会社編

ペッツベストの評判は?特徴や気になる点、メリットやデメリットなど

「自由に組み合わせて自分に合うプランを作れる」
「回数制限と1日あたりの限度額がない」

「どのプランも免責金額がある」
「慢性腎不全(12歳の猫で新規加入した場合)などの補償対象外項目」
「待機期間がある」

ペッツベストのペット保険はこんな人におすすめ

自分で補償割合や補償内容を自由に組み合わせてプランを作りたい方

良心的な料金だと思います。いくつかのプランが選べます。毎年保険料は値上がりしますが、私の愛犬の場合一年ごとに月額100円上がる程度のため負担の増加が少ないです。(福岡県在住、20代女性)

負担額が大きい治療に備えたい方

補償の割合は満足しています。
充分だと思います。(東京都在住、30代男性)

資料請求公式ページ

ペッツベストの特徴やメリット①「自由に組み合わせて自分に合うプランを作れる」

ペッツベスト少額短期保険株式会社が提供する「セレクトBEST」の特徴と言えば、自由に条件を組み合わせて自分にピッタリなプランにできることです。
プレミアム特約の追加や12歳11ヶ月までなら加入できるところも魅力です。
「セレクトBEST」について、詳しく確認していきましょう。

年間の補償限度総額や補償割合を自由に選べる

「セレクトBEST」は、年間の補償限度総額(通院・入院・手術の年間支払限度額を合わせた金額)・免責金額・補償割合を自由に選べるペット保険です。

<選べる内容>
①保険金額(年間限度額)を選ぶ
 ・ワイド:年間100万円まで
 ・フィット:年間50万円まで
 ・ミニ:年間20万円まで(免責金額は2万円のみ)

②免責金額(自己負担額)を選ぶ
 ・2万円
 ・5万円
 ・10万円

③支払割合を選ぶ
 ・80%
 ・60%

以上を組み合わせてできるプランは、なんと28通りもあります。
組み合わせによって保険料も決まります。

手厚い補償内容を重視したい方やお手頃な保険料を重視したい方など、ペット保険を検討する上で重要視する項目は人それぞれです。
「セレクトBEST」は、飼育環境やライフスタイルを加味して、希望の補償内容や保険料を選べるので、自分にピッタリなペット保険を見つけることができます。

ただし、組み合わせが多い分、どれを選べばいいか分からないといった面もあります。
後から保険金額の増額、免責金額の減額、補償割合の増加することはできないのでしっかり検討して選ばなければなりません。
プラン選びに迷ったときは、ペッツベストに問い合わせて自分の希望を伝えてみましょう。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

高額医療に備えるプレミアム特約がある

「セレクトBEST」には有料ですがプレミアム特約が用意されており、付帯するかどうかも選ぶことができます。

プレミアム特約を付けると、以下の補償が追加されます。

・放射線医療の費用
・心臓手術に要した費用
・白内障手術に要した費用
・CT検査の費用
・MRI検査の費用
・椎間板ヘルニアの医療費用
・膝蓋骨脱臼の医療費用
・靭帯損傷の医療費用
・胆嚢切除の医療費用
・肉球または爪の裂傷・切り傷・刺し傷の医療費用
・有毒物質または異物の飲み込みの医療費用

参照元:https://www.petsbest.co.jp/plan/guide_product/

これらはもともと、「セレクトBEST」で補償対象外項目として指定されているもので、プレミアム特約を付けることで補償対象となります。

なお、プレミアム特約は契約後に追加することができないため、新規契約時に注意しておきたい項目の一つです。
付帯したい場合は初回契約時に行いましょう。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

12歳11ヶ月まで加入できる

ペット保険には加入の年齢制限が設けられており、「セレクトBEST」の場合、12歳11ヶ月まで加入できます。
加入後は終身で継続可能なため、生涯を通して病気やケガに備えることができます。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

各プランの保険料の推移


※横にスクロールしていただけるとすべてのグラフをご覧いただけます。
※保険料は月払いの金額です。


※グラフの数値は特約あり、支払割合80%の場合です
※13歳以降の保険料は提示なし
※C、Dグループはミニプランなし

「セレクトBEST」は28通りの組み合わせができるので、保険料も組み合わせによって違ってきます。
保険料分類は、犬ではA~Dグループの4つに分けられ、猫は分けられていません。(C・Dグループではミニプランの選択は不可)
年齢が上がるごとに毎年保険料は変わり、分類によって異なりますが1~2歳に一旦値下がりして3歳以降から値上がりします。

なお、13歳以降の保険料は更新時に案内するとのことで、HPには明記されていません。


※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

補償割合・特約に関する口コミ

プレミアム特約もつけて放射線治療や心臓手術、白内障手術などもカバーしており、保証範囲が広い。(東京都在住、30代女性)

ペッツベストの特徴やメリット②「回数制限と1日あたりの限度額がない」

回数制限と1日当たりの限度額は、ペット保険の補償内容で気になるところでもあります。
ペット保険によって制限が異なりますが、「セレクトBEST」はどのような設定になっているのでしょうか?

支払限度回数・1日あたりの補償限度額がない

「セレクトBEST」には支払限度回数(日数)と1日あたりの支払限度額の制限がありません。
年間の補償限度総額(ワイド:100万円、フィット:50万円、ミニ:20万円)に達するまで補償されます。
支払限度回数を気にしなくてもいいので、気軽に動物病院を受診しやすいです。1日あたりの支払限度額の制限もないので、治療費が高額になっても安心です。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書および約款でご確認ください。

ペッツベストの気になる点やデメリットなど

ここまで特徴やメリットを紹介してきましたが、もちろん気になる点もあります。
どんな内容なのか、しっかり確認して納得したうえで選ぶことが大切です。
ここでは、「セレクトBEST」の気になる点をご紹介します。

気になる点やデメリットなど①「どのプランも免責金額がある」

「セレクトBEST」は自由に補償内容を選べることが魅力ですが、免責金額をなくす選択ができない点は気になります。
免責金額は2万円・5万円・10万円の中から必ず選ぶ必要があります。(ミニの免責金額は2万円のみ)

「免責金額」とは、治療を受けた際に自己で負担する金額です。
例えば、免責金額が5,000円の場合、3,000円の治療費は補償されず、全額自己負担となります。

しかし、「セレクトBEST」の免責金額の設定は一般的なものとは少し異なります。
一般的な免責金額は、上述したように1回(日)あたりの治療費で決められた金額以上の治療費でないと補償対象外となりますが、「セレクトBEST」の免責金額は1年間で計算されます。

例えば、2万円の免責金額を選んだ場合、年間の治療費がトータルで2万円を超えてから補償されることとなります。
一度に治療費が2万円を超えることもあれば、複数回で2万円を超えることもあり、免責金額を超えた以降は、更新を迎えるまで選んだ補償割合で保険金が支払われます。

このように、「セレクトBEST」は免責金額の定義に特徴があるため注意しましょう。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

気になる点やデメリットなど②「慢性腎不全(12歳の猫で新規加入した場合)などの補償対象外項目」

「セレクトBEST」は補償対象外項目を細かく設定してあります。
特徴的なのは以下の2つです。(下部ボタン補償の対象から一部引用)

・(12歳の猫で新規に加入した場合)慢性腎不全、甲状腺機能亢進症の治療費用
・(7歳以上の未避妊・未去勢の犬で、新規加入した場合)
 メス:子宮内膜炎、子宮蓄膿症、子宮筋腫、卵巣囊腫、子宮水腫、乳腺腫瘍の治療費用
 オス:前立腺肥大、会陰ヘルニア、直腸憩室形成、肛門周囲腺腫の治療費用

年齢や避妊去勢の有無など細かい設定があります。
歯周病に関わる歯肉炎や出産など、その他にも補償対象外項目があるため、しっかり確認して加入を検討しましょう。




※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

気になる点やデメリットなど③「待機期間がある」

「セレクトBEST」には待機期間が設定されています。

「セレクトBEST」では、病気の場合は30日間、ガンの場合は60日間の待機期間があり、待機期間中に発症した病気は補償の対象とはなりません。

なお、ケガは待機期間に設定されていません。

また、保険開始のタイミングは申込日によって異なります。
毎月1~15日までに申込んだ場合は翌月1日が、毎月16日~月末までに申込んだ場合は翌々月1日が保険開始日となります。
待機期間のこともあるので、申し込むタイミングにも注意が必要です。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

ペッツベストの口コミまとめ

口コミは、ペット保険選びの際に参考となる情報の一つです。
ペッツベストのペット保険を実際に利用している方の口コミをまとめてみました。
加入してよかった点と改善してほしい点に分けてご紹介します。

加入して良かった点

高齢犬でも入れる保険だったのですごく助かった。(神奈川県在住、40代女性)

高額の医療費がかかった場合にしっかり備えられる保険だと思います。保険料、年齢や条件など総合的に見て入りやすいところも良いです。プランが選べるのも良かったです。ペットの体調が悪くなった時に迷わず診察に連れて行ける様にする目的にとても適している保険と思います。(福岡県在住、20代女性)

改善してほしい点

保険料の支払い方法をクレジット払いだけでなく、銀行引き落とし等支払い方法が選べたらとても助かります。(福岡県在住、40代女性)

保険料が高いこと。あとから書類で申請ではなく、病院の窓口でその場で保険払いができるとよい。(神奈川県在住、40代女性)

もう少し初心者?というか高齢者などにもわかりやすく作って欲しい。(兵庫県在住、10代男性)

ペッツベストのペット保険はこんな方におすすめ!

これまで、「セレクトBEST」の特徴をご紹介してきました。
「セレクトBEST」はどういう方に向いているのでしょうか。
こちらもペット保険選びの参考にしてみてください。

自分で補償割合や補償内容を自由に組み合わせてプランを作りたい方

「セレクトBEST」の強みは、年間の補償限度総額・免責金額・補償割合を組み合わせて自分の希望に沿ったプランを選べることです。

<加入者の口コミ>

良心的な料金だと思います。いくつかのプランが選べます。毎年保険料は値上がりしますが、私の愛犬の場合一年ごとに月額100円上がる程度のため負担の増加が少ないです。(福岡県在住、20代女性)

プランがいくつか選べ、保険料に応じて保障割合が変わりますので保険料の予算に合ったプランで選べると思います。私の愛犬の加入しているプランは中間的な保険料のものですが、保障割合は免責金額を除いた額の8割と高いです。(福岡県在住、20代女性)

このように、保険料の予算や希望の補償内容でプランをオーダーメイドできることに関心を持った方がペッツベストを選んでいます。
自分に合った保険料や補償内容のペット保険を選びたい方は、ペッツベストが向いているでしょう。

負担額が大きい治療に備えたい方

「セレクトBEST」には年間の補償限度総額が100万円(ワイド)や補償割合が80%と、組み合わせによっては補償内容を充実させることができます。
実際に、その特徴に魅力を感じている方が多く、以下のような声が寄せられています。
<加入者の口コミ>

補償の割合は満足しています。
充分だと思います。(東京都在住、30代男性)

80%カバーしてくれるので満足です。(東京都在住、30代女性)

保険料は安いのに80%カバーしてくれるプランがあるのはありがたいです。(東京都在住、30代女性)

口コミによると、補償割合の高さに満足している方が多いようです。
治療費が高額になったときにしっかり備えたい方は、高い補償割合を選ぶといいでしょう。

申込み、保険金請求、解約などに関する疑問にお答え

ペット保険の申込み方法や条件などは、ペット保険会社によって異なります。
加入しようとしているペットが、対象商品の条件をクリアしているのかどうか、希望する補償が含まれているかどうかなど、事前に確認することは重要です。
保険金の請求方法や支払いに関しても事前にチェックして、納得したうえで申込みましょう。

加入する条件は?

「セレクトBEST」の加入条件は以下の通りです。
加入するには、これらの条件を満たす必要があります。

・日本国内において、一般家庭で愛玩または伴侶動物として飼養または保管されている犬猫(闘犬、狩猟犬、警察犬、商用動物などは加入不可。盲導犬、介助犬、聴導犬は加入可)
・保険開始時点で生後満50日齢から12才11ヶ月まで
・過去に下記ページに記載のある疾患について動物病院で診断を受けたことがある場合は加入不可



加入条件の中に、ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー、ビーグル、フレンチ・ブルドッグは、過去に椎間板ヘルニアと診断を受けたことがある場合は加入できないというものがあるので注意が必要です。


※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

保険金の請求方法は?

「セレクトBEST」は一旦動物病院に治療費を支払い、後日明細書などの必要書類を保険会社に送って保険金を請求する「後日精算型」のペット保険です。
「セレクトBEST」では、保険金を請求する際、ペッツベスト指定の保険金請求書に動物病院で必要事項を記載してもらう必要があります。
手順は以下の通りです。

①動物病院で支払い
治療費の全額を動物病院で支払い、領収書を受け取ります。

②医療開始の通知
被保険動物に治療を始めたことをペッツベストの保険金センターに連絡します。

③保険金請求書の記入
保険金請求書に必要事項を記入します。1つの疾患につき、都度保険金請求書の作成が必要です。(保険金請求書はこちらのページからダウンロードできます)
保険金請求書には獣医師に必要事項の記入・署名・捺印をしてもらう必要があります。

また、領収書の原本に診療内容の記載がない場合は、診療明細書の作成を動物病院に依頼してください。(診療明細書を作成した場合も領収書の原本は同封してください)

なお、保険金請求書や診療明細書の作成で、文書料がかかった場合は自己負担となります。

④必要書類を郵送
保険金請求書・領収書(診療明細書)の原本を保険会社に送付します。
なお、HPで保険会社宛のラベルをダウンロードでき、切手不要で送付できます。

⑤保険金の受取り
書類到着後15営業日以内に、審査・金額の確認を経て指定の口座に保険金が振り込まれます。

なお、審査する中で別途カルテや診断書などが必要なった場合は、15営業日を超える場合があります。
別途必要となった書類の取り寄せ費用は保険会社が負担するので、かかった費用の領収書(原本)を送付してください。

ペッツベストの更新方法は?

保険期間の満了する日の2ヶ月前までに、更新通知書が届きます。
更新しない旨を連絡しなかった場合は、更新保険料が請求され、更新が完了すると保険契約更新証が送られてきます。

参照元:セレクトBEST Webパンフレット

※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

ペッツベストの解約方法は?

解約する場合は、まずペッツベスト・カスタマーセンター(0120-744-125)に連絡する必要があります。
その後、「保険契約内容変更・訂正・解除届」が郵送されてきますので、必要事項を記載のうえ、返送します。

参照元:各種お手続き

※今後の商品改定等により変更となる場合があります。
※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

ペッツベストの評判について詳しく知りたい方へ

下記のページでは、当サイトで実施したアンケートを元に、項目ごとの満足度をグラフにし、合わせて満足度の高い口コミ、満足度の低い口コミを掲載しています。
実際に加入している方のご意見もペット保険を選ぶ際の参考にしてみてください。

【ペット保険の口コミ】ペッツベストの評判や満足度は?実際にペット保険に加入している方の評判や満足度は、ペット保険選びの参考となる情報の1つです。ここでは、ペッツベストのプランの特徴と合わせて、加入者の満足度や口コミを保険料や補償範囲などの項目ごとにご紹介します。...


※このページは、ペッツベストの「セレクトBEST」の商品概要を説明したものです。商品の詳細についてはペッツベストのホームページや重要事項説明書等でご確認ください。
重要事項説明書では、「セレクトBEST」に関する重要事項についてご説明しています。ご契約前に必ずお読みいただき、お申込みくださいますようお願いします。

資料請求公式ページ