入門編

猫に人間用のチーズは与えてはいけない!チーズが与える危険性や食べた際の対処方法を解説

猫に人間用のチーズは食べさせてはいけません。チーズには多くの塩分や脂質が含まれているためです。その他にも猫がお腹を壊す原因になりかねない乳糖が含まれている可能性があります。

本記事では、チーズを与えてはいけない理由や、チーズに含まれる栄養素を補う食べ物、アレルギーが出た際の対処方法などを解説します。

要注意!猫に人間用のチーズを食べさせてはいけない

チーズ
猫に人間用のチーズは与えてはいけません。チーズは塩分や脂質が多いため、高血圧の要因になったり、肥満の原因になったりする可能性があります。

また、猫が分解しにくい乳糖が含まれている可能性もあります。牛乳などからチーズに加工される際に、乳糖はほとんどなくなるといわれていますが、猫によってはお腹を下してしまう危険性があります。

塩分の少ないチーズも添加物に注意が必要

「クリームチーズやモッツァレラチーズなど塩分の少ないチーズなら、猫に与えても問題ないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、塩分が少ないチーズであっても与えることはおすすめできません。

塩分が少なかったとしても、人間が美味しく感じるようにさまざまな添加物が含まれていて、猫に思わぬ影響を与える可能性があるためです。

チーズ好きの猫には猫用チーズを与えるのがおすすめ

猫の中にはチーズが大好きな子もいます。実際、チーズを開けると匂いにつられて、猫が寄ってきた経験のある方もいるでしょう。

チーズが好きな猫には、人間用のチーズではなく、猫用のチーズを与えるようにしましょう。猫用のチーズは塩分や脂質などが調整されているため、与えても安心です。また、添加物に関しても、猫が食べても問題ないようになっています。

食欲がない時や、エサの食いつきが悪い時に猫用のチーズをトッピングしてあげると食べてくれることもあるため有効に活用しましょう。

人間用のチーズに含まれる栄養素が猫に与える危険性

子猫たち
先述した乳糖のほか塩分や脂質などが、人間用のチーズでは猫にとっては多いため、与えると過剰な摂取を招いてしまいます。ここではチーズに含まれる栄養素が、猫にどのような影響を与えるのかについて解説します。

塩分

人間用のチーズには、猫が食べるには多すぎてしまう量の塩分が含まれています。実際に、おつまみなどで食べられるプロセスチーズ100gあたりの食塩相当量はおよそ2.8gにもなります。個体差はあるものの、猫が1日に必要とする塩分は2〜3g程度といわれているため、他のエサと一緒にチーズを与えてしまえば、必要量を超えてしまうでしょう。

塩分を多く摂取し続けると、腎臓病や心臓病などのリスクが高くなってしまいます。

参照元:文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂)

脂質

脂質も塩分と同様に、猫にとっては多い量が人間用のチーズには含まれています。プロセスチーズ100gあたりに含まれる脂質は、およそ26.0gです。このように脂質が多いチーズはカロリーも高めであるため、長期的に与えてしまえば、肥満や糖尿病などの原因になる可能性があります。

猫用のチーズであっても、食べさせすぎてしまうと、脂質やカロリーが多くなってしまうため同様に注意が必要です。

参照元:文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂)

乳糖

猫は、乳製品などに含まれる乳糖を分解できないのは、分解酵素であるラクターゼをあまり持っていないからだと考えられています。そのため、牛乳などを与えると、お腹を壊してしまうことがあるのです。

チーズは、牛乳などから加工される過程で乳糖が分解されて、微量になるといわれているため強く注意をする必要はありませんが、普段からお腹を壊しやすい猫には注意が必要です。もし食べてしまった場合、お腹を下していないか、体調不良を起こしていないかをみるようにしましょう。

チーズを加工した食品も同様に与えないように注意

チーズフォンデュ
チーズはチーズケーキやお菓子など、さまざまな食品に加工されます。ただし、猫が欲しがっても与えないようにしましょう。主なチーズの加工品を食べさせてはいけない理由について解説します。

チーズケーキ

美味しいチーズケーキですが、猫には与えないようにしましょう。チーズケーキには沢山のチーズが使用されている上に、砂糖なども加えられています。そのため、猫にとっては塩分や脂質、糖分などが多くなってしまっています。

腎臓病や心臓病、高血圧などの原因になってしまう可能性があるため、与えないよう注意しましょう。

チーズとたらのお菓子

おつまみの定番であるチーズとたらを使ったお菓子も、猫には食べさせないようにしましょう。100gあたり塩分が3g前後、脂質が20g前後含まれているため、猫にとっては塩分、脂質が多い食べ物です。

与えてしまうと腎臓病や心臓病、肥満などを招く恐れがあるため注意が必要です。

チーズを使った料理

チーズはお菓子などの他にも、チーズフォンデュやグラタンなど、さまざまな料理に使用されますが、そうした料理も猫には与えないようにしましょう。チーズ自体に塩分、脂質が多く猫にとっては過剰摂取になってしまいます。

また、市販のチーズを使った料理の場合は添加物にも注意が必要です。添加物は、猫の健康に思わぬ影響を与えてしまう恐れがあるため、与えないよう注意しましょう。

チーズに含まれる栄養素補える別の食べ物

見上げる猫
猫に人間用のチーズは与えてはいけませんが、チーズにはカルシウムやたんぱく質など、有益な栄養も含まれているため、食べさせたいと考える方もいるでしょう。実は、チーズに含まれる栄養素は、猫に負担なく食べさせることのできる他の食材からも摂取させることができます。そこで、ここからはチーズに含まれる栄養素を補える食べ物を紹介します。

カルシウム

チーズに含まれている栄養素のうち、猫に摂取させたい栄養素としてまず挙げられるのがカルシムです。カルシウムは骨格の維持、強化や神経の伝達、筋肉の収縮、弛緩などを担っており、健全な骨の発達や維持に欠かすことができない栄養素です。

長期間にわたってカルシウムが不足した状態が続くと、血中での不足を補うために、骨のカルシウムが放出されます。これにより、骨が脆くなり骨折をしやすくなってしまう可能性もあります。

煮干しなど小魚を与えて補うこともできる

カルシウムは、煮干しなどの小魚などにも豊富に含まれています。かたくちいわしの煮干し100gには、およそ2,200mgのカルシウムが含まれています。
猫が1日に必要とするカルシウムは、体重1kgあたり45mg程といわれているため、体重4kgの猫であれば180mgとなり、煮干し8g程度で補えることになります。

ただし、キャットフードを与えている場合、キャットフードで補えるため積極的に与える必要は強くありません。また、猫に煮干しを与える場合、人間用の煮干しは塩分が多いため、ペット用煮干しを食べさせるようにしましょう。

ペット用の煮干しを細かく砕いて、フードにトッピングして与えるのもおすすめです。煮干しの匂いによって食いつきが良くなることもあるでしょう。

参照元:文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂)

たんぱく質

次に挙げられるのが、たんぱく質です。たんぱく質は猫の身体を構成する大切な栄養素で、チーズにも豊富に含まれています。また、猫にとって、たんぱく質はエネルギー源としても重要な働きがあります。そのため、積極的に摂取させたい栄養素のひとつといえます。

肉類を与えて補うこともできる

たんぱく質というと、肉類に多く含まれているイメージがある方もいるでしょう。実際、肉類にはたんぱく質が豊富に含まれています。例えば、焼いたとり肉のささ身には100gあたり27.3g、焼いた豚のもも肉(皮下脂肪なし)100gには30.2gのたんぱく質が含まれています。

猫が1日に必要とするたんぱく質は、体重1kgあたり5〜7g以上といわれています。ただし、普段キャットフードを与えている場合、キャットフードから十分にたんぱく質を摂取できているでしょう。

それでもたんぱく質不足が気になり、上記のような肉類を与える際は、おやつとして与えるようにするなど、少量に留めることが大切です。また、肉類を与える場合、寄生虫感染などを防ぐためにも、加熱したものを細かく切って与えるようにしましょう。

参照元:文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂)

猫が人間用のチーズを食べてしまったときの対処法

チーズ 塊
猫が人間用のチーズを食べてしまっても、少量で体調に異変がみられなければ、動物病院に駆け込む必要性はあまり高くありません。チーズには、猫にとって強い毒性を示すような成分は含まれていないためです。

ただし、大量に食べてしまった場合や、体調不良がみられた際は動物病院で診てもらいましょう。

アレルギー症状などがみられたら動物病院で処置を受けることが大切

猫の中には、乳製品アレルギーを持っている子もいます。アレルギーを持っている猫がチーズを食べてしまった場合、動物病院で診てもらいましょう。

また、今まで乳製品でアレルギーを起こしたことがないとしても、チーズを与えることでアレルギーや体調不良を起こす可能性があります。猫用のチーズであっても、与える際は少量を与えてみて、体調不良を起こさないか確認をしてから食べさせるようにしましょう。

夜間などの緊急時には救急対応している動物病院へ

夜間や休日などに、アレルギー反応を起こすことや、チーズを食べてから時間が経って体調に異変が起こる可能性もあります。そうした緊急時には、救急対応をしている動物病院へ連れていきましょう。「まだ、大丈夫そう。」と思っても、人間よりも身体の小さい猫の場合、予想よりも症状が進行してしまうことがあるため、早めの対応が求められます。

また、緊急時には飼い主も焦ってしまうため、救急対応している病院の住所や電話番号を日頃から控えておくようにすることも大切です。

食べた時間帯や量について落ち着いて伝えられるようまとめておく

チーズを食べて体調不良を起こし、動物病院に連れて行った場合、いつ頃、どのくらいの量を食べたのか聞かれるため、正確に伝えられるように、メモなどしておくことも重要です。

また、食べたチーズの種類などを正確に伝えるために、チーズのパッケージや現物を持って行くことをおすすめします。その他にもどういった症状がみられたのか聞かれることもあるため、いつ頃からどういった症状がみられたのかも正確に伝えられるようにしましょう。

さまざまな検査や治療を行うと費用が高額になることも

寝そべる猫
チーズでアレルギー症状を起こす以外にも、いつ猫がケガや病気をするかはわかりません。ケガや病気によって、さまざまな検査や治療を行うと治療費が高額になる可能性があります。

猫の治療は、人間のような健康保険制度がないため、全額が自己負担になってしまいます。そうした際の備えとして、ペット保険への加入を一度検討することをおすすめします。

ペット保険に加入しておくことで、治療費の一部または全部が補償されるため、負担を軽減することができます。

愛猫に異変が起きた際に迷わず受診できる

猫が体調を悪そうにしている際や、いつもと様子が違う際に、治療費が気になって動物病院に連れて行くことを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、ペット保険に加入しておくことで、治療費の負担が軽減されるため、動物病院に連れて行こう、という気になる可能性が高くなるでしょう。

早めに病院で診てもらうことで、病気などの早期発見、治療開始が期待できます。このように受診のハードルが下がることは、ペット保険のメリットといえるでしょう。

緊急時の問い合わせに対応してもらえるペット保険も

ペット保険の中には、急な体調不良など緊急時に獣医に相談できるものもあります。「なんだか体調が悪そう」と感じた際に、動物病院に連れて行くべきなのか、もう少し様子をみるべきかといったことを相談できます。

体調不良以外にも、しつけなどの猫と生活する上での悩みや困りごとを相談できるペット保険もあります。猫と暮らす上で、獣医といった専門家に相談できることはとても心強いです。

下記記事では、ペット保険に加入した方が良いケースを獣医が解説しています。ペット保険を検討する際は参考にしてください。

ペット保険 必要
獣医師が徹底解説!ペット保険が必要な理由と貯蓄よりも加入をおすすめする人の特徴最近はペット医療が高度化し、治療費も高くなることが多くなりました。そのため、近年ではペット保険の必要性が高まり加入率も上昇傾向にあります。ここでは多種多様なペット保険からどのように最適なプランを選べばいいのかを現役の獣医師が解説します。...

まとめ

下を見る猫
猫に人間用のチーズは与えてはいけません。塩分や脂質などが多いためです。猫によってはお腹を壊してしまう可能性もあります。猫にチーズを食べさせたい場合は、猫用のチーズを与えるようにしましょう。

また、猫がいつケガや病気をするかはわからないため、そうした際の備えとしてペット保険への加入を一度検討してみましょう。

ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×