、病気の早期発見、早期治療が期待できる点はペット保険のメリットといえるでしょう。

緊急時の問い合わせに対応してもらえるペット保険も

ペット保険会社の中には、急な体調不良など緊急時に獣医に相談できるものがあります。少し体調が悪そうだけど、もう少し様子をみるべきなのか、すぐに動物病院に連れて行くべきなのかといった際にも相談できます。

また、しつけなど猫と生活をする上での悩みや困りごとを相談できるものもあります。猫と暮らす中で、獣医といった専門家に相談できるのはとても心強いです。

下記記事では、ペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
【獣医師が徹底解説!】ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、診療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

まとめ

キャットタワーで遊ぶ猫
猫はとうもろこしを食べられます。しかし、与え方や量、アレルギーなどには注意が必要です。とうもろこしを食べられるからといって、とうもろこしを加工した食品を、猫が欲しがっても与えないようにしましょう。

また、猫がいつケガや病気をするかはわかりません。そのため、ケガや病気の備えとして、一度ペット保険への加入を検討してみることをおすすめします。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×