症例編

【獣医師監修】猫の目やにの原因は?病気の可能性を色で見分ける方法や速やかに受診するべき症状を解説

猫の目やにはさまざまな原因があり、中には病気のサインとして早期受診が必要な場合もあるため注意が必要です。

本記事では、目やにの色から病気を見分ける方法や受診をおすすめする症状、目やにに関連する急な診療費に備えるペット保険について解説します。

猫の目やにの原因は色や形状で見分けられる

鋭い目つきの猫
猫の目やにがみられる場合、それが生理的なものであれば心配ありません。しかし、症状によっては深刻な病気が隠れているケースがあるため、注意が必要です。まずは、猫の目やにの色や形状から考えられる原因について解説します。

黒や赤茶色

黒や赤茶色である場合、通常の代謝から排出されたものと考えられます。目やにとは、目の代謝活動によって、涙などの分泌物にほこりやチリ、老廃物が混ざって固まったものです。そのため、一般的に1日のうち2/3程度は寝るとされる猫は、普段から目やにが目立つ傾向にあります。

他に症状がなく、体調に変わりがみられない場合は心配ないでしょう。しかし、起きている時に目やにが大量に出る、常に涙やけがあるなどの場合は、ハウスダストなどアレルギーやウイルス感染などが疑われるため、かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。

参照元:TeamHOPE|猫がよく眠るのはなぜ?

赤色

赤色の場合も、基本的には黒色や赤茶色のものと同様、他の症状や体調の変化がなければ問題ありません。しかし、場合によっては、猫同士の喧嘩などで負傷した目やまぶたから出血している可能性もあります。

片目だけを瞑っている、目が開けにくそうなどの場合は、目の表面に傷を負っている可能性が高いため、速やかに獣医師に相談しましょう。

緑色

緑色の場合、クラミジアやヘルペス、結膜炎などの細菌・ウイルス感染を起こしている可能性が高いでしょう。この場合、鼻水やくしゃみなど人間の風邪に似た症状が出やすく、放置すれば二次的に結膜炎などを引き起こす恐れがあります。

よく目を擦る、目やにが大量に出るなどの場合は、症状が進行している恐れがあるため、速やかに動物病院へ連れていってあげてください。

ネバネバとした白色や黄色

ネバネバとした白色や黄色の目やにである場合、細菌やウイルス感染が原因で、結膜炎などの目のトラブルが生じているケースが考えられます。一方で、ネバネバとした目やにが片方の目から出ている場合、猫同士の喧嘩や、誤って爪で眼球に傷を付けてしまった可能性もあります。

多くの場合、粘り気のある目やにが出ることは猫の不調のサインであるため、速やかに動物病院で適切な処置を施すことをおすすめします。

涙のようなさらっとした目やに

涙のようなさらっとした目やにの場合、ハウスダストや花粉などのアレルギーが原因かもしれません。食物アレルギーが原因の場合、キャットフードを切り替えることで症状が改善されるケースがあります。

体を痒そうにしている、くしゃみを頻繁にするなどの症状がみられる場合には、動物病院を受診しましょう。

ドロドロとした目やに

ドロドロとした膿性の目やにがみられる場合、ウイルスや細菌による感染症を患っている可能性が高いでしょう。また、角膜に傷が入って炎症が起きているケースも考えられます。膿が酷い場合、目やにがまぶたにこびり付いて目が開けられなくなることもあります。

目の充血や発熱などの症状もみられる場合は症状が進んでいる可能性が高いため、速やかに獣医師に相談してください

目やにが出ている猫が発症している可能性のある病気

何かの下にいる猫
目やには生理的な分泌物の1つですが、場合によっては何らかの病気を示しているケースがあります。ここでは、目やにが出る猫に懸念される病気について解説します。

猫風邪

まず発症している可能性が疑われる病気としては、猫風邪が挙げられます。猫風邪はさまざまな細菌やウイルスが原因で起こる病気であり、特に猫クラミジア感染症と猫ウイルス性鼻気管炎にかかると、目やにを含む以下のような症状がみられます。

猫風邪(猫クラミジア感染症・猫ウイルス性鼻気管炎)の主な症状
  • 目やに
  • 結膜炎
  • くしゃみ
  • 鼻水

猫風邪は感染力が高いため、感染が疑われる猫は他の猫との接触を控えるなど対策を取ったうえで、速やかに獣医師に相談してください。

【獣医師監修】猫風邪の症状や特徴は?感染した場合の診療費事例と様子を見続けるリスクを解説猫風邪は、鼻水や目やになどの症状がみられる上部気道疾患の総称です。子猫や高齢猫では急に衰弱することもあるため、速やかな動物病院の受診が必要となります。ここでは、猫風邪の症状から感染時の診療費や様子見のリスク、万が一の診療費の備えとなるペット保険まで解説します。...

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎も、疑われる病気の1つです。アレルギーの原因はアレルゲンによって異なりますが、主にハウスダストや花粉、食物アレルギーなどが挙げられます。アレルギー性鼻炎を発症している場合、以下のような症状がみられます。

アレルギー性鼻炎の主な症状
  • 目やに
  • 涙量の増加
  • 目の腫れ
  • くしゃみ
  • 鼻水

猫によってアレルギー反応の原因となるものは異なります。愛猫にアレルギーの疑いがある場合は、動物病院で検査をして、適切な治療と対策をしましょう。

流涙症(涙やけ)

目やにの原因として、流涙症も疑われます。流涙症とは、毛や煙などによる目への直接的な刺激や異所性睫毛(逆まつ毛)、鼻涙管の異常などによって発症する目の病気です。発症した場合、以下のような症状がみられます。

流涙症の主な症状
  • 目やに
  • 涙量の増加

涙の筋ができる程度の場合はそれほど問題ありませんが、症状が長引く場合、皮膚炎などを引き起こしかねません。また、角膜炎や結膜炎、急性緑内障などの目の病気を原因として、涙の分泌量が増加しているケースも考えられます。

目の下が涙で濡れている様子がみられる場合は、できるだけ早く動物病院で原因の特定と治療を受けることをおすすめします。

結膜炎や角膜炎

目やにの原因として、結膜炎や角膜炎も挙げられます。結膜炎は、細菌やウイルス、寄生虫の感染、免疫異常や異物の混入などから起こる結膜の炎症の総称です。一方、角膜炎は、目の表面を覆っている角膜に炎症を起こす病気です。猫同士の喧嘩による外傷を原因としたものが多いものの、猫風邪による結膜炎と併発する場合もあります。

結膜炎や角膜炎を患っている場合、以下のような症状がみられます。

結膜炎・角膜炎の主な症状
  • 目やに
  • 目の充血
  • 涙量の増加
  • 目を開けにくそうにする

角膜炎が重度の場合、上記の症状に加えて角膜の白濁などがみられ、角膜の傷の深さによっては角膜潰瘍に及ぶケースもあります。

いずれにしても放置すると失明する恐れがあるため、目やにが多い、目が充血している、頻繁に瞬きをするなどの異常がみられる場合は、速やかに動物病院で検査しましょう。

眼瞼炎

猫の目やにには、眼瞼炎の可能性も挙げられます。眼瞼炎とは、まぶたへの外傷や細菌感染、アレルギーなどによってまぶたの周辺に炎症が起こる病気のことです。発症した場合、以下のような症状がみられます。

眼瞼炎の主な症状
  • 目やに
  • 涙量の増加
  • 目の周りの赤い腫れ
  • 目の周りの脱毛
  • 頻繁な瞬き

眼瞼炎は、放置すると慢性化しやすいため、早期に治療することが大切です。目の周りを頻繁に掻く、まぶたが赤く腫れているなどがみられる場合は、速やかに獣医師に相談しましょう。

白内障や緑内障

白内障や緑内障も、目やにの原因となります。白内障とは栄養やタンパク質代謝、浸透性などが乱れ、水晶体が徐々に白濁していく病気です。一方、緑内障とは眼圧が高くなることで視神経が圧迫され、視覚障害を起こす病気です。

白内障や緑内障を患った場合、以下のような症状がみられます。

白内障・緑内障の主な症状
  • 目やに
  • 目の充血
  • 視力の低下
  • 水晶体の白濁(白内障)
  • 強い痛みや瞳孔の散大(緑内障)

白内障を放置した場合、緑内障や網膜剥離などに進行する恐れがあり、特に緑内障は生涯にわたって治療を続ける必要があります。症状が悪化しないよう、目に少しでも怪しい症状がみられる場合は、速やかにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

猫の目やにが気になるときの対処法

外にいる猫
目やにを放置すると、固まってこびりつく、症状が進行して二次感染が起こる、などのリスクがあります。誤った処置で悪化させないよう、ここからは、猫の目やにの対処法について解説します。

湿らせたガーゼやティッシュなどでやさしく拭き取る

猫の目やには、以下のような方法で拭き取りましょう。

目やにの取り方
  • ぬるま湯でガーゼやティッシュを湿らせる
  • 猫の目頭の下側を抑える
  • やさしく撫でるように拭き取る

目やにが固まって取れにくい場合、無理に剥がすと出血する恐れがあります。猫の目を傷つけないよう、ぬるま湯に浸したガーゼでふやかしてから取り除きましょう。ウェットティッシュを使う際は、ペット用のもの、もしくは刺激の少ないノンアルコールのものがおすすめです。

細菌やウイルスが原因の場合は他の猫に感染しやすいため注意

細菌やウイルスの感染が疑われる場合、他の猫を近づかせないことも重要な対処法の1つです。多頭飼いの環境では、1匹の猫から感染拡大という負の連鎖を引き起こしかねません。感染していない猫との接触を控えさせて、獣医師の指示の下で管理することが大切です。

特に、持病を持っている猫ストレスがかかる環境に住む猫などは感染・発病しやすい傾向があるため注意しましょう。

参照元:一般社団法人・日本臨床獣医学フォーラム|ストレス

目やにの状態や頻度から病気が疑われる場合には速やかな受診を

目は、猫の健康のチェックに欠かせないポイントです。一般的に、黒や茶色の乾いた目やにが少し出ているだけの場合は問題ありません。しかし、量が多い、緑色や黄色のネバネバした目やにが出ているなど、少しでも怪しい様子がみられる場合は、速やかに動物病院を受診しましょう。

症状によっては目やにから病原体の検査などをするため、受診する際は目やにを拭き取らず動物病院へ向かうことをおすすめします。普段からこまめに愛猫の目の状態を観察することが、早期発見に繋がります。

目やにが症状としてあらわれる猫の病気にはペット保険の補償対象となることも

ダンボールの中にいる猫
目やにが症状としてあらわれる病気の診療費には、ペット保険が適用できる場合があります。猫の目やにに関連する病気で急な出費が必要となった場合に備え、愛猫が健康なうちにペット保険の加入を検討しておきましょう。

猫の眼疾患の診療費事例

目やにに関連する病気の費用は、原因や症状の程度によってかかる費用が異なります。例えば、結膜炎の疑いで受診した場合、一般的に以下のような診療費が想定されます。

結膜炎の疑いで来院した場合

  • 初診料……約1,000円
  • 細胞診……約1,000円
  • スリットランプ……約1,000円

合計金額:約3,000円(点眼薬代など除く)

参照元:日本獣医師会|家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査
※上記の診療費等はあくまで一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません
※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります

結膜炎の場合には、同時にぶどう膜炎を発症していないか確認するため、眼球の各部を光で照らすスリットランプ検査を実施する動物病院が多いです。
結膜炎の他にも症状があらわれている場合は、全身的な治療も行うため、さらに診療費が高額化するでしょう。

また、緑内障の場合は以下のような費用が想定されます。

緑内障で来院した場合

  • 緑内障手術(毛様体レーザー焼烙術)……15万円

参照元:調布動物医療センター|料金について
※上記の診療費等はあくまで一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません
※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります

緑内障は進行していくため、外科的治療が一般的です。ただし、外科的治療によって緑内障が完治するというわけではなく、術後も継続した内科的治療が必要となります。

目の病気は数回にわたる通院で処置が必要になるケースが多い

目の病気は治療に時間がかかるケースが多く、症状によっては通院が必要になります。例えば、猫風邪によって脱水などを起こしている場合、猫の状態が改善するまで毎日通院して注射や点滴を受けることになるでしょう。

白内障を内科的治療で進める場合は、毎日の点眼や定期的な眼圧測定などが欠かせません。何度も通院する場合は診療費が高額になりやすいため、万が一の診療費の備えとして、健康なうちにペット保険の加入を検討しておくことをおすすめします。

猫に目薬をさすときのコツ

処方された目薬をさすときのコツは、以下の通りです。

  • 後ろからさす
  • 素早く行う
  • 暴れる場合はタオルで包む

多くの猫は、真正面から目薬を持ちながら手を近づけると、後退りして逃げようとします。そうならないよう、目薬は後ろからさしましょう

方法としては、まず猫を後ろから抱え、目薬を持っていない方の手で下から猫の顎を支えて頭を軽く固定します。そして、頭を固定したまま上まぶたを引っ張り、目薬を垂らします。このとき、目薬の先が睫毛などに触れないよう注意してください。

猫が暴れる場合はタオルなどで包む、もしくは2人がかりでするとスムーズに目薬をさせるでしょう。また、薬剤が混ざるリスクなどを避けるため、2種類以上の目薬を処方された場合は、5分以上の間隔をあけてさすことをおすすめします。

参照元:オダガワ動物病院|正しい点眼法

会社ごとに補償対象となる病気は異なるため比較が重要

ペット保険では、動物病院で受けた診療のすべてを補償対象としているわけではなく、保険会社ごとに補償対象としている病気や怪我、補償割合などが異なるため注意しましょう。先述した疾患から挙げると、涙やけを補償対象外としている保険会社があります。

また、多くのペット保険では、原則として病気の予防行為やワクチンで予防が可能な病気は補償されません*。例えば、目の炎症などの予防目的として動物病院を受診し、洗眼処置などをしてもらった場合、保険金の請求はできないのです。

しかし、費用を気にして様子見をした場合、症状が悪化して、さらに高額な診療費がかかる場合も考えられます。愛猫に合った保険を選ぶために、各保険会社の補償内容を比較しながら加入先を探すようにしましょう。

*ワクチンを接種していて、その有効期間内に猫風邪等を発症した場合や、猫の健康状態や体質などから、獣医師の判断によってワクチンが受けられなかった場合などには、診療費が補償される場合もあります。

獣医師からのコメント

小島 麻里 先生

猫の目やにを観察してみると実は色々な色をしています。

また猫風邪からくる目やにの症状は見つけやすいですが、猫は身体能力が高いので眼が見づらいなどの眼の中でおきる病気(緑内障、白内障、ぶどう膜炎など)は発見が遅れる場合もあります。

目やにの種類によっては病気のサインの一つであることもあるので、顔を撫でる、お水を飲んだりする時に観察するなどの習慣をつけても良いかもしれません。
猫は点眼が苦手な子が多く症状が強いほど点眼をする回数も増えるので、普段と違う目やにが見られたときはひどくなる前に動物病院に相談してくださいね。

まとめ

猫の目やには、生理現象として出た程度であれば心配する必要はありません。しかし、大量の目やにが出る、他にも症状がある場合は、深刻な病気のサインの可能性があります。猫のストレスにも繋がるため、速やかに動物病院で受診しましょう。

また、目やにに関連する病気の種類や程度によっては、高額な診療費がかかる場合があるため、急な出費に不安がある場合はペット保険加入を検討しておくことをおすすめします。

ABOUT ME
記事監修|小島 麻里 先生
酪農学園大学獣医学部獣医学科を卒業後、10年間小動物臨床に従事。 地域密着型の1次病院で経験を積み、東京大学動物医療センターで内科系研修医と並行して臨床研究を行う。 潜水士およびペット管理栄養士取得。7歳になる保護猫2匹(おもち・だんご)と暮らす。 めい動物病院
ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×