症例編

【獣医師監修】猫のフケの原因や予防するための対策について発症が疑われる疾患とあわせて解説

猫のフケは、生理現象の1つです。少量であれば問題ありませんが、フケの量が多い場合や、猫が痒がっている場合には、重大な病気が隠れているケースもあります。

本記事では、猫のフケが発生する原因や、万一に備えてのペット保険について解説します。

猫のフケは正常な皮膚の新陳代謝によって起こる

毛づくろいをする猫
猫のフケは、新陳代謝によって皮膚が生まれ変わる際に起こる生理現象です。

生物の皮膚や被毛には、病原体や有害物質の侵入を防ぐバリア機能があります。

体を守る皮膚を新しく生まれ変わらせる過程において、古くなった角質が剥がれ落ちたものがフケです。

通常3週間程度の周期で猫の皮膚は生まれ変わる

通常、猫の皮膚が生まれ変わるために必要な周期は、3週間ほどといわれます。
新陳代謝でフケが猫から出るのは、自然なことといえます。

量が極端に多かったり、新陳代謝の周期が短かったりしなければ、病気の心配はありません。

なお、健康な猫は毛づくろいをして皮膚を清潔に保つため、皮膚からフケが全く落ちてこない場合も多いです。

猫のフケに異常がある際に考えられる原因

こちらを見つめる猫
何らかの影響で皮膚の新陳代謝が乱れた場合、毛づくろいでは取り除けない量のフケが発生します。

歩いただけでフケが落ちてくる、猫の地肌に赤みがあるなどの場合は、皮膚の健康が損なわれている可能性があるでしょう。

ここでは、猫のフケに異常があるときに考えられる原因について解説します。

皮膚の乾燥

冬の寒い時期などに空気が乾燥すると、猫の皮膚の潤いは低下し、炎症を起こしやすくなります。

乾燥から皮膚炎を起こした場合、猫は以下の症状を引き起こします。

  • 皮膚の痒み
  • 皮膚を過剰に舐めたり掻いたりする
  • 皮膚に赤みが発生する

猫が皮膚炎を気にして、舐めたり掻いたりすると皮膚のターンオーバーが乱れ、大量のフケが発生します。

猫が皮膚をかゆがる素振りを見せていたら、皮膚が乾燥していないか確認しましょう。

参照元:公益社団法人 埼玉県獣医師会|これからの季節に欠かせない乾燥対策

老化による乾燥に伴ってフケが増加することも

猫は人間と同様に、年を取ると身体機能が低下し、皮膚の水分量や皮脂の分泌も減少していきます。

そのため、猫が高齢になってきたら以下のような対策を取り、皮膚の乾燥を防いであげると良いでしょう。

猫の皮膚の乾燥を防ぐためのポイント
  • 室内の湿度を50〜60%に維持する
  • 冷暖房を使用する際には加湿をする
  • シャンプーの頻度を下げる

参照元:横須賀市つが動物病院|保湿で愛猫・愛猫を乾燥から守りましょう

毛づくろい不足

猫の毛づくろいには、体全体の汚れを落としてフケを取り、皮膚を清潔に保つ役割があります。

きちんと毛づくろいをしないと落とせなかったフケが身体に付着したままになり、ポロポロと落ちてしまうのです。

特に以下のような猫は、毛づくろいが不足しやすくフケが増えやすい傾向にあります。

猫の毛づくろい不足の原因
  • 体調が悪化した猫
  • 歯肉口内炎のある猫
  • 肥満の猫
  • マンチカンなどの短足種
  • 年をとり関節を動かせる範囲が狭くなった猫
  • 運動量が少なく筋肉が落ちた猫

このケースの場合、フケが増加したように見えますが、実際には量そのものは増えていません。

本来毛づくろいで取り切れるフケが除去できず、たまってしまい落ちていると考えるのが自然でしょう。

参照元:アクサダイレクト|おしえて獣医さん! 愛猫の「フケ」の原因と予防方法

ストレス

猫は極度な環境の変化を感じたり、のびのびと暮らせない状態が続いたりすると、ストレスホルモンを分泌する動物です。

このストレスホルモンは皮膚の状態を乱すため、フケが過剰に発生する原因となりがちといわれています。

猫がストレスを感じている時にみられる特徴は、主に以下の通りです。

  • 夜鳴きが続く
  • 突然走り回る
  • 同じ場所を行ったり来たりする
  • 突然飼い主を噛む
  • ひたすら身体の一部を舐め続ける
  • 布をかじる「ウールサック」が起こる など

もし上記に当てはまる場合、ストレスホルモンが原因で猫のフケが過剰化している可能性があります。

参照元:野沢延行 著|猫のための家庭の医学

猫にフケが多いときに発症している可能性のある病気

寝転がる猫
猫のフケが増える原因が病気によるものである場合、考えられるのは皮膚炎や感染症です。

いずれも日常生活の中で発症したり、他の猫から感染したりする可能性のある身近なものです。

それぞれの症状の特徴やフケとの関連性について解説します。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎とは、食物やノミといった有害物質から引き起こされる過剰な免疫反応による皮膚疾患です。

アレルギー性皮膚炎の主な症状
  • 皮膚の痒み
  • 過剰なフケ
  • 脱毛

猫のアレルギー性皮膚炎は、引き起こされる原因から以下の3つに分かれます。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの唾液に反応して、皮膚がアレルギー反応を引き起こします。
かゆみを伴った箇所をかいてしまうと、猫の肌のターンオーバーが乱れフケが大量発生しがちになります。

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの繁殖が多くなる夏~秋にかけ、症状が悪化しやすいのが特徴です。

ノミアレルギー性皮膚炎を発症しているとわかったら家庭内でのノミの駆除と、すでに猫に寄生しているノミの駆除をしましょう。

食物アレルギー

人間と同様、特定の食物に対して発症するアレルギーは猫にも起こります。
皮膚炎をメインとする食物アレルギーの、症状の1つとして起こり得るのがフケです。

下記のような食材に猫がアレルギーを起こすと皮膚炎を発症し、皮膚のターンオーバーが乱れフケが増えやすくなります。

猫がアレルギー反応を起こす可能性のある食物
  • 牛肉
  • 乳製品
  • 大豆
  • 穀類 など

食物アレルギーの発症に、猫の年齢は関係ありません。
どの猫でもある日突然、アレルギーを発症する可能性はあるのです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、花粉やカビ、ホコリなどの細菌以外に反応して発症する皮膚炎です。

皮膚炎を起こした皮膚を猫がかいてしまうことで、肌のターンオーバーが乱れ、フケが出やすくなります。

環境アレルゲンが付着する環境にいる限り、アトピー性皮膚炎は完治しません。

不衛生な環境で猫を飼育することを避けなければ、フケはどんどん増えてしまうのです。

参照元:浜波動物病院メディカルセンター|アレルギー
参照元:アクサダイレクト|おしえて獣医さん! 愛猫の「フケ」の原因と予防方法

感染性皮膚炎

寄生虫や真菌、ウイルスなどの感染による皮膚性疾患でも、猫に多量のフケが発生します。
特にフケが増えやすくなるのが、マラセチア性皮膚炎です。

真菌の仲間であるマラセチアが、皮膚表面で油分をエサとして過剰に増えます。

油分を奪われ乾燥した猫の皮膚では皮膚炎が起きやすくなり、結果としてフケも多く発生します。

参照元:株式会社LSIメディエンス|感染症診断 治療へのアプローチforum2009特別号

栄養失調

栄養失調も、フケが多くなる原因のひとつです。
栄養が上手く吸収できないことが原因で、猫の皮膚のバリア機能が低下しフケが増加してしまいます。

消化吸収が弱いシニア猫や子猫、病気の猫に栄養失調はよく起きやすいです。

フケが増えると同時に毛づやが悪くなっている場合は、栄養失調を疑いましょう。

猫の皮膚疾患にかかる診療費にはペット保険が適用できるケースもある

ベッドに寝そべる猫
猫が皮膚疾患にかかった場合、ペット保険が適用できるケースがあります。

早期に対応できれば、結果として診療費の負担を抑えられる可能性が高くなるでしょう。

猫の皮膚疾患の診療費事例

アイペット損害保険株式会社が公開している、「ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2021」の猫の総合ランキングでは、フケの原因となる皮膚炎は第2位にランクインしています。

ノミやダニが原因となることが多い猫の皮膚炎ですが、ノミアレルギーによる皮膚炎疑いで受診した場合の診療費を例としてみていきましょう。

ノミアレルギー性皮膚炎疑いで検査した場合

  • 初診料……約1,000円
  • スタンプ検査……約1,000円
  • 被毛検査……約1,000円
  • 採血料……約1,000円
  • 血液検査……約3,000円
  • アレルギー検査……約12,000円

合計……約19,000円(薬代など除く)

参照元:日本獣医師会|家庭飼育動物(猫・猫)の診療料金実態調査
参照元:アライ動物病院|診療案内
参照元:アニコム損保|みんなのどうぶつ病気大百科 検査について知ろう(7)<皮膚の検査>
※上記の診療費等はあくまで一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません
※各診療項目の金額は、動物病院によって異なります

スタンプ検査や被毛検査、アレルギー検査などが必要に応じて行われ、猫の皮膚炎で受診した場合は20,000円前後の診療費がかかると考えておきましょう。

症状の程度によっては通院などが必要となるため、さらに診療費がかかる可能性もあります。

参照元:アイペット損害保険株式会社|ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2021
参照元:アース・ペット株式会社|【【獣医師監修】原因別・猫の皮膚病大全]

速やかに受診できれば病気の早期発見にもつながる

ペット保険の加入には、高額な診療費など急な出費にも備えられるメリットがあります。

猫にフケが増える原因がアレルギー性皮膚炎の場合、高額な検査費用がかかりがちです。

しかも過剰なフケの発生原因はアレルギーや感染症など多種多様なため、複数の原因が考えられる場合には特定が難航し、費用がかさむ可能性もあります。

ペットの診療費は人間と違い、無保険の場合100%自己負担です。

万が一猫に過剰なフケが現れた際の診療費のことを考え、あらかじめペット保険に加入しておくことで自己負担を抑えることができるといえるでしょう。

おすすめペット保険会社比較!初心者向け13社を短所も隠さず解説「ペット保険に加入しようと思うけど、どれにすればいいのかわからない…」という方に向け、13社のペット保険の特徴やメリット、気になる点やデメリットなどを解説!ペット保険を選ぶ際のポイントについても紹介します。...
猫 保険 必要
【FP監修】猫にペット保険は必要?貯金でもいい?メリット・デメリットを考察!猫のペット保険の必要性について、猫にかかる治療費、ペット保険のメリット・デメリット、貯金との違いなどの観点から分かりやすく解説します。猫を飼っていて、ペット保険への加入を迷われている方は是非ご一読ください。...

猫のフケを予防するための対策

遠くを見つめる猫
ここからは、日常的に行える、猫のフケを予防するためのケアを紹介します。

日頃からお手入れをしてあげ、フケの発生しない健康な被毛を育ててあげましょう。

1ヶ月に1度程度のシャンプー

フケを予防するために推奨されるシャンプーの頻度

短毛種:3ヶ月から半年に1回
長毛種:1ヶ月から2ヶ月に1回

シャンプーは余分な皮脂や抜け毛を取り除く効果があり、猫のフケや毛玉を予防できます。

その反面、シャンプーのしすぎは皮膚の乾燥を招きフケの発生を促す原因となります。
上記の回数以上のシャンプーは、猫の皮膚の健康のため避けましょう。

子猫のうちから入浴習慣をもたせ、猫の水に対する恐怖心を少なくするとよいでしょう。

水が嫌いな成猫の場合は、ドライシャンプーやリンスインシャンプーを使い、入浴時間を減らしましょう。

ブラッシング

猫のブラッシングは、毛玉の発生防止や皮膚を健康に保つために効果的です。

コミュニケーションをとる機会にもなるため、ブラッシングは定期的に行ってあげましょう。

ブラッシングの頻度や方法

短毛猫:週に2〜3回ほどラバーブラシや獣毛ブラシを使用してブラッシングをする
長毛猫:毎日スリッカーブラシとコームを使いブラッシングをする

ブラッシングの頻度は、猫の毛の質によっても異なります。
上記を参考に、猫の毛の長さに合った適切なブラシを選択しブラッシングを行いましょう。

参照元:公益社団法人 日本獣医学会|Q&A動物の病気や健康について

室内環境の改善

猫の皮膚のバリア機能を保つには、湿度は40〜60%程度が適切とされています。
エアコンや暖房器具に加え、加湿器等を利用し、部屋の湿度を保ちましょう。

猫にとって、ストレスの少ない環境を整えるのも大切です。
猫のいる空間で大きな音を出したり、過剰な接触を行ったりすることは避けましょう。

静かな安心できるスペースを室内に作ったり、運動量を増やすキャットタワーを設置したりすることも必要です。
猫のストレスホルモン分泌を防ぐことができ、フケの増加の予防につながります。

参照元:野沢延行 著書『猫のための家庭の医学』|64P
参照元:公益社団法人 さいたま獣医師会|これからの季節に欠かせない乾燥対策

キャットフードの見直し

高齢猫だと、固いフードでは栄養が十分に取れず、栄養失調でフケなどの皮膚トラブルを引き起こしがちです。

柔らかいタイプのキャットフードを選んだり、フードをお湯でふやかしたりして、猫の消化と栄養吸収を助けてあげましょう。

高齢猫用に栄養素が整えられたフードもあります。
栄養不足によるフケの増加を防ぐためにも、ライフステージに合ったフードを与え、猫にバランスの良い食事をさせてください。

なお、アレルギー持ちの猫には、アレルゲンの少ない食材を使用した専用の療法食を与えるのがおすすめです。

監修担当の獣医師より

小島 麻里 先生

猫ちゃんのフケは少量であれば日常的にみられるものなので、病気のサインと気づけないこともあります。

普段からグルーミングの様子を観察して、毛づくろい以外に皮膚をガジガジ噛んだりしていないかチェックするのも良いですね。

定期的なシャンプーは毛づくろい不足を助けて、皮膚を清潔に保ってくれます。
しかし、中には濡れることが苦手な猫ちゃんもいますので無理はせず、ドライシャンプーや保湿剤スプレーだけでも効果が出るので、気になる方は気軽に動物病院へ相談してください。

まとめ

眠る猫
猫のフケには、ストレスや乾燥などの原因以外にも、重大な皮膚疾患が隠れている可能性があります。

日頃から予防的にブラッシングやシャワーを定期的に行い、毎日のケアから大切な猫をフケなどの皮膚トラブルから守りましょう。

猫の皮膚疾患では、感染性やアレルギー性のものは保険適用の対象になる場合があります。
これらは継続的な治療が必要になることも多く、万が一猫がかかると、診療費も高額となりがちです。

大切な猫のもしもの時に備え、ペット保険への加入を検討してみるのも良いでしょう。

ABOUT ME
記事監修|小島 麻里 先生
酪農学園大学獣医学部獣医学科を卒業後、10年間小動物臨床に従事。 地域密着型の1次病院で経験を積み、東京大学動物医療センターで内科系研修医と並行して臨床研究を行う。 潜水士およびペット管理栄養士取得。7歳になる保護猫2匹(おもち・だんご)と暮らす。 めい動物病院
ABOUT ME
トリセツ編集部(アニマライフ)
トリセツ編集部(アニマライフ)についてはこちら>>

ペット保険のスペシャリストである少額短期保険募集人資格保有者が記事の執筆・監修をしています。ペット保険の情報をわかりやすくお伝えすべく、日々最先端のペット保険情報をチェックしています。犬や猫の「もしものとき」に備えるためのペット保険選びを正しい情報でサポートします。
×